記事一覧

発熱で臨時に受診

  • 2014年11月05日

10月24日の受診のときに抗生剤セフゾンをもらい、その夜から飲み始めて約10日。ずっと36度台だった熱があやしい感じになってきました。
咳のほうは10月28日ごろをピークにあまりひどくなってはいないので、リン酸コデインへの切り替えをしないままに来てしまっていましたが、11月2日夜には37.4度、3日夜には38.3度、4日夜にはとうとう39.3度に!
朝にはほぼ平熱で、全身状態も特に悪くはないのですが、夕方から熱が上がるというのは嫌なカンジです。
今朝は36.9度だったのですが、さすがに仕事を休み、主病院に電話してみたところ、外来がない日だったのですが診てくれることになりました。
11時に受け付け、待ち時間もほぼなく診察。問診のみでしたが状況を説明して、別の抗生剤クラビットを処方してもらいました。
今日は夜になっても37度程度であまり高熱にはなりません。
何故か熱が出るようになって咳のほうは少なくなってきました。
からだの中では何が起きているんでしょうね。

コメント一覧

坪井 (11/08 15:24) 編集・削除

お互い、大変なことになってますね。
私も今年3回目の手術かも。
果たして、今月の中目黒は行けるのか…!?

リスミン (11/09 08:56) 編集・削除

坪井さま
指の化膿ですか。痛いのはいやですねー。

緩和治療外来へ5回目の受診

  • 2014年10月27日

前回の受診の際、主病院で脳のMRIを撮る予定となっていたため、その資料を持って診察をする予定となっていました。
9月27日に受けたMRIは結局何でもなかったので、資料を持って来る意味はほとんどなくなってしまったのですが、咳がひどくなったり、熱も出たりと、状況は変化。金曜日の主病院での受診の際に肺のX線撮影をしたので、その画像も写しをもらってくることにし、今日は主病院に寄ってからというルートになりました。

午後1時ごろに家を出て、クリニックには2時少し前に到着。1階の受け付けで申し出ると画像ディスクの準備ができていて、すぐに渡してもらえました。お代は750円ナリ。
そこから緩和治療外来の病院へ向かいます。
クリニックの所要時間が短かったことや、電車の乗り継ぎが良かったこともあり、午後3時の予約でしたが2時半に到着。再診受付機に診察券を入れますが、何故かエラーになってしまいます。予約票のバーコードを読ませると受け付けできたのですが、実は別の病院の診察券を入れていたことに後から気が付きました。あちゃー。

診療科の受け付けで持参の画像資料を渡し、待合いの椅子に座ると、ほんの数分で呼び出し機が鳴ります。今日はとっても早いです。
診察室に入りましたが、持参の画像資料はまだ見られないとのことで、ドクターからは「脳のMRIの結果はどうでしたか」と質問。「脳のほうは何でもありませんでした」「良かったですね」
でも、咳が続いていて、数日前から熱も出ていること、主病院で胸部レントゲンを撮って抗生剤を処方されたこと、リン酸コデインももらってあることなどを報告。
ひとしきり薬の履歴を確認したのですが、ドクターは「咳がひどいようならリン酸コデインを飲んだほうがいいですよ。良く効きますよ」と勧めます。かなり熱心です。ただし、体内ではモルヒネに変わるので、モルヒネと同様に便秘の副作用はほぼ漏れなくついてくるみたい。なので、便秘に対処する薬も一緒に飲んだほうが良いと勧められ、処方してくれました。
抗生剤の効き具合にもよりますが、おそらく次の画像検査まではあまり変化はなさそうなので、次の診察予約は後から電話で入れることにし、今日の診察は終了です。
肺の画像を見てもらい、意見が聞きたかったのですが、まだ読み込みが終わっていないようで見られず。残念でした。

紙を受け取って診察室を出ると、薬は院内処方とのこと。会計を済ませてから薬局でしばらく待ち、薬を受け取って終了です。
こっちのお代は780円ナリ。

ドクターはリン酸コデインを推奨していましたが、いつから飲み始めるか悩ましいところ。このところお通じはめちゃめちゃ快調なので、それが阻害されるのは辛いです。咳とどっちを取るか、究極の選択です。

コメント一覧

坪井 (11/02 20:57) 編集・削除

中目黒ではお世話になっています。

リンコデをいつから服用するかではなく、
何と共に服用するか…ではないでしょうか。

抗癌剤の点滴治療と同様で、
便秘してから下剤を併用するのではなく、
先に、もしくは同時に開始するのが通常の使い方です。

単体ではなく緩下剤と同時に処方するものだという考え方が広まって随分経ちますけどね。

咳は恐らく止まらないでしょうから、
早かれ遅かれリンコデは服用することになるでしょう。
開始のタイミングを逃すことがないように
現在の知識と、ご自身の考え方を合わせて
早めに飲み始めるのが吉だと思います。

熱が高ければ解熱剤、
痛ければ鎮痛剤という対症療法ですが、
呼吸だけは対症療法の薬剤がありません。
この位の知識は既にお持ちのことだと思います。

なんちゃってナースより

リスミン (11/02 22:14) 編集・削除

坪井さま、アドバイスをありがとうございます。
緩下剤としてマグラックス錠と、とんぷくとしてプルゼニド錠を処方してもらってあるので、リンコデ服用の際にはもちろん一緒に服用するつもりです。
1年前には抗生剤で炎症が治まった際に、咳も落ち着いたので、抗生剤の状況を10日ぐらいは様子見しようかなーと考えているところです。
一番症状がひどかったのが1週間ほど前で、それ以上には悪化していないのと、現実に痰が切れるとラクになる傾向があるので、本当にリンコデで良いのかどうかも迷いの一つです。
ま、いずれは服用することになるんでしょうけどね。

冷静なご意見、感謝!

坪井 (11/03 19:51) 編集・削除

偉そうに書いてすみませんです。

私も、臨床的には治療が困難と言われている癌で、
しかも再発までしているため、
「自分なら嫌」と思って、つい…。

運良く再発時に専門医にかかることが出来たため、
何とか生き延びている状態です。
癌専門ナースに「再発もしているし、
緩和の適応だと思うのだが」と相談したことがあります。
今年の3月くらいだったでしょうか。
「何か1つでも症状が出てからで遅くない」と回答をもらいました。
彼女は私がナースをしていたことを知っての上で返答です。

その時「緩和を受診することだけが緩和ではないと思って
日々患者と接している」という言葉をもらい、とても感銘を受けました。
それは、自分がそのようにしていなかったという事の裏返しでもあります。

リン酸コデインは麻薬ではなく「劇薬」です。
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2242001B2300_1_03/
施設によって違いはあるかも知れませんが、
麻薬処方箋で出しているところもあるようです。

昭和50年代の後半から60年代前半は、
鎮咳剤(ちんがいざい=咳止め) or 止痢剤(しりざい=下痢止め)として使われていました。
副作用の腸管麻痺(便秘)が強いという一般人の概念ですが、
その裏には止痢剤として使われていたという背景が語られません。

そうそう、私が発病してから
「一般名フェンタニール」という薬剤の内服製剤が発売されました。
https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/44966/Default.aspx

フェンタニールは製造と販売が違う会社です。
2007年か2008年頃、当時の勤務先だった外科病棟で、
薬剤師に「フェンタニールの内服って無いの?」と聞いたら、
技術的に困難で開発途上という答えでした。
その後、自分で発売元と製造元に電話をかけ、
資料を送付してもらい勉強会を開催したこともあります。
フェンタニール、頭の隅に置いておいてくださいな。
役立つことがないにこしたことはありませんが。

どちらにしても、お互い苦痛のない暮らしでありますように。

坪井 (11/03 23:23) 編集・削除

咳は異常呼吸の1つですから、
肺転移による咳はリン酸コデインが正しい選択です。
わたくし如きが色々書くよりありました。

>本当にリンコデで良いのかどうか

「聖隷三方原病院症状緩和ガイド」
http://www.seirei.or.jp/mikatahara/doc_kanwa/contents3/26.html

10月24日(金) 受診

  • 2014年10月24日

ここ1年ぐらいは仕事の都合もあり、ずっと土曜日に受診してましたが、今月は土日で旅行に行く予定なので久々に金曜日受診です。

予約時間は14:30なので昼食後に家を出て、受け付けに着いたのは予約時間より少し早め。採血してから6階へ。
診察室に呼ばれて、ドクターは開口一番「咳、ひどくなりましたか? 熱、出ましたか?」
どうやら白血球の値が高かったようです。
ちょうど昨夜、38度越えの熱が出たところで、今日、その件を申告しようとしていたのですが、先を越されました。

8月中旬ぐらいから咳がひどくなり、ずっと続いている状態。最近特に悪化したわけではないですが、おさまりもせず、相変わらず続いています。

熱は昨年の例があるので朝晩せっせと測っていましたが、2週間ぐらい前から6度台後半になるようになり、2~3日前から7度越えに。昨晩はいよいよ38.1度まで上がってしまいました。風邪の様な症状はないので、おそらく腫瘍の関係だと思われます。
とりあえず予定通りゾメタとリュープリンをやり、その後肺のX線写真を撮り、再度診察で検討することにしました。

点滴用の針を刺してもらい、点滴室へ。今日は3番のリクライニングです。点滴は今日からゾメタのジェネリックになりました。先月までは瓶入り薬剤だったのですが、袋入りです。神奈川県立がんセンターの友人はヤクルトのだったそうですが、ここのはニプロ。時間や量はゾメタのときと同じです。
終了後に注射を打ってもらい、3階へ移動。
X線撮影は待ち時間もなく、すぐに撮ってくれてまた6階へ。
再診ですが、あまり待たずにまた診察室へ。
8月30日に撮った画像と比べてみましたが、肺炎にはなっていない様子。腫瘍の奥の白くなっているところが、少し濃くなっているようで、おそらく無気肺の部分のちょっとした炎症でしょうという診たてで、抗生剤を飲むことにしました。
腫瘍マーカーは先月とほぼ同じで、悪化の度合いはそれほど大きくはないという判断となり、基本治療であるアロマシンは変更なしです。

咳については発作的に咳き込むことがあり、なんとかなりませんかと聞いてみました。
昨年の肺炎ほどではないですが、炎症の影響があるかもしれず、抗生剤で改善する可能性もあります。しかし、抗生剤でも改善しない可能性も多々あるので、リン酸コデインを処方してもらいました。
副作用の便秘は出来れば御免蒙りたいのですが、抗生剤を1週間飲んでも改善しなければ、メジコンからのスイッチを試してみることにし、2週間分だけ処方してもらいました。

次回の診察は11月21日です。

9月27日(土) MRI&受診

  • 2014年09月27日

今日は脳のMRIを撮る日です。

8月2日のCTで頭部を撮ったのですが、その時の診断では異常なしだったにもかかわらず、8月30日の受診の際に気になる点があると指摘され、念のためということで脳のMRIを撮ることになったのです。

朝一番の受け付けでまずは採血。そして3階の画像センターへ。すぐに検査室に入り、検査着に着替えます。検査台には仰向けになるということで「咳がでちゃうかも」と申告。「その時はブザー(と言っても血圧計のポンプみたいなもの)を握ってください」と言われ、とりあえず検査台に。前半15分ぐらいは造影剤なし、後半15分ぐらいは造影剤を入れてから撮る予定とのことですが、開始して3分ほどすると咳が出てしまい、ブザーをぎゅ。咳が止まらないので、一旦起き上がらせてもらい呼吸を整えます。その後5分ぐらいはなんとか持ちこたえましたが、また咳が。少し待ってもらい再開。造影剤を注射するときに起き上がって呼吸を整えますが、約15分、咳をしないように、動かずにいるのはかなり大変でした。

やっと検査が終わり6階へ。簡単に診察をしてから先に点滴の針を入れ、ゾメタを行います。(リクライニングは4番だったかな?)
リュープリンの注射も打ってもらってから、一旦外出。検査結果が出るまでに1時間近く時間があるので、その間に遅い朝ご飯を食べに出かけました。

診察予定時間の11:15に戻りましたが、この時間になると結構混んでいます。呼ばれたのは11:40ぐらいでしょうか。MRIの検査結果は、結局異常なしでした。8月2日のCTに写っていた影は全然見当たらず、他にも異常はないとのこと。脳転移となるとイロイロやっかいですが、まずは何もなくて良かったです。

緩和治療外来のドクターからは、次回の診察にMRIの画像も持ってくるようにと言われているのでお願いし、次回の診察は10月24日金曜日となりました。

ちなみにCEAは微増状態。今日は6.3でした。
ただ、CRPは0.07だったので、肺炎とかにはなっていない模様です。

緩和治療外来へ4回目の受診

  • 2014年09月01日

前回(6月2日)の受診の際にはかなり症状が落ち着いていて変化がなかったため、次の診察は何か変わったことがあったり、主病院で画像診断などを行い、その結果が出てからということにし、予約は入れていませんでした。
ところが、その後すぐに左肩の痛みが出て、8月2日にCTを撮ることとしたため、その結果を見て予約を入れることに。
結局8月2日のCTにはあまり変化はなかったのですが、画像資料が出たこともあり9月1日に受診予約をしました。
そうこうしているうちに血痰や咳が出始め、予約しておいて良かったかなーという感じに。

今日は午後3時20分の予約です。
仕事を早退して再診機で受け付けをしたのが3時19分。呼び出しがあったのは4時ごろでした。
肩の痛みの件や、血痰・咳の状況を報告。でも、画像診断の結果や血液検査の結果はそれほど悪化していないので、単に症状と治療の報告をしてカルテに記録してもらうだけです。
主病院では9月27日に脳のMRIを撮ることになったので、その結果を持って来る段取りで、10月27日の受診予約を入れました。

会計は何故か自動精算器ではできず、30分以上待って窓口で支払い。460円でした。

8月30日(土) 受診

  • 2014年08月30日

午前中は雨の予報でしたが、ほとんど傘はささずにすみそう。
9時半の予約ですが、クリニックに到着したのは9時15分。受付して2階の血液検査へ。
すぐに終わって今度は6階。
待合いロビーで待っていると、看護師さんが私の名前を呼びますが、診察に呼ばれているわけではなさそう。何故か、いつも問診で聞かれるようなことを予め聞かれます。
その後、ほとんど待たずに今度は診察室から呼ばれて入室。

問診で申告したのは以下のとおり。
8月中旬から血痰が出るようになった。ここ1週間ぐらいは明らかに血の塊ではないが、少し血の色が混じっているような痰がでる。
咳は8月中旬から出始め、だんだんひどくなっている。手持ちのメジコン(鎮咳薬)とムコダイン(去痰薬)の服用を再開した。
熱は出ていない。
胸の痛みはこの1か月の間に1回あり。
左上腕部から肩甲骨にかけての痛みは、だんだん薄らいでいる。
今朝は頭痛があった。

咳のこともあり、今日は胸部レントゲンを撮ることになりました。
血液検査の結果は前回とさほど変化はないとのこと。
ただ、前回撮った頭部CTに、ドクター的に少々気になる部分を見つけたようで、「たぶん問題ないと思いますが、一度頭部のMRIを撮りましょう」ということになった。

その後、ゾメタの点滴とリュープリン。今日は6番のリクライニングでした。今日のゾメタは何故か30分以上かかっていましたが、眠くて寝ていたので少々長くても問題なし。
終わった後、3階へ行って胸部レントゲンを撮り、6階へ戻るとすぐに診察室に呼ばれました。
胸部のレントゲンは、特に問題となるような所見はないようです。
1年少し前の画像と比べると、無気肺になっていると思われる部分が写っていますが、昨年10月のCTに比べればたいしたことはないし、逆に腫瘤の影は見えないぐらいの状態になっています。腫瘤が消えたわけではないでしょうが、無気肺の陰でうやむやになっているカンジ。

薬はアロマシンのほかにメジコンとムコダインを処方してもらい、前回の受診でお願いした緩和治療外来に持っていく画像資料をもらい、血液検査の結果も印刷してもらい終了です。

次回は脳の造影MRIを撮る予定で、9月27日の受診です。

素朴な疑問8

  • 2014年08月10日

近藤理論では「本物のがんの場合は、発生したときに既に転移が起こっている」と主張しています。また、「転移巣の大きさからいつ転移したものか計算できる」とも書いています。

この二つのことを併せて考えると、元のがんが発生したときに既に転移があるなら、原発巣と転移巣のがんの大きさはほぼ同じなのではないでしょうか。例えば腫瘍の分裂速度が一定だと仮定すると、1センチになるのに10年かかるがんだとして、1センチの原発巣を切除して10年たってから1センチの再発が見つかったとすれば、切除する直前に転移があったと考えられないのでしょうか。

発生したときに既に転移が起こっているということと、がんの分裂速度はずっと一定だという二つのことは、矛盾しているように思います。

素朴な疑問7

  • 2014年08月10日

近藤先生は、がんは遺伝子が同じだから、分裂しても性質がずっと同じと書いています。しかし、そもそも遺伝子が変異して正常細胞からがん細胞になったのだから、一旦がん細胞になったものの性質が不変というのは理屈に合わないような気がします。

素朴な疑問6

  • 2014年08月10日

がんが発生したときに本物かもどきかが既に決まっていて、本物であれば早期に発見して治療しても無意味だ、もどきならそもそも命を奪うことがないので治療は無意味だというのが近藤理論。だが、それなら、1期の生存率、2期の生存率、3期の生存率は同じであってしかるべきではないでしょうか。
現実には腫瘍は小さいうちに取り除いたほうが生存率が高い。もちろん、小さいうちに手術しても再発する場合もあれば、大きくても再発しない場合もありますが、手術のみが治療法だった時代でも、小さいうちに手術した場合のほうが、統計的に生存率は高かったはず。だからこそ、「大きく取れば治癒の可能性が上がるのではないか」という考え方も出てきたわけです。
ということは1期から2期、3期へと時間が経つ間に転移しているものもあると考えられるのではないでしょうか。

それに、近藤理論ではがんとがんもどきの二つしかなく、発生の段階で本物かもどきかがわかれているといいますが、「もどきが本物になることはない」という証明が一切ありません。どうして「もどきが本物になることはない」のでしょうか。

8月2日(土) CT&受診

  • 2014年08月02日

予約よりも少々早めの9時少し前にクリニック到着。
受付後、まずはいつものとおり血液検査です。
採血をしてから、次はCT検査。
呼ばれて検査室に入り、検査着に着替えてCTの検査台に向かうと、今日は寝る方向がいつもと逆です。どうやら頭部CTもオーダーされているようです。
造影剤なしで頭部と胸部~腹部を撮影したあと、造影剤を入れて胸部~腹部の撮影。最後に頭部の撮影をもう一度行って終了です。

10時ごろには終わってしまいましたが、乳腺外科の診察予約は午後。なので、一旦外出し、ブランチをすることにしました。
それでも行くところがあまりないので、少し早めにクリニックに戻り、待合いロビーで本を読みながら待つことしばし。
予定の時間を少し過ぎたころに診察室に呼ばれました。

診察室に入ると、まずは問診です。
咳は先月と変わりなく、特にひどくはないこと。毎朝少々痰が出ること。左肩の鈍痛はひどくはないが相変わらずあることを申告。
他に問題点はありません。

CTの検査結果は特に問題なし。頭部も転移や脳梗塞などを示す様子はなし。肺は前回とほぼ同じ。悪くなってはいないということ。それ以外の臓器に新たな転移は見つからないということです。
左肩から肩甲骨にかけての痛みの原因は、CTの画像には何も出なくて結局不明。自分的には肩こりと違う感触なのですが、骨転移でもないようです。生活に支障があるような痛みでないので、このまま様子見しかありません。
血液検査も特に問題はなく、腫瘍マーカーの数値もぶれの範囲のようです。
仕事で身体的にも精神的にも疲弊しているのですが、病気は増悪していないようです。

他院の緩和治療外来では、画像検査の結果が出たら次の診察をしましょうということになっていたので、画像検査の結果をもらえるようお願いし、次の診察のときに受け取ることにしました。

ということで、治療は同じ内容を継続。薬はアロマシンだけ処方してもらいます。
ゾメタ点滴用の針をさしてもらい、診察室を出ます。
点滴室では4番のリクライニングでした。

次回は8月30日(土)の予定です。