記事一覧

1月25日(木) 受診、イブランス再開

  • 2018年01月25日

これまでの診察予約時間は10時半だったのですが、今日の予約はなぜか9時半になっています。本来、早い時間は点滴をする患者さんを優先するはずなのですが、なぜ早くなったのかは謎。早く終わらせたい私としては好都合なので、そのまま診察1時間前の8時半を目指して家を出ます。
しかし、またもや電車のダイヤの乱れで病院到着は8:46。ただし、採血もレントゲンも超早く進み、20分後には腫瘍内科の外来受付ができました。
これまでどおりだと、1時間ほど待って血液検査の結果が出るころに「中待合へ」の表示が出るのですが、待合の長椅子で30分程待っていると看護師さん登場。簡単な事前問診と検温を行いました。そういえば先週も看護師さんの事前問診があったなぁ。一応イブランスは抗がん剤ということになるので、このような対応なのでしょうか。

その後の待ち時間もあまりなく診察室へ。もう2週間も休薬しているし、先週も受診したので、報告するようなことは何もありません。今日の白血球は5000を超えていたので、予定通りイブランスの2サイクル目に入ることになりました。これで好中球減少が再度1000を切るようなら、次からは減量することになります。
腫瘍マーカー(CEAとCA15-3)はこれまでと同様に微増。レントゲンの画像もやや増大。イブランスの恩恵はまだ無しです。
ドクターが検温しようとするので、「さっき看護師さんが計りましたよ」と言うと、「まだ(電子カルテに)入力されてないなぁ」と言いながら、私が「36度台の真ん中ぐらい」と言うと「じゃぁ36.5」と言いながら入力。アバウトやなぁ。
今日の注射を入力し、院内処方を入力し、次回の受診予約を入力してドクターの診察は終了です。

診察室を出ると中待合の椅子がふさがっているので、受付前の長椅子へ移動。すぐに看護師さんが現れて処置室へ移動。そこでポートフラッシュとランマークの注射とフェソロデックスの注射をしてもらうのですが、今日のフェソロの注射はやけに痛かったです。どうやら痛点に当たってしまったらしく、そのままだと薬の注入が難しいので刺し直し。とほほ。夜まで痛かったです。
注射が終わり、会計が終わったのは10時半過ぎでしたが、そこから薬が出るまで30分ほど待たされてしまいました。それでもいつもの受診よりは早く終了。

次回は2月8日(木)の予定。なぜか診察予約時間はさらに早く、9時になっていました。

第12回がんサバイバーシップ オープンセミナー

  • 2018年01月24日

ファイル 295-1.png

国立がん研究センター中央病院アピアランス支援センター
臨床心理士 藤間勝子
「アピアランスケアって何だろう?
~がん患者の外見ケアを考える~」

アピアランスケアとは、外見のサポートを通じて患者のQOLを向上させる取り組みですが、女性がん患者が、ウィッグやネイル、化粧など、おしゃれを楽しむことによって元気になるというイメージが広がってしまった。
しかし、本来の目的は Beauty ではなく Survive 。年齢・性別・症状の多寡にかかわらず、医学的・整容的・心理社会的支援を用いて、外見の変化を補完し、外見の変化に起因するがん患者の苦痛を軽減するケアと言える。

思い込みや、誤った情報による障害も多いので、自分が心地よいと感じられるかどうかが重要なポイントのようです。

1月18日(木) 今年2回目の受診

  • 2018年01月18日

本来であれば3週間服用し1週間休薬で4週1サイクルのイブランスですが、いきなり好中球が1000前後になってしまったので、3週目から休薬となってしまい、1週間後に再度血液検査をすることになり、本日がその受診日です。
受診予約時間は9:30になっているので、採血をその1時間前に受けられるよう家を出ましたが、電車のダイヤが乱れていてチェックインは8:49、それでも採血は空いていて9時ごろには外来待合へ。ちょうど診察が開始され、次々と中待合へ患者さんが呼ばれ始まった時間でした。

しばらくすると看護師さんが登場。簡単なリサーチと体温測定。そして中待合→診察と進みます。
血液検査の結果は通常よりも低い数字ではありましたが、V字回復と言ってもいいぐらいの1600超の数値になっていてひと安心。来週の数値にもよりますが、発熱も他の副作用もなかったし、2サイクル目は通常通り始められそうです。

会計が終了して病院を出たのは10:30で、会計は320円也でした。
次回の受診は1月25日(木)です。

1月11日(木) 今年初めての受診、いきなり休薬

  • 2018年01月11日

12月28日にイブランスを処方してもらってから2週間、きちんと毎日1カプセルを服用し、今日は副作用チェックの血液検査と、残りの服用期間分の処方をしてもらうための受診です。

診察予約時間は10時なので、その前の血液検査の分を織り込んで、いつもどおり朝ドラを見てから家を出ます。ただ、今日はめずらしく1日仕事を休むことにしたので、少しぐらい遅れても問題なく、のんびりです。
電車のダイヤの遅れがあってチェックインは9:18。年末の最終受診日は意外に空いていたのですが、今日の院内はいつもより混んでいる感じ。採血も待ち時間は倍ぐらい。外来の受付をしたのは9:40。待合の長椅子で1時間近く時間がたったころ「〇〇さん」と私の苗字を呼ぶ声が。めったにないシチュエーションで、しかも私の苗字はありふれているので、まさか自分が呼ばれていたとは思わず、フルネームを呼ばれて初めて自分のことだとわかりました。(実は前にも他の診察室から苗字を呼ばれたことがあって、自分が呼ばれたかと思ったら人違いだったことがあるのです。)気づけば、私を呼んでいたのは2週間前にイブランスの服薬指導をしてくれた薬剤師さんでした。
診察室のエリア内にある化学療法相談室なる部屋で副作用等のヒアリングがありました。
申告した副作用は軽い下痢2回、指先の異常(乾燥?)、歯ぐきからの出血1回といったところ。発熱等はありません。血液検査の結果がすでに出ているようで、白血球はかなり下がっている模様です。薬剤師さんとしても初めて扱う薬なので、リサーチも必要のようです。
5分程ヒアリングを受けて相談室を出ると、ちょうど「中待合へ」の表示が出ています。しかし、中待合の椅子が満席になっているので、診察室の入り口が見える待合の長椅子で待つことにしました。
その後、中待合の椅子に空きが出たので移動。診察室に呼ばれたのは、11:20ごろでした。

今年最初なので、一応「あけましておめでとうございます!」とあいさつをし、患者用の椅子に座ります。既に薬剤師さんのヒアリングの情報はドクターの耳に届いているようですが、改めて副作用の内容を報告。体感できる副作用はほとんど大したことのないものですが、血液検査の結果は意外というか、案の定というか、骨髄抑制がかなり強く出ているようでした。
ファイル 292-1.gif
イブランスの添付文書情報(上記)によれば、好中球数が減少すると、その程度に応じて投与量を減量するようですが、その基準に当てはめるとGrade2とGrade3の中間の数値のようです。
Grade定義表はこちら↓
http://www.jcog.jp/doctor/tool/JCOG_kyouyoukijunnchi-CTCAE.pdf
機械で測った値はGrade2のかなりGrade3に近いところで、目視で測った評価はGrade3だそうです(具体的な数値はコピーをもらい忘れ…)。ということで、当面は休薬することになりました。そして1週間後に再度血液検査をし、その値によって次のサイクルの分量を決めることになりました。
私はFECの時も白血球、好中球がかなり下がってフィルグラスチムを打ち、結局毎週通院することになったのですが、それと似たような状況になりそうです。とほほ。(^^;
感染症にはこれまで以上に気をつけなければならないし、発熱があったら抗生剤で対応するよう、クラビットを処方してくれました。

ということで、次の受診日は1月18日(木)です。

12月28日(木) 受診、いよいよイブランス開始

  • 2017年12月28日

今日は仕事納めですが、病院も最終日。いつもの時間に家を出て、少し速足で駅へ向かうと、いつものより速い電車に乗れ、病院に着いたのは9時3分。最終診察日のせいかやや空いている感じで、採血→レントゲンとするすると進みます。レントゲンについては、先月の診察の際にドクターのオーダー漏れがあったのですが、伝言しておいたおかげか、今日はちゃんと予約が入っていました。9時半には腫瘍内科の受付も終了です。
いつもはここから1時間ほど待つので、本を読んだり、トイレに行ったりしているのですが、なんと40分ほどで中待合への案内が。それから10分もしないうちに診察室に呼ばれました。早い!
4週間の間の様子は「変わりないです」と報告し、PET-CTの結果を見ると、右肺はそれなりに集積が大きく写っています。SUVmax=11.7、大きさは8センチぐらい。胸骨も集積あり。ほかに右下位肋骨、右坐骨結節付近にも異常集積ありです。その他の所見は特になし。まぁ、ある意味、これまでとほぼ同じで、若干増悪しているかなぁという程度です。
腫瘍マーカーも、CEAが59.2から61.7に増、CA15-3が37.8から37.7に微減という状況。症状は特に変化なし。ということで、今月もフェソロデックスとランマーク継続です。
イブランスは端末で確認してみると処方可能になっているので、院内処方で今回から飲むことになりました。ただし、発売されたばかりの薬は2週間分しか出せず、また2週間後に血液検査もして受診することになりました。

いったん診察室を出て少し待つと、クラークさんが処置室に案内してくれて、そこでさらに少し待ちます。
看護師さんが登場して、ポートフラッシュ、ランマーク、フェソロデックスと注射。そのあと、薬剤師さんが登場し、イブランスの副作用や注意事項などを説明してくれました。薬剤師さんもこの薬を使うのは初めてだそうです。
血液検査のプリントをもらい忘れてしまったので、受付に書類を出す際に申し出て、印刷してもらいました。

最後に自動支払機で会計をするのですが、金額は144,750円也。院内処方なので健康保険の限度額認定証を使えば支払いは少ないのですが、他院で支払ったPET-CTの分と合わせるには、やはり自分で書類を出す必要があります。どうせクレジットカード払いだし、ポイントも貯まるし、近々保険証も変わる可能性があるし、今までどおり毎月申請書を出して還付してもらうことにします。
次回の診察日は1月11日の予定です。

最終日の職場には12時半ごろに到着し、それから午後5時までばたばたと仕事を片付け、そのあと女4人でワインの酒場(ディプント)で忘年会をしました。
来年もよろしくね。

第15回サバイバーシップを語り合う公民館カフェ

  • 2017年12月20日

ファイル 289-1.png

今回のテーマは
「医療者とうまく付き合うコツとマナーとは?」
~発信・行動・可視化を通してがん経験を活かす~

18:30~19:15が鈴木信行先生をスピーカーとしたレクチャー。
鈴木信行さんは、患医ねっと代表でペイシェントサロン協会会長。精巣がんの罹患経験と、StageⅣの甲状腺がんと付き合っているがんサバイバーです。
19:20~20:00がお茶タイム。グループごとに患者として工夫していることやこんな工夫があるなどの意見交換を行い、そのあと、各グループの話し合いの内容を発表しました。
私の入ったグループは7人のうちがん患者は3人。その他はコメディカルや製薬会社のかたでした。

初めてのクリニックでPET-CT

  • 2017年12月12日

今日はPET-CT検査です。
昨年までは治療に通っていたクリニックにPET-CTがあったため、年に2回ぐらいは受けていましたし、土曜日に検査を受けてその日のうちに結果を聞くこともできましたが、今年1月に転院した病院にはPETがありません。そこで、病院近くのクリニックでPET-CTの検査ができる施設に検査依頼をし、検査だけそこへ受けに行くことになります。
11月30日の受診日に朝一番で検査できる日を予約してもらい、その後に自宅へ送られてきた問診票等を持参し、1時間ちょっとかけてクリニックにやってきました。どうやらここは検査に特化したクリニックのようで、通常の診療は行っていないようです。
受付は昨年まで通っていたクリニックと同じように、病院らしくないカウンターで、土地柄もあってかスペースもゆったりしています。
受付の後は、まるでベルトコンベアーに乗せられたように、着替え、問診、注射、待機、撮影と進んでいきます。PET-CT自体はもう10回ぐらい経験しているので、特に迷うことはありません。撮影の際に仰向けになると咳が出やすいのですが、なんとか無事に撮影終了。終了後の待機はなく、そのまま着替え→会計と進み、受付後2時間で終了しました。
結果は12月28日の診察時に主治医から聞くことになります。

後からこのクリニックのWebサイトを見て気づいたのですが、なんと平日でなくても検査可能と書いてあるではないですか。だったら休みの日にすればよかった。残念。

第11回がんサバイバーシップ オープンセミナー

  • 2017年12月05日

「リンパ浮腫とのつきあい方」

がんサバイバーシップ支援部研究員 土屋雅子
 リンパ浮腫とQOL・セルフケア継続のコツについて心理学的にお話します
中央病院 看護師長 鈴木牧子
 リンパ浮腫とのつきあい方

私は18年前にレベル3までリンパ郭清しているものの、リンパ浮腫にはならずに済んでいます。ただ、患者仲間には何人も発症している人がいるし、これから発症するリスクも無いとは言えないので、受講することにしました。
リンパマッサージが最近保険適用になったらしいので、その情報も得られるかなとの期待もありましたが、内容的にはほぼこれまでの知識の範囲。残念ながら新たな知見は得られませんでした。

リンパ浮腫の予防のために、日常生活のなかで禁止するようなことは基本的にはないが、セルフケアが重要であること。セルフケアとは、観察が第一であること。疲れたら休める、これまでと異なる感覚があれば、すぐに医療的な相談をすること、患部を酷使しないということ。ただ、一口に重いものを持たないようにといっても、何キロという目安はない。個人差もあるし、科学的に何キロ以上はNGというエビデンスはない。万が一発症したら初期兆候を見逃さずに、悪化させないことが重要だそうです。

11月30日(木) 受診、フェソロデックス、今月も継続(15クール目)

  • 2017年11月30日

11月22日に正式にイブランスが薬価収載されたので、ひょっとしたら薬剤追加もありうるかなーという感じの受診日です。
いつもと同じ時間に家を出たら、今月も電車のダイヤが乱れていて、逆に意外に早く9時8分に病院到着。
採血→レントゲンもするすると進み、腫瘍内科の外来受付をしたのは9時半でした。それからは血液検査の結果待ちなので、おおむね1時間は待つ予定。本を読んだりトイレに行ったりしていると10時15分ごろに「中待合へ」の案内表示が出ました。早いです。診察室に呼ばれたのは10時半ごろだったでしょうか。

「おはようございます」と入室して荷物を置き、患者用の椅子に座ると、まずは1か月の状況報告。まったく変化はなしです。咳も痰も特に多くなっていないし、痛みや炎症や困った症状もなし。血液検査の結果は相変わらず微増。以前はCEAとCA15-3がバラバラに反応(CA15-3のほうが感度が低く、かつ遅れて反応)していましたが、最近はほとんど同じ傾向で上下しています。とはいえ、半年前と比べて4割増し、1年前と比べても2倍弱というスローペースの増加なので、まだまだフェソロデックスは継続しそうです。
レントゲン画像も1か月前だとほんとんど違いが判らないので、ディスプレイに4か月分をまとめて表示してくれましたが、それでも「ちょっと大きくなったかなー」という程度。しかも、大きくなっているのは無気肺の範囲なので、実際の腫瘍径はどのぐらい成長しているかは不明。
ということで、かねてから懸案のPET-CTをやることにしました。
この病院は院内にPET-CTがないので、PETを所有している近所のクリニックで検査することになります。ドクターがその場でクリニックに電話を入れて受診日を予約。12月12日になりました。
そして次回の受診は4週間後の12月28日。イブランスは今日はまだ院内の手続きが済んでいないので、来月からということになりました。私のようにフェソロデックス継続中に途中からイブランスを追加するというのは添付文書の使用方法どおりではないのですが、それは問題ないようです。この病院は治験には参加していなかったそうで、これまでイブランスを処方したことはないとのこと。ドクターも使うのが初めてだそうです。「私のような状況でイブランスを追加することについてどう思いますか」と聞いてみたら、即「使ってみたい!」とのお返事。ドクターも興味深々といったところです。ドクターの受け持ち患者の中では、イブランス適応になるのは今のところ私の他にはいないようです。たまたま私の周りには、適応になりそうな患者仲間が何人もいるのですが・・・。
イブランスを使うのであれば、使用前・使用後の比較対照のために画像を撮っておきたいということで、来月はいつもどおり採血もレントゲンもやることになりました。
去痰薬の院外処方をしてもらって、今日の血液検査の結果を印刷してもらって、診察は終わりです。なんだか随分長話をしてしまいました。
再び中待合で少し待つと処置室へ案内され、ポートフラッシュ、ランマーク注射、フェソロデックス注射をしてもらいます。
終わって書類を提出し、計算ができるのを5分ほど待つ間に受け取った次回の予約票を確認すると、なんとレントゲンのオーダーが入っていません。またもやドクターの入力漏れの模様。受付に申し出るとクラークさんが確認してくれて「この後すぐにドクターに入力してもらいます」とのこと。やれやれ。
こんなことをしている間に計算が終わったようで、自動支払機で会計を済ませると、12時前には病院を出ることができました。

OMCE第23回 がんに対する補完代替療法

  • 2017年11月22日

がん医療セミナー ONCOLO Meets Cancer Experts2017

『がんに対する補完代替療法』
大阪大学大学院医学系研究科 統合医療学寄附講座 准教授
大野 智 先生

今日はひとりで参加しました。
大野先生のお話は昨年8月の公開第15回かながわ乳がん市民フォーラムで聞いているので、ほぼ同じだろうなと思っていたのですが、講義時間が十分にあったためか、なかなか充実した内容でした。
厚生労働省の「統合医療」情報発信サイトは、かなり役にたちそうです。
http://www.ejim.ncgg.go.jp/public/index.html
このサイトの中に情報の見極め方という解説があるのですが、これは統合医療に限らず、医療情報を判断するうえでの基本としてしっかり身に着ける必要がありますね。

どんな選択をするかは、最終的には個人の価値観が決めることになりますが、その大前提として、正しい情報を正しく理解する必要があります。これがとても難しい。しかも、医療は不確定要素が非常に多いうえに、人間の価値観は時と場合によって変化するために、最後まで「これで良かった」と思えるような選択をするのは、本当に難しいです。