記事一覧

OMCE第23回 がんに対する補完代替療法

  • 2017年11月22日

がん医療セミナー ONCOLO Meets Cancer Experts2017

『がんに対する補完代替療法』
大阪大学大学院医学系研究科 統合医療学寄附講座 准教授
大野 智 先生

今日はひとりで参加しました。
大野先生のお話は昨年8月の公開第15回かながわ乳がん市民フォーラムで聞いているので、ほぼ同じだろうなと思っていたのですが、講義時間が十分にあったためか、なかなか充実した内容でした。
厚生労働省の「統合医療」情報発信サイトは、かなり役にたちそうです。
http://www.ejim.ncgg.go.jp/public/index.html
このサイトの中に情報の見極め方という解説があるのですが、これは統合医療に限らず、医療情報を判断するうえでの基本としてしっかり身に着ける必要がありますね。

どんな選択をするかは、最終的には個人の価値観が決めることになりますが、その大前提として、正しい情報を正しく理解する必要があります。これがとても難しい。しかも、医療は不確定要素が非常に多いうえに、人間の価値観は時と場合によって変化するために、最後まで「これで良かった」と思えるような選択をするのは、本当に難しいです。

第55回キャンサーボード勉強会

  • 2017年11月21日

ファイル 281-1.png

日本医科大学武蔵小杉病院にて
『がん医療における患者・家族-医療者間のコミュニケーション:標準治療後の療養について話し合う』
国立がん研究センター社会と健康研究センター
藤森麻衣子先生

標準治療後の療養という文言から想像していたイメージとは異なり、延命等を目指す抗がん剤治療中止後の終末期の療養という意味でした。
要するに、最初のがん告知、再発・転移、積極的治療の中止などのBAD NEWS(悪い知らせ)を伝える際に、患者は医師に対してどのようなコミュニケーションを望んでいるのか、どうすればより良いコミュニケーションがとれるのかなどのお話でした。

新カテゴリ

  • 2017年11月01日

この日誌、主に受診の記録になってしまっていますが、せっかくなのでがん治療関連の勉強会に参加したことも書いておこうと思い立ち、新しいカテゴリ「勉強会・イベント等」を作りました。
http://new.life.coocan.jp/risumin/diary/diary.cgi?field=14
過去の分は憶えているもののメモのみになりますが、遡って追加してみようと思います。

OMCE第22回 日本と世界の緩和ケアの違い

  • 2017年10月27日

がん医療セミナー ONCOLO Meets Cancer Experts2017

『これからの緩和ケア』
埼玉医科大学病院 総合診療内科 教授
岩瀬 哲 先生

患者仲間のEさんと一緒に参加。
感想は・・・、うーん、聞かなくても良かったかなぁというカンジ。

第54回キャンサーボード勉強会

  • 2017年10月17日

ファイル 253-2.jpgファイル 253-1.jpg
日本医科大学武蔵小杉病院にて
『がんサバイバーへのLifestyle intervention(ヨガ、運動、肥満改善・予防)』
東海大学医学部乳腺内分泌外科准教授
新倉直樹先生

自称・晩期再発4姉妹で参加。久々に得るものの多い勉強会でした。
先々週のNCCオープンセミナーで聞いた食事の話とかぶるところもありましたが、それぞれのアプローチで同じ話が聞けたので、内容の信頼度もぐっと増します。
やっぱりヨガは良いらしい。補完代替療法も、こういう方面の研究をきちんとやってほしいですね。

ちなみに、晩期再発4姉妹は、長女Gさん、次女Fさん、三女Eさん、四女リスミンです。

第10回がんサバイバーシップ オープンセミナー

  • 2017年10月04日

「食とこころの健康~魚油を中心に」
国立がん研究センター社会と健康研究センター健康支援研究部長
松岡 豊先生

がんの初期治療後の経過に関わる因子としては、各人のもともと持っている体質(宿主因子)や、そもそもどんな治療をしたか、それぞれの腫瘍の性質(腫瘍因子)などがありますが、唯一、患者が努力して変えられる因子として健康行動、つまり食事・運動等が挙げられるそうです。
また、非感染性疾患の最大の危険因子は食事とも言われています。

欧米では、食事の質と死亡リスクとの関係を調べた臨床試験もあるそうです。
それによると、健康的な食事で死亡リスクが低下するそうです。
お勧めは、オメガ3系脂肪酸を摂取すること。それには、魚食を多く摂ること。エゴマ、亜麻仁、チアシードなどを日常の食生活に取り入れること。果物、野菜、全粒穀物を増やすこと。外食回数やファストフードを減らすこと。
魚食やオメガ3系脂肪酸は、うつ病のリスクも下げるそうです。

OMCE第21回 信頼できるがん情報とは?

  • 2017年09月26日

がん医療セミナー ONCOLO Meets Cancer Experts2017

『信頼できるがん情報とは?』
国立がん研究センター中央病院 呼吸器内科
後藤 悌 先生

どうして「がん情報」に危険が潜んでいるのか?
・病気は同じでも、それぞれの経過をたどる
・各人の価値観が問われる
・医師の取り組みが少ない
 -情報を分かち合ってこなかった
 -広告が規制されている
・規制が不十分
 -薬機法・再生医療法
・有効だが高い治療が、日本では保険診療ではないという誤解

第14回サバイバーシップを語り合う公民館カフェ

  • 2017年09月22日

「ハザマ世代のがん」

スピーカーは腫瘍内科医の杉山絢子先生で、ハザマ世代とは、およそ40歳から50歳代(60歳未満)をいうらしい。
後半はテーブルごとにディスカッションを行いました。

セミナーの詳しい内容は、以下のページから報告書を見ることができます。
https://www.ncc.go.jp/jp/cis/divisions/05survivor/05survivor_05.html

第53回キャンサーボード勉強会

  • 2017年09月19日

ファイル 254-1.png

日本医科大学武蔵小杉病院にて
『大学における腫瘍内科学の確立と、がん薬物療法の課題』
昭和大学医学部内科学講座 腫瘍内科部門教授
佐々木康綱先生

医大や大学病院内での各診療科の守備範囲は一律ではない模様。
後半はBiomarkerの話題で、特定の酵素の有無や遺伝子変異の違いによって効く薬剤が違ったり、効き方に差が出たりするとのこと。
2010年に誕生したエリブリン(ハラヴェン)はいわゆる抗がん剤としては最後のものだとか。確かに、それ以降は分子標的薬ばかりのような気がします。

第9回がんサバイバーシップ オープンセミナー

  • 2017年09月08日

「知っておきたい!がんリハビリテーション」

慶應義塾大学病院 腫瘍センター リハビリテーション部門
辻 哲也先生

脳血管障害等に比べて、がんのリハビリはこれまであまり注目されてきませんでした。しかし、治療開始前に予防的に行うもの、治療による機能障害や筋力・体力の低下からの回復を図るもの、がんの進行等によって進行する機能障害から機能の維持・改善を目指すもの、進行がん・末期がんの患者に対して緩和やQOLを保つことを目的とするものと、それぞれの場面で介入する余地があるようです。