記事一覧

第16回かながわ乳がん市民フォーラム

  • 2017年07月13日

このフォーラムには、私は第1回から参加し皆勤賞です。
いつもは、教育講演+体験者のお話+パネルディスカッションという構成なのですが、今年は「今こそ受けたい乳がん授業」と銘打って、ステージ上で模擬授業を行う企画です。
なんと、16回目にして私もステージに上がることとなりました。
てへ。(^^ゞ

■日時:2017年8月26日(土)午後1時~午後4時(開場12時30分)
■会場:はまぎんホール ヴィアマーレ(横浜市西区みなとみらい3-1-1)
■参加費:無料

申し込み等、詳細は以下の通り。
http://www.nyugan-forum.jp/

1時限目 生物「そもそも乳がんとは?」
2時限目 歴史「乳がん治療の変遷」
3時限目 化学「お薬が世に出るまでの長い道のり」
4時限目 家庭科「乳がん治療と生活」
 放課後 乳がん体験者のよもやま話

会場の席数があまり多くないため、興味のあるかたはぜひ事前申し込みをお願いします。

7月6日(木) 受診、フェソロデックスまたぞろ継続(10か月目)

  • 2017年07月06日

今日はかなり眠いです。昨夜、錦織クンのウィンブルドン2回戦LIVEを最後まで見てしまったのが原因。

先月同様8:15に家を出て、病院のチェックインは9:12。そのまま採血の受付に回ると、なんと予約が入っていません。先月の受診の後に伝言しておいたのに、それでも採血オーダーが入っていない。プンプン。<`ヘ´>
先にレントゲンに回り、その間に確認してくれることとなり、2階の放射線検査の受付へ移動。レントゲン撮影をして再び採血に戻って来たのが9:30。今度はちゃんと受け付けも処理済みで、採血をして腫瘍内科の外来受付をしたのが9:40。そこから「中待合いへ」の表示が出るまで、今日は1時間20分かかりました。本を読みながら待っているつもりだったのですが、今日はめちゃめちゃ眠くてほとんど居眠りしてしまいました。

中待合いでの待ち時間は20分ほどで診察室にin。いつもどおり前回受診後の状況報告ですが、ほとんど変化なし。レントゲンの画像も、血液検査の結果も変化なし。ということで、またぞろフェソロデックス継続です。いつまで続くかこの薬。添付文書に記載の情報によれば、内分泌療法未治療の、ホルモン受容体陽性の閉経後局所進行性又は転移性乳癌患者を対象に、本剤500mg(HD投与)をアナストロゾール1mg/日と比較する第III相試験を実施した(無作為化例数462例、日本人31例を含む)ところ、主要評価項目である無増悪生存期間(PFS)の中央値は16.6カ月だったそうなので、あと6カ月は期待できるかも。
咳は困るほどではありませんが、痰は相変わらず。酸素飽和度は95~96%程度なのですが、診察室で計ってみると94、93、92とぐんぐん下がる!「ここまで数値が低いと障害年金に該当するかしらん」とつぶやくと「数値は随時変化するから、症状(息苦しさ)がなければあんまり気にする必要はないよ」とドクター。いやいや症状がなくても申請書類が書けるレベルかどうかのほうがポイントです。行政マンとしてはズルしてまで障害年金もらおうとは思わないけど、ほぼ該当する状況になったら遅滞なく申請したい気持ちはオオアリなのです。
ほかの症状としてはここ数日の脚の痙攣と、先月受診日の夕方にあった視野異常(きらきらする)。どちらも今の病気とはあまり関係なさそうですが。
採血オーダー漏れについてはドクターも気づいた様子ですが、タッチの差で問い合わせが来たらしい。今日こそオーダー漏れの無いように、次回の診察予約、採血予約、レントゲン予約を入れてもらい、薬の処方をもらい、今日の採決結果のプリントをもらい、診察は終了です。ちなみにデノタスは休薬して様子を見ることにしました。

いったん診察室を出て少し待つと、処置室に案内され、CVポートの洗浄と、フェソロデックス&ランマークの注射です。処置室から出ると受け付けに持ち帰り以外の書類を提出し、後は会計。会計を終了して病院を出たのは12:20。
次回は8月3日(木)の予定です。

第52回キャンサーボード勉強会

  • 2017年06月20日

日本医科大学武蔵小杉病院にて
『未熟ながんリテラシー国家における、がん専門医療従事者の使命』
東京オンコロジークリニック代表
大場大先生

6月8日(木) 受診、フェソロデックスしぶとく継続(9か月目)

  • 2017年06月08日

今月も診察予約時間は10時で、家を出たのは8:15。病院に到着して自動再来受付機でチェックインしたのは9:12。採血の自動受付機で受付をしたのは9:14。約8分待ちと予想時間が出ています。

予定より若干早めに採血が終わり、引き続き2階の放射線検査の受付へ移動。名前を呼ばれて中待合いへ移動したのが9:30。少々待って名前を呼ばれ、上半身を検査着に着替えて撮影し、終了して腫瘍内科の受け付けをしたのが9:42。今日もなかなかスムーズです。
受付前の待ち合いロビーで50分ほど待っていると、液晶表示板に「中待合いへ」の表示が出たので診察室の入口前のほうへ移動すると、ドクターが診察室から顔を出してこちらを見ています。「私ですか?」とジェスチャーで尋ねると、やはりジェスチャーで「そうそう」とのお答え。今日はめちゃめちゃ早いです。

診察室に入って早速1か月の変化を訊かれましたが、ほぼ変化なし。レントゲンの画像も、血液検査の結果も変化なしです。「これだと治療変更する理由はないよね。いやぁ~、がっかりしてるわけじゃないけどぉ~・・・」とドクター。血痰の様子を聞かれましたが、「血の塊ということはないですが、かなり血が混じっていることもあれば、普通にクリーム色のこともあります」と私。時々写真に撮っているので「見ますか?」と聞くと、見るというのでデジカメに残っている最新の画像を見せました。ふぅ~んという反応です。

次回の診察予約を入れ、「レントゲンも引き続きやりましょう」と予約を入れ、今日の血液検査の結果をプリントしてもらい、薬の処方を入れ、ほぼ終了。フスコデシロップはあまり服用せず、先月の余りがあるのでなし。デノタスチュアブルは念のため1日1錠です。
ASCOでのパルボシクリブの話題や、無気肺や痰のことなどを少し雑談し、11時前には診察終了。

いったん診察室を出て少し待つと、処置室に案内され、CVポートの洗浄と、フェソロデックス&ランマークの注射です。処置室から出ると受け付けに持ち帰り以外の書類を提出し、後は会計して終了なのですが、次回の予約票を確認すると採血の予約が入っていない模様。またドクターの入力忘れのようです。(~_~;) 念のため受付に申し出ておきました。予約を入れておいてくれるそうです。
会計も終了して病院を出たのは11:47。まれにみる早さでした。貴重な有給休暇が節約できてうれしいです。

次回は7月6日(木)の予定です。

OMCE第17回 乳がん治療の進歩 -抗がん剤・分子標的薬剤・免疫チェックポイント阻害薬を中心に–

  • 2017年05月26日

がん医療セミナー ONCOLO Meets Cancer Experts2017

『乳癌薬物療法の進歩』
昭和大学医学部内科学講座 腫瘍内科部門教授
佐々木康綱先生

https://oncolo.jp/event/omce17report

第51回キャンサーボード勉強会

  • 2017年05月16日

『緩和ケア:変わっていくエビデンスと変わらない哲学』
聖隷三方原病院緩和支持治療科 副院長
森田達也先生

一般的な緩和ケアの啓発的な内容とは若干異なるものでした。
始めに、アメリカの VA study の紹介がありました。
「望ましい死の構成要素とは何か」という問いに対して挙げられたのは、
 1 苦痛が緩和されている
 2 意思決定が明確である
 3 死に対する心構えができる
 4 人生を完成させることができる
 5 他人の役に立つ
 6 ひととしての尊厳をたもつ

そして同じstudyで「終末期のQOLとは何か?」という問いに対して、医師と患者が選んだ項目の割合は、それぞれ以下のような結果でした。

 疼痛がないこと:患者93%、医師99%
 病状についてよく知っていること:患者96%、医師88%
 心構えをしておくこと:患者84%、医師79%
 人生が完成したと思えること:患者80%、医師68%

ここまでは大きな差はないようですが、

 意識が明確であること:患者92%、医師65%
 負担にならないこと:患者89%、医師58%
 他人の役に立つこと:患者88%、医師44%

これを見て、医療者は意識を新たにするようです。

森田先生は著書も多数あるようですから、興味のあるかたは本を読んでみるといいかも。

5月11日(木) 受診、フェソロデックスまだまだ継続

  • 2017年05月11日

診察予約時間は10時。その1時間前から採血ができるので9時病院到着を目指して家を出るようにしているのですが、実際の診察はいつも1時間以上遅れます。どのみち診察が遅れるのであれば、焦って早くに採血しなくてもいいかなぁーとタカをくくって、今日は朝ドラを見てから家を出ました。

病院に到着し自動再来受付機でチェックインしたのは9時13分。そのまま採血の自動受付機に診察券を入れても反応がありません。受け付けに申し出ると、なんとドクターの採血オーダー漏れ。ぷんぷん。<(`^´)>

改めて血液検査の番号札をもらい、採血を終えて外来受付をしたのは9時半。10時35分には「中待合いへ」の表示が出ました。意外にスムーズです。

診察室に呼ばれたのは11時少し過ぎでした。
中待合いで何度か咳をしたので、入室してすぐにドクターから「咳してたのは○○さん?」との問い。「はーい。他の人は全然咳してなかったし」と私。
いつものとおり、この1か月の状況を報告するのですが、酸素飽和度は95%前後と前よりやや落ちていること。前回の受診前後にあった発熱はその後なく、特に問題はないこと。咳や痰は依然として同じような状況であること。朝に腰痛が起きるが、昼間は改善するので骨転移ではないようだということ。ここ3カ月で体重が1kg減ったということ。(ただし、私的にはあと2~3kg減らしたい)

5月2日のCTの結果は特に大きな変化はなく、血液検査の結果も大きな変動はないとのこと。相変わらず治療を変更する積極的な理由はないので今月もフェソロデックス&ランマークを継続です。ただし、どのタイミングで治療(薬剤)変更するかは思案のしどころ。「いつでも変更できるようにしてあるよ」とドクターはなんだか嬉しそうです。でも私としては余程腫瘍マーカーの上昇が続くとか、新たな転移が見つかったとかでもない限り、できる限り先送りしたいところです。

CTでは左の臀部に薄い影があって、ドクターは「これは何かなぁ」と気になる様子。立位で確認したりしましたが、私が「フェソロデックスの注射位置ですね」というと「それだ!」と納得した様子。電カルに「フェソロデックスの注射痕か?」と入力していました。腰痛の原因はCTには何も映っていないようで、「何でしょうね?」という私の問いには「歳?」という答え。(^_^;) 確かに単に歳のせいかもしれません。

今度こそ漏れの無いように、薬の処方を入力してもらい、来月の予約も漏れの無いように入れてもらい、今日の血液検査の結果もプリントアウトしてもらい、診察は終了です。

いったん診察室を出て少し待つと、処置室に案内され、CVポートの洗浄と、フェソロデックス&ランマークの注射です。
全部終了して病院を出たのは12時10分。今日はトラブルはあまりなく、スムーズな診察でした。
(実は自動支払機で反応しないので受け付けに聞いてみると、なんと診察券ではなくクレジットカードを入れていたことが判明。お恥ずかしい。その後、ちゃんと診察券を入れても反応せず、今度は会計がまだ終わっていなかったらしい。3分ほど待ってやっと会計できましたが、その自動支払機の紙受けのストッパーが甘いらしく、出てきた領収書や明細が床に散乱。一瞬ですがあわてました。てへ)

次回は6月8日(木)の予定です。

5月2日(火) CT検査

  • 2017年05月02日

現病院で2回目のCT検査です。

この病院の検査体制については、2/28の検査(http://new.life.coocan.jp/risumin/diary/diary.cgi?no=236)でいろいろ判明したことがあるので、スムーズにいくように今回は万全の態勢を整えました。
まず、この病院はCT検査で検査着を使用しません。靴も脱ぎません。胸部のCTなのですが、首から下だけでなく顎のあたりから写すらしくヘアピンなども外すように指示されます。
そこで、上半身は通常のブラジャーは着けずに、金具が一切ついていないカップ付きインナーと、念のためボタンなどがついていないTシャツにしました。
ウィッグは付けずに。ただし、終了後は出勤なので、病院で検査終了後に装着できるよう準備して持参。
造影剤を使うので朝ご飯はもちろん抜きですが、お水はコップ1杯以上飲んでおきます。

前回同様8時15分を目指してやや早めに家を出ましたが、電車のダイヤの都合で、前回とほぼ同じ時間に病院に到着しました。
自動再来受付機でチェックインしたのが8時6分。放射線科の受付の番号札は12番。今日は8時15分から受け付けが開始され、8時40分には検査終了。終了後にCT準備室内の更衣室を使わせてもらいウィッグを装着し、会計を済ませ、病院を出たのは8時55分でした。滞在時間は45分でした!

結果は5月11日の受診日に聞く予定です。

OMCE第16回 乳がん治療の進歩 -ホルモン療法を中心に-

  • 2017年04月28日

がん医療セミナー ONCOLO Meets Cancer Experts2017

『乳がん薬物療法の進歩-ホルモン療法を中心に-』
福島県立医科大学 腫瘍内科学講座 主任教授
佐治 重衡 先生

https://oncolo.jp/event/omce16report

4月19日(水) 緩和治療科受診

  • 2017年04月19日

前回は12月だったので4か月ぶりの受診です。

おおむね3か月ごとに画像を撮ることが多いので、新しい画像データが出た時や、何か変わったことがあった時に報告や相談のために受診していたのですが、最新のCTを撮ったのが2月28日。いつもどおりなら3月下旬に受診するところですが、年度末・年度始めで仕事が繁忙期。あまり仕事を休みたくないので今日になりました。
予約の電話を入れたのは3月で、既に咳・痰が酷くなっていたのを説明すると、電話に出てくれた看護師さんが「症状があるのにそんなに先で大丈夫ですか」と心配してくれました。でもやむをえません。

予約時間は10時45分ですが、なるべく早く終わらせたいので早めにチェックイン。外来受付で画像CDを渡して保険証の確認もしてもらいます。診察前の問診をタブレットで入れることになったようで、2階へ移動して入力を済ませ、待ち合いで待つこと1時間余り。中待合いに呼ばれたのは11時過ぎでした。

診察室に呼ばれたのは、更に10分ぐらいしてからだったでしょうか。報告事項は以下のとおり。
・転院はスムーズに問題なくできたこと。
・12月以降、腫瘍マーカーに大きな変化はないので、フェソロデックス&ランマークを継続していること。
・1月下旬から咳・痰が出てきていること。
・2月28日にCTを撮ったが、その後のレントゲンで気になる所見があったため、5月2日にまたCTを撮る予定であること。
・咳・痰の対処としては、ムコソルバンL、カルボシステイン、フスコデ配合シロップを処方してもらっているということ。
などなど。

姑息的放射線照射についても尋ねてみましたが、効果の予測が難しいので、下手をすると呼吸困難が進んでしまうことも。そのようなリスクを冒してまでやるメリットは期待できないだろうとのことです。

主治医が乳腺外科医から元呼吸器内科の腫瘍内科医に変わったこともあり、咳・痰の対処について緩和のドクターは「○○先生なら大丈夫でしょう」と全幅の信頼を置いている様子です。
薬剤変更の候補薬についても、私の心づもりを話すと「それでいいと思います」と言ってくれました。
結局、4か月間の状況報告をしただけで終了しました。