記事一覧

泣く。笑う。

  • 2014年12月09日

笑いが免疫力アップのために有効であるのは有名ですよね。
笑うとNK細胞が活性化し、がん細胞の増殖に対抗するというのは、様々な臨床試験で確かめられています。
もちろん笑うだけでがん細胞が撲滅できるというわけではありませんが、少しでも増殖速度が抑えられたり、体調がよくなったりするのはうれしいことです。

一方、泣くというのも身体のためには意外に良いそうです。
涙にもストレス解消効果や、免疫力アップ効果があり、それは笑いの効果を上回るという話も。
人間は悲しい時や、精神的なショックを受けた際に涙が出てきますが、それは自己防衛反応とも言えるようです。

この笑いや涙の効果は、自然な感情だけでなく、例えば映画を見て泣いたり笑ったりしても効果が期待できるとか。
今度レンタルビデオを借りるときは、ちょっと意識してみましょう。

要するに、感情は素直に表出するのがいいみたい。
感情を抑えるのはストレスになり、とにかく身体によくない。
笑いたいときには笑い、泣きたいときには泣くのが一番です。

口を閉じ、歯を離す。鼻呼吸する。

  • 2014年12月08日

ある健康情報番組で、扁桃炎が多い理由の一つに、口呼吸があるという情報を知りました。

鼻呼吸の空気の通り道には繊毛があり、細菌やウィルスを排除したり、胃のほうに運んで胃液でやっつけてしまうような仕組みがあるということ。
それが口呼吸をしてしまうと機能せず、扁桃(上気道)が直接外気にさらされてしまうので、空気感染をする感染症にかかりやすくなるということです。

確かに私は子供のころ、母親からしょっちゅう「口を閉じなさい」と叱られる子でした。
そして扁桃炎を起こしやすい子供でした。
もちろん、両者に関連があるとは夢にも思いませんでした。
母親の注意のおかげで意識して口を閉じるようになり、成長とともに扁桃炎も少なくなりました。

もう一つ、別の健康情報番組で、肩こりは歯を食いしばっていることがいけないという話を聞きました。歯を離すようにすると肩こりが解消するそうです。就寝中も歯を食いしばっている人は、朝起きた時にぐったり疲れていて、睡眠障害にもなってしまうとか。
私はどちらかというとヨダレを垂らして寝ていることが多いので、歯を食いしばって寝ていることはなさそうですが、口は閉じたほうがよさそうです。
そして、閉じた口の中の歯は離すようにしておく。
これは習慣づけるに越したことはありません。

帰宅時の手洗いとうがい

  • 2014年12月07日

私の治療目標はQOLを下げないこと。
昨今の社会情勢を見ていると80・90まで生きたって面倒なことのほうが多そうなので、完治や長期生存を目指そうなんて気持ちはさらさらありません。
それと、面倒なことや手間のかかることはイヤなので、マクロビや玄米食などの食生活の改善とか、保険適用になっていないような特殊な治療はやろうと思いません。

こんな状態で自分的にかなり努力して励行しているのは、帰宅時の手洗いとうがいです。
今の私の状態だと、肺炎になってしまうのが一番ヤバイ。
がんの進行と関係なく、1週間ぐらいであの世往きってのは予定が狂ってしまうのでぜひ避けたいです。
そのため、感染症予防は比較的努力しています。

12月6日(土) PET-CT&インフル予防接種

  • 2014年12月06日

今日はPET-CTの日です。
いつもなら定例の受診に合わせて検査もやるのですが、20日には空きがなくて検査予約を入れられず、今回は検査だけやって結果は後で聞くことにしました。時間も一番遅い14:30からで6時間前から禁食。仕事のときであれば昼を抜くだけですが、家にいるとうっかりつまみ食いをしたり、コーヒーを飲んだりしそうになり、ちょっと緊張。
朝8時以降は水だけ飲むようにして家事を終わらせ、昼の分の薬(鎮咳薬と去痰薬)を飲んで出かけます。

クリニックには1時45分ごろ到着。受付をして3階の画像センターへ行き、すぐに検査着に着替えです。
着替えが終わると身長・体重を測定し、その後問診。既に6回目なので手順等も慣れたものです。問診の最後に咳の質問がありました。実は1年前のPETのときは仰向けになると咳が出る状態で、40分間の撮影がちゃんとできるかどうか危ぶまれたのですが、そのときはなんとか大丈夫でした。9月のMRIのときは咳がひどく、撮影中に咳発作が起きて中断してしまいました。今回は何故か5日前ぐらいから咳発作が出なくなっているので大丈夫そうです。問診の後はペットボトルの水を受け取って検査コーナーへ移動。

注射針を刺し血糖値は問題なし。FDGを注入してから安静室に入り、そこでぼーっとテレビを見ながら小一時間、FDGの集積を待ちます。時間が来るとインターホンで呼ばれて安静室を出、トイレを済ませて少し待つと、検査室からお呼びがかかりました。

検査台に仰向けになり、CTの撮影とPETの撮影。一旦起き上がって反対向きになり、今度は下半身を撮影。いつもより長いです。どうやら今回はいつもの撮影範囲よりも下半身を念入りに撮影するようです。そのため時間が長くかかり、終了後の待機時間はなし。撮影が終わるとそのまま検査コーナーから退出です。

検査はこれで終了ですが、インフルエンザのワクチン接種をお願いしてあったので、そのまま6階へ移動。受付で問診票を書き、体温を計ってから待合い(今日は空いてる!)で待っていると、ほどなく診察室へ呼ばれました。
診察室へ入ると、なんと先ほどのPETの画像がもう出ています。早い!
ドクターは「まだ速報ですが」といいながら、肺の状況にはあまり変わりがないということ、腰や膝の骨には特に転移と思われるようなものは見当たらないことを教えてくれました。腰痛や関節痛は整形外科的なものかも。詳しい結果は2週間後の受診のときに聞く予定です。
熱もないし、インフルのワクチン注射は問題ないということで問診は終了。2階へ移動し注射を受けて終了です。

インフルはもちろん全額自己負担で、税込みで5,000円。PET-CTは自己負担3割で27,590円でした。

11月21日(金) 受診

  • 2014年11月21日

明日からは3連休。今月も土曜日から旅行の予定を入れてしまったので、2か月連続で金曜日受診です。しかも、午前中しか予約を取れなかったので、仕事は丸一日休みにしてしまいました。今年3月から9月までは怒涛の日々だったので、こんな日(通院のために一日仕事を休むことができる)がやってきたこと自体が嬉しいです。

さて、9時半予約のところ受付に着いたのは9時15分。いつも通り2階で採血をし6階へ。6階ロビーの待ち時間もほとんどなく診察室へ。

8日からリン酸コデインに変更しました。
咳は全体的には減少しましたが、発作的な咳は相変わらず時々出ます。
発熱で5日に受診した際に14日分処方してもらった抗生剤クラビットは、18日まで服用。8日に37.1度になった後はずっと36度台です。
14日未明に胃の激痛がありました。何年も前から時々出る症状と同じです。熱は出ませんでした。クラビットとの関係があったので手持ちのロキソニンは飲みませんでした。30分ほどでおさまってその後特に問題はありません。
リン酸コデインの副作用の便秘にはなっていません。別病院の緩和治療外来で緩下剤を出してくれたので、そもそもリン酸コデインには最初からマグラックスを併用しています。
最近腰痛があって、ちょっと気になります。
18日に膝を捻ってしまって痛いです。

大体こんなようなことを申告し、前回のCT(8月2日)から3か月以上経つことから、近いうちにPET-CTを撮ることにしました。
しかし、4週間後の受診日にはPET-CTの空きがなく、12月6日土曜日にPETだけ撮って、20日の定例の受診の際に結果も聞くことにしました。

私の現在の状況だと、インフルエンザや肺炎が最も要注意です。インフルエンザと肺炎球菌の予防接種はできるかどうか聞いてみたところ、同時は無理だが可能だとのこと。そこで先にインフルエンザのワクチン接種をし、しばらくして肺炎球菌のワクチン接種をしたいとリクエストしました。
ゾレドロン酸と同時の接種はできないということなので、6日のPETの後にできるかどうか調べておいてもらうことにしました。

今日の血液検査では白血球数は正常で、CRPも10月よりは下がっています。腫瘍マーカーの結果はまだ出ていませんが、前回のCEAは前々回に比べて特に上がってはなく、ホルモン療法は継続。薬は問診の結果いろいろ出してくれることとなり、アロマシン、メジコン、リン酸コデイン、マグラックス、ムコダイン、ブスコパン、クラビットと7種類にもなってしまいました。リン酸コデインとメジコンの併用もアリなんだそうです。ブスコパンは胃痛が出た時のため、クラビットは発熱した時のためのものです。

点滴の針を刺してもらって点滴室へ移動し、椅子は今回も3番。点滴の途中で咳の発作が出てしまい、看護師さんが2人がかりで背中をさすってくれました。見た目ほどは苦しくはないんですが、はたから見るとそうとう苦しそうに見えるようです。息苦しくもないのですが、機会があったら血中酸素飽和度でも測ってもらおうかしらん。

ということで、次回は12月6日です。

胃痙攣?

  • 2014年11月14日

深夜に錦織対フェレールの試合を見てから寝たのですが、未明に目が覚め、トイレに行ってまた寝ようとしたところ、急に胃が痛くなりました。
痛みは急激に増し、あっという間に寝ていられなくなり、起き上がってもダメ。うずくまる格好で身動きが取れなくなり、「これは救急車を呼んだほうが良いか?」とまで考えました。(結局呼びませんでしたが)

同居人も目が覚めたようですが、ちっとも心配してくれる様子はなし。
ベッドの脇の床にうずくまる状態だったので、やっと「寒い」と言ったら暖房のスイッチを入れ、「28度にしたがまだ温かくならない」とのたまう。
私は声も出せない状態のところ、やっと「ふとんかけて」と伝え、背中にふとんをかけてもらいました。
その後、ぬるめの白湯を持ってきてもらい、何口か飲んだところでだんだん落ち着いてきました。
時計を見ていなかったので正確にはわかりませんが、治まるまで30分ぐらいだったでしょうか。
どうやら熱はないようです。
やっとベッドに寝られる状態になり、なんとか2時間ぐらい眠ったところでいつもの起床時刻に。

このタイプの胃痛はかなり昔に何度か経験したことがありますが、こんなに激烈なのは初めてです。
ネットで調べてみても当てはまるのは胃痙攣ぐらいですが、痙攣というより胃が石のように固まって周りに痛みを発信しているようなカンジ。どちらかと言えば胃炎の痛みですが、こんなに急に発生したり、治まったりするのでしょうか。
激痛を発する原因としては、胃潰瘍、胃炎のほかに、胆石や膵炎があるようですが、ちょっと違う感じ。
現在服用中の抗生剤クラビットの副作用に「けいれん」というのがあるのが、気になります。

リン酸コデインにスイッチ

  • 2014年11月08日

ファイル 141-1.jpgファイル 141-2.jpg

今日から鎮咳薬をメジコンからリン酸コデインに変更してみます。
緩下剤のマグラックス錠も一緒にのみますが、さてどうなるか。

リン酸コデインは1回なんと4錠で1日3回。今は抗生剤も飲んでいるので朝飲む薬はこんな分量に。
メジコンやアロマシンと比べると、他の薬はみんなデカイ!

発熱で臨時に受診

  • 2014年11月05日

10月24日の受診のときに抗生剤セフゾンをもらい、その夜から飲み始めて約10日。ずっと36度台だった熱があやしい感じになってきました。
咳のほうは10月28日ごろをピークにあまりひどくなってはいないので、リン酸コデインへの切り替えをしないままに来てしまっていましたが、11月2日夜には37.4度、3日夜には38.3度、4日夜にはとうとう39.3度に!
朝にはほぼ平熱で、全身状態も特に悪くはないのですが、夕方から熱が上がるというのは嫌なカンジです。
今朝は36.9度だったのですが、さすがに仕事を休み、主病院に電話してみたところ、外来がない日だったのですが診てくれることになりました。
11時に受け付け、待ち時間もほぼなく診察。問診のみでしたが状況を説明して、別の抗生剤クラビットを処方してもらいました。
今日は夜になっても37度程度であまり高熱にはなりません。
何故か熱が出るようになって咳のほうは少なくなってきました。
からだの中では何が起きているんでしょうね。

コメント一覧

坪井 (11/08 15:24) 編集・削除

お互い、大変なことになってますね。
私も今年3回目の手術かも。
果たして、今月の中目黒は行けるのか…!?

