記事一覧

4月9日(土) 受診

  • 2016年04月09日

4週目は温泉に行ったので、今回は前回受診から5週間目の受診&ゾレドロン酸点滴です。

実は昨夜急に思い立って、受診後は上越高田に日帰り花見に行くことにしました。クリニックから直行の予定です。そのため、ちょっとウキウキ気分で家を出ます。駅までのバスもすぐ乗れて、受け付け開始の5分前にはチェックイン。採血は順調に済みましたが、診察室に呼ばれるまではちょっと時間が空いたので、待ち合いロビーでNHKの週刊ニュース深読みを視聴。私の受診サイクルはすいている土曜日が多かったのですが、今日は患者さんが多く、化学療法と思われる人も次々と待合いロビーに入ってきます。診察室に呼ばれたのは私が1番目だったようですが、時間は9時10分ぐらいになっていました。
診察では今日は話すことはほとんどありません。熱も出なかったし、咳などの症状も出ていないし、血液検査の結果も良好です。
次回の受診予定を5週間後に決めて「じゃぁ、このときにCTの予定を決めましょう」とドクター。「え?先月は4月の受診のときに検査予約を入れましょうって言ってましたよ」と私が言うと、次回の受診予定日に検査も一緒にやることになりました。
ということで、次回は5月14日です。
最後にポートに針を刺してもらい(ちょっと痛かった)、診察室から化学療法室に移動。リクライニングは6番でした。ゾレドロン酸の点滴が30分弱、生食が15分ぐらい。着替えをして会計に向かったのが10時15分。クリニックを出たのは10時半ぐらいで、約2時間の滞在でした。

次回の受診は5月14日(土)の予定です。

3月5日(土) 受診

  • 2016年03月05日

午前7時40分ごろに家を出発。すぐバスが来たので乗って駅まで10数分。駅からはJRでも行けるのですが、地下鉄だと乗り換えなしなので地下鉄に乗ります。地下鉄の駅からは約5分。クリニック到着は8時25分ごろでした。

受け付けで診察カードと保険証を出し、少々待つとブルーファイルを渡してくれてスタートです。
2階で採血してから6階へ。今日の採血は痛みがまったくなく、とてもお上手でした。
6階ではロッカー室で上だけ検査着に着替えてから待合いロビーで本を読みながら待つことにしました。今日はとても患者さんが少なさそう。待ち合いには2人ぐらいしかいません。私の主治医の診察室に呼ばれたのは私が1番だったようで、9時少し過ぎでした。
このところはchemoの副作用もすっかり無くなり、体調はすこぶる良好です。屈んだ時に右の腰あたりが少し痛むぐらいで、相談や報告することは何もありません。今日の血液検査も特に問題なし。先月の腫瘍マーカーとホルモン値の結果が出ていましたが、腫瘍マーカーは特に変化なし。ホルモン値はおおむね閉経状態ということ。次回の予約を5週間後の4月9日(土)にしてもらい、トレミフェン120mgと去痰薬2種類を40日分処方してもらいます。4月の受診のときに次のCTの予約を入れましょうということになりました。最後にポートに針を刺して終了です。

化学療法室も誰もいません。先月に引き続きリクライニングは2番。ここでも本を読みながらゾレドロン酸の点滴を受けます。
終了して針を抜いて、着替えをして、次は会計・・・と思ったら、ロッカールームに看護師さんが現れ、なんと最後の生食を流すのを忘れていたとのこと。どうやら主治医のオーダー漏れのようです。
再度着替えて化学療法室に戻り、そこへ主治医が現れて謝りながら針を刺し、生食を50cc。腕からの点滴の際にはゾレドロン酸のみで良いそうなのですが、ポートのときには最後に生食を流すのだそうです。ドレーンに薬が溜まったままにしないためでしょうか。そういえば先月は生食を流したので、私も針を抜く前に言えば良かったのですが、生食のフラッシュ有りが正しいのか、無しが正しいのか良くわからなかったので、結局2回も針を刺す羽目になってしまいました。ふぅ~。
受診終了後に友人と待ち合わせているのですが、予定より少し遅くなってしまいそう。メールで連絡します。

次回の診察は4月9日(土)の予定です。

2月6日(土) 受診

  • 2016年02月07日

前回の受診から2週間ぶり。今日はしばらく中断していたゾレドロン酸点滴の再開の日です。
以前にゾレドロン酸を点滴していたときは9時半ぐらいにチェックインしていたのに、何故かアブラキサンやFECのときと同じ8時半の予約になっています。「まぁ、いいか」という感じで8時25分ごろクリニック到着。

8時半になると受け付けのかたがブルーファイルを渡してくれてスタートです。
まず2階へ行って採血。その後6階へ。chemoのときと違って血圧測定や身長体重測定はありません。でも以前と異なりCVポートからの点滴になるので、更衣室に行きます。上だけ検査着に着替え、荷物をロッカーに入れて待合いロビーへ。

診察に呼ばれたのは9時10分過ぎぐらいでしょうか。2週間の間に変わったことはないので、次回までの30日分の薬を処方してもらい、ポートに針を刺して診察は終了。

化学療法室に移動すると、今日のリクライニングは2番です。初めてかも。以前9時半にスタートしていたころは11時には終了していたので、今日は10時ごろには終わってしまうかなぁと思っていたのですが、腕への点滴に比べてCVポートを使ったほうが落ちが遅いそうです。しかも、腕のときにはなかった(ように思う)点滴後の生食が追加され、着替えも含めて以前より時間がかかるようになってしまいました。

結局、会計まで終了してクリニックを出たのが10時半ごろ。薬局に寄って帰ります。

次回の受診は3月5日(土)の予定です。

【追記】
2番のリクライニングは全然初めてではありませんでした。
たまたま過去の記事を読み返したら、2014年5月10日、2015年6月13日、2015年7月31日と3回も経験済み。7月31日の記事にはご丁寧に(初めてかも)なんてコメントも。
人間の記憶はホントあてにならない。

1月23日(土) 受診

  • 2016年01月23日

今日は今後の治療方針を決める日です。
12月19日のPET-CTを受けたときには、フェソロデックスかなぁと考えていたのですが、この1か月、私なりにいろいろ考えました。その希望を主治医は受け入れてくれるでしょうか。

予約時間は9時半。15分前ぐらいに受付し、採血をしてから6階へ。少々待つと意外に早く診察室に呼ばれました。
緩和治療外来のドクターの意見はどうだったかと質問されたので、20日の受診の状況を報告。ほかにS医師とK医師の意見も聞いたのでざっと報告しました。で、私の希望は高用量トレミフェン。ゾレドロン酸についてはFEC投与中に休薬していたこともあるので、あと1年ぐらいは4週ごとの投与で妥協すると伝えました。その間に新しい臨床試験の結果も出るかもしれません。この結論に主治医も同意してくれて、ゾレドロン酸を2月6日から再開することとし、今日は14日分のトレミフェン120mgを処方してくれました。
再発してからの治療は TAM 33か月 → 非ステロイド型AI剤 3か月 → ステロイド型AI剤 20か月 → chemo 6か月 ときているので、このタイミングで高用量トレミフェンはいい選択かもしれません。さて何か月もつでしょうか。

早速帰りに薬局へ寄ったのですが、なんと在庫がなく、一番早く入手できるのは価格の高いフェアストンで25日月曜日とのこと。今回は14日分なのでフェアストンで妥協し、次回(2/6)にはジェネリックを用意しておいてもらうことにしました。

ということで、次回の受診は2月6日(土)です。

緩和治療外来受診

  • 2016年01月20日

前回は10月7日だったので、3か月ぶりの緩和治療外来です。
今日は持参したPET-CTの画像資料を見ながら相談しようと、少し早めに来院して資料を提出。予定の時間まで1時間ほど本を読みながら待ちました。読んだ本は「男おひとりさま道」。もちろんこの前に「おひとりさまの老後」は読んでいます。私自身は「おひとりさま」になる確率は低いのですが、同居人はその確率大。作戦会議の話し相手になるために、少々ネタを仕入れておきます。

昨年4月から担当ドクターが変更になったのですが、診察室に呼ばれて入ると見慣れぬドクターがいます。なんと、外来の体制が変更になり、部長先生が今日の外来担当だとか。前のドクターは結構話し好きのようで、かつ呼吸器が専門だったのでちょうどよかったのですが、致し方ありません。
一応、予定していた相談内容をあれこれ聞いてみました。
今後の治療選択については、「自分は乳がんの専門ではないので、乳がんの専門の医師に相談したほうがいい」と言いつつも、「自分なら無治療」とのご意見。ゾレドロン酸については「3か月に1回というのはエビデンスがない。現時点では添付文書にあるとおり4週に1回」というご意見でした。

次回は3か月後ぐらいに受診するということにし、予約はなし。受診したい日の1か月前ぐらいに電話して予約することとなりました。

1月9日(土) 受診

  • 2016年01月09日

早くも今年2回目の受診です。

いつも通り採血してから6階へ行き、しばらく待つと診察に呼ばれました。
4日以降、発熱はないこと、しかし痰と咳はまだあることを報告。
今日の血液検査では、炎症等は改善しているようです。
4日の血液検査の腫瘍マーカーの結果が出ていましたが、それについては軒並み下がっていて、chemoの効果はあった模様です。

次回は緩和治療外来受診後の1月23日に受診することとしたので、薬の処方はなし。現在服用している抗菌薬フロモックスは手持ちを飲みきