記事一覧

新しいホルモン療法薬

  • 2011年11月25日

閉経後乳がんに対する乳がん治療薬「フェソロデックス筋注250mg」(一般名:フルベストラント)が、9月26日に厚生労働省より製造販売承認を取得し、11月25日から販売開始されました。

既存のホルモン療法薬は、卵巣機能を抑制してエストロゲンの分泌を抑えるもの、エストロゲンが腫瘍のエストロゲン受容体にくっつくのを阻害するもの、アンドロゲンがエストロゲンに変化するのを阻害するものなどがありますが、フェソロデックスはエストロゲン受容体におけるエストロゲンの活性阻害に加え、腫瘍内のエストロゲン受容体を減少(ダウンレギュレーション)させることによってエストロゲンのシグナル伝達を遮断し、エストロゲン受容体を介した腫瘍増殖経路を阻害するそうです。

腫瘍細胞は時間とともに薬剤耐性を獲得し、次第に薬が効かなくなりますが、フェソロデックスの作用機序は薬剤耐性を減らす可能性が期待されています。そのため、閉経後術後内分泌療法での再発乳がん、内分泌療法が無効あるいは効果が得られなくなった進行乳がんの新しい治療選択肢となります。

フェソロデックス筋注250mg製品概要

販売名: フェソロデックス筋注250mg
(英語表記 FASLODEX intramuscular injection 250mg)
一般名(JAN): フルベストラント
効能・効果: 閉経後乳癌
用法・用量: 通常、成人には本剤2筒(フルベストラントとして500mg含有)を、初回、2週後、4週後、その後4週ごとに1回、左右の臀部に1筒ずつ筋肉内投与する。
製造販売承認日: 2011年9月26日
製造販売元: アストラゼネカ株式会社
発売元: アストラゼネカ株式会社

腫瘍壊死因子アルファ(TNF-α)の2面性

  • 2011年06月23日

昨日、NHKのためしてガッテンで歯周病と糖尿病のびっくりするような関係の話を知ったので、歯周病治療を続けている私としては、少々深く勉強したほうがいいかしらん?と、いろいろググってみた。

…で、さらに驚く知識を学んだ。
歯周病菌が多いと、それに反応してマクロファージが出す物質(サイトカイン)が、インスリン阻害物質でもあり、歯周病が進行すると糖尿病も進行するという悪循環に陥るという。そのサイトカインを調べてみると、腫瘍壊死因子アルファ(TNF-α)という物質であることが判明。「腫瘍壊死」という名称に???となって調べてみたら、以下のような記事を発見した。
http://blog.goo.ne.jp/kfukuda_ginzaclinic/e/f01fc0408b716c98e1b7a8ff508a6cc2

要するに、良い作用も悪い作用もあるので、うまくコントロールしないとドツボにはまるということらしい。

特に「がんに効くと宣伝されているサプリメントの多くが、マクロファージを活性化して、がん細胞に対する免疫力を高めることを強調しています。しかし前述のように、がん患者において、TNF-αの体内での産生を高めることは、良い面と悪い面の2面性があるので注意が必要です。」という指摘には、「やっぱりサプリメントはリスクが大きい!」と納得してしまいました。

公開第10回かながわ乳がん市民フォーラム

  • 2011年05月24日

今年も「公開かながわ乳がん市民フォーラム」が開催されます。
今年のテーマは「乳がんになってからの私~変わったこと 変わらなかったこと~」です。

■日時:2011年8月6日(土)午後1時~4時(開場12時30分)
■会場:パシフィコ横浜 会議センター メインホール
■参加費:無料

詳細・申し込みは
http://new.life.coocan.jp/forum2011/

ザンクトガレン2011の内容

  • 2011年05月21日

ザンクトガレン2011の報告は以下で見られます。

■ザンクトガレン乳がん国際会議 コンセンサス会議報告会
http://vimeo.com/22797570

■すぐに役立つ!ザンクトガレン2011
http://www.oncoinsight.jp/stgallen2011/index.html

とんでもウツ対策-その2- ガムをかむ

  • 2011年03月06日

2011年2月9日放送のNHKためしてガッテンでやっていたのが、噛むという刺激が脳を活性化させるというもの。
歯の根っこにある歯根膜というものへの刺激が脳に伝わり、脳の活性化につながるらしい。記憶力や感覚の活性化だけでなく、意欲も活性化させるとのこと。
これもダメもとでやってみて損はなさそう。
さっそく、シュガーレスガムを買ってきて時々噛むことにした。

とんでもウツ対策-その1- 牛肉を食べる

  • 2011年03月06日

うつ病ってほどじゃないけど、抑うつ状態がしばらく続いたとき、何か対策はないかと色々考えた。
随分前のテレビ番組で見た「牛肉を食べると幸せな気分になる」という情報を思い出し、ネットで調べてみる。
牛肉には、「脳」を活性化する働きがあるらしい。牛肉に含まれる「アラキドン酸」という脂肪酸に、脳を活性化する作用があるとのこと。
また、牛肉に豊富に含まれるアミノ酸のトリプトファンから生成される「セロトニン」が、精神を活性化し、充実感や幸福感を味わえるそうな。
美味しくって、幸せな気分になれるなら、ダメもとでやってみても損はないよね。

「切らずに乳がん治療」の実態

  • 2010年10月03日

今日の朝日新聞に、こんな記事が掲載された。
http://www.asahi.com/national/update/1002/TKY201010020288.html

私のホームページあてにも、ときどき「ラジオ波の手術を受けたいけど、どうか」という相談メールが来ることがある。
非浸潤がんで乳腺内進展がかなり広範囲にあり、他の病院で全摘といわれた人が、某クリニックで「ラジオ波で手術できる」と言われたという話も聞く。

もともと乳がんの初期治療は選択が難しい場合がある上に、乳がんと診断されたばかりの患者に、冷静で適切な判断を求めるのは限界があるかもしれない。しかし、現在の医療はまだまだ不確実な部分が多く、ハイリターンを求めるならハイリスクを覚悟する必要があるということ、どんな治療にもリスクはあるので、それをきちんと確認し理解することは必要だろう。

薬の飲み忘れ防止策

  • 2010年09月04日

飲み薬をきちんと飲み続けるのって、結構大変。インフルエンザで1週間ぐらい飲むならともかく、エンドレスに飲む場合も多い治療では本当に大変だ。

かつてLH-RHアゴニスト2年間が終了したあとに、「この後、補助治療としてタモキシフェンを飲みますか?」と主治医に打診されたことがあった。その時は、それほどリスクは高くなかったし、飲み薬は絶対に忘れる自信があったので、タモはやらないことにしたのだ。

今回は、マジで飲み忘れないように頑張らなければならない。
ホルモン療法の飲み薬を5年も10年も飲んでいる患者仲間は多いので、聞いていると、みんなも良く忘れるとのこと。飲み忘れるだけでなく、今朝飲んだかどうかわからなくなるらしい。

ある人が、いい方法を教えてくれた。
薬をもらったら、薬のシートの上1個ごとに日付を書く。30日分もらったら、1、2、3と日付と同じ番号を書いておく。そうすると、その日に飲んだかまだ飲んでないか一目瞭然。
この話を聞いてすぐに実践し始めたが、それから1か月以上、今のところ飲み忘れはない。

肺がんの基本情報収集サイト

  • 2010年06月20日

肺がん疑いとなっていろいろ情報収集しましたが、初心者が基本的な知識を収集するサイトとして信頼できるのは、以下のところだと思います。

■がん情報サービス(国立がん研究センターがん対策情報センター)
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/index.html

■がんに関する情報(癌研究会)
http://www.jfcr.or.jp/gan_knowledge.html

■がん情報サイト(文部科学省委託事業)
http://cancerinfo.tri-kobe.org/

ページ移動