リスミン (11/09 08:56) 編集・削除

坪井さま
指の化膿ですか。痛いのはいやですねー。

緩和治療外来へ5回目の受診

  • 2014年10月27日

前回の受診の際、主病院で脳のMRIを撮る予定となっていたため、その資料を持って診察をする予定となっていました。
9月27日に受けたMRIは結局何でもなかったので、資料を持って来る意味はほとんどなくなってしまったのですが、咳がひどくなったり、熱も出たりと、状況は変化。金曜日の主病院での受診の際に肺のX線撮影をしたので、その画像も写しをもらってくることにし、今日は主病院に寄ってからというルートになりました。

午後1時ごろに家を出て、クリニックには2時少し前に到着。1階の受け付けで申し出ると画像ディスクの準備ができていて、すぐに渡してもらえました。お代は750円ナリ。
そこから緩和治療外来の病院へ向かいます。
クリニックの所要時間が短かったことや、電車の乗り継ぎが良かったこともあり、午後3時の予約でしたが2時半に到着。再診受付機に診察券を入れますが、何故かエラーになってしまいます。予約票のバーコードを読ませると受け付けできたのですが、実は別の病院の診察券を入れていたことに後から気が付きました。あちゃー。

診療科の受け付けで持参の画像資料を渡し、待合いの椅子に座ると、ほんの数分で呼び出し機が鳴ります。今日はとっても早いです。
診察室に入りましたが、持参の画像資料はまだ見られないとのことで、ドクターからは「脳のMRIの結果はどうでしたか」と質問。「脳のほうは何でもありませんでした」「良かったですね」
でも、咳が続いていて、数日前から熱も出ていること、主病院で胸部レントゲンを撮って抗生剤を処方されたこと、リン酸コデインももらってあることなどを報告。
ひとしきり薬の履歴を確認したのですが、ドクターは「咳がひどいようならリン酸コデインを飲んだほうがいいですよ。良く効きますよ」と勧めます。かなり熱心です。ただし、体内ではモルヒネに変わるので、モルヒネと同様に便秘の副作用はほぼ漏れなくついてくるみたい。なので、便秘に対処する薬も一緒に飲んだほうが良いと勧められ、処方してくれました。
抗生剤の効き具合にもよりますが、おそらく次の画像検査まではあまり変化はなさそうなので、次の診察予約は後から電話で入れることにし、今日の診察は終了です。
肺の画像を見てもらい、意見が聞きたかったのですが、まだ読み込みが終わっていないようで見られず。残念でした。

紙を受け取って診察室を出ると、薬は院内処方とのこと。会計を済ませてから薬局でしばらく待ち、薬を受け取って終了です。
こっちのお代は780円ナリ。

ドクターはリン酸コデインを推奨していましたが、いつから飲み始めるか悩ましいところ。このところお通じはめちゃめちゃ快調なので、それが阻害されるのは辛いです。咳とどっちを取るか、究極の選択です。

コメント一覧

坪井 (11/02 20:57) 編集・削除

中目黒ではお世話になっています。

リンコデをいつから服用するかではなく、
何と共に服用するか…ではないでしょうか。

抗癌剤の点滴治療と同様で、
便秘してから下剤を併用するのではなく、
先に、もしくは同時に開始するのが通常の使い方です。

単体ではなく緩下剤と同時に処方するものだという考え方が広まって随分経ちますけどね。

咳は恐らく止まらないでしょうから、
早かれ遅かれリンコデは服用することになるでしょう。
開始のタイミングを逃すことがないように
現在の知識と、ご自身の考え方を合わせて
早めに飲み始めるのが吉だと思います。

熱が高ければ解熱剤、
痛ければ鎮痛剤という対症療法ですが、
呼吸だけは対症療法の薬剤がありません。
この位の知識は既にお持ちのことだと思います。

なんちゃってナースより

リスミン (11/02 22:14) 編集・削除

坪井さま、アドバイスをありがとうございます。
緩下剤としてマグラックス錠と、とんぷくとしてプルゼニド錠を処方してもらってあるので、リンコデ服用の際にはもちろん一緒に服用するつもりです。
1年前には抗生剤で炎症が治まった際に、咳も落ち着いたので、抗生剤の状況を10日ぐらいは様子見しようかなーと考えているところです。
一番症状がひどかったのが1週間ほど前で、それ以上には悪化していないのと、現実に痰が切れるとラクになる傾向があるので、本当にリンコデで良いのかどうかも迷いの一つです。
ま、いずれは服用することになるんでしょうけどね。

冷静なご意見、感謝!

坪井 (11/03 19:51) 編集・削除

偉そうに書いてすみませんです。

私も、臨床的には治療が困難と言われている癌で、
しかも再発までしているため、
「自分なら嫌」と思って、つい…。

運良く再発時に専門医にかかることが出来たため、
何とか生き延びている状態です。
癌専門ナースに「再発もしているし、
緩和の適応だと思うのだが」と相談したことがあります。
今年の3月くらいだったでしょうか。
「何か1つでも症状が出てからで遅くない」と回答をもらいました。
彼女は私がナースをしていたことを知っての上で返答です。

その時「緩和を受診することだけが緩和ではないと思って
日々患者と接している」という言葉をもらい、とても感銘を受けました。
それは、自分がそのようにしていなかったという事の裏返しでもあります。

リン酸コデインは麻薬ではなく「劇薬」です。
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2242001B2300_1_03/
施設によって違いはあるかも知れませんが、
麻薬処方箋で出しているところもあるようです。

昭和50年代の後半から60年代前半は、
鎮咳剤(ちんがいざい=咳止め) or 止痢剤(しりざい=下痢止め)として使われていました。
副作用の腸管麻痺(便秘)が強いという一般人の概念ですが、
その裏には止痢剤として使われていたという背景が語られません。

そうそう、私が発病してから
「一般名フェンタニール」という薬剤の内服製剤が発売されました。
https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/44966/Default.aspx

フェンタニールは製造と販売が違う会社です。
2007年か2008年頃、当時の勤務先だった外科病棟で、
薬剤師に「フェンタニールの内服って無いの?」と聞いたら、
技術的に困難で開発途上という答えでした。
その後、自分で発売元と製造元に電話をかけ、
資料を送付してもらい勉強会を開催したこともあります。
フェンタニール、頭の隅に置いておいてくださいな。
役立つことがないにこしたことはありませんが。

どちらにしても、お互い苦痛のない暮らしでありますように。

坪井 (11/03 23:23) 編集・削除

咳は異常呼吸の1つですから、
肺転移による咳はリン酸コデインが正しい選択です。
わたくし如きが色々書くよりありました。

>本当にリンコデで良いのかどうか

「聖隷三方原病院症状緩和ガイド」
http://www.seirei.or.jp/mikatahara/doc_kanwa/contents3/26.html

10月24日(金) 受診

  • 2014年10月24日

ここ1年ぐらいは仕事の都合もあり、ずっと土曜日に受診してましたが、今月は土日で旅行に行く予定なので久々に金曜日受診です。

予約時間は14:30なので昼食後に家を出て、受け付けに着いたのは予約時間より少し早め。採血してから6階へ。
診察室に呼ばれて、ドクターは開口一番「咳、ひどくなりましたか? 熱、出ましたか?」
どうやら白血球の値が高かったようです。
ちょうど昨夜、38度越えの熱が出たところで、今日、その件を申告しようとしていたのですが、先を越されました。

8月中旬ぐらいから咳がひどくなり、ずっと続いている状態。最近特に悪化したわけではないですが、おさまりもせず、相変わらず続いています。

熱は昨年の例があるので朝晩せっせと測っていましたが、2週間ぐらい前から6度台後半になるようになり、2~3日前から7度越えに。昨晩はいよいよ38.1度まで上がってしまいました。風邪の様な症状はないので、おそらく腫瘍の関係だと思われます。
とりあえず予定通りゾメタとリュープリンをやり、その後肺のX線写真を撮り、再度診察で検討することにしました。

点滴用の針を刺してもらい、点滴室へ。今日は3番のリクライニングです。点滴は今日からゾメタのジェネリックになりました。先月までは瓶入り薬剤だったのですが、袋入りです。神奈川県立がんセンターの友人はヤクルトのだったそうですが、ここのはニプロ。時間や量はゾメタのときと同じです。
終了後に注射を打ってもらい、3階へ移動。
X線撮影は待ち時間もなく、すぐに撮ってくれてまた6階へ。
再診ですが、あまり待たずにまた診察室へ。
8月30日に撮った画像と比べてみましたが、肺炎にはなっていない様子。腫瘍の奥の白くなっているところが、少し濃くなっているようで、おそらく無気肺の部分のちょっとした炎症でしょうという診たてで、抗生剤を飲むことにしました。
腫瘍マーカーは先月とほぼ同じで、悪化の度合いはそれほど大きくはないという判断となり、基本治療であるアロマシンは変更なしです。

咳については発作的に咳き込むことがあり、なんとかなりませんかと聞いてみました。
昨年の肺炎ほどではないですが、炎症の影響があるかもしれず、抗生剤で改善する可能性もあります。しかし、抗生剤でも改善しない可能性も多々あるので、リン酸コデインを処方してもらいました。
副作用の便秘は出来れば御免蒙りたいのですが、抗生剤を1週間飲んでも改善しなければ、メジコンからのスイッチを試してみることにし、2週間分だけ処方してもらいました。

次回の診察は11月21日です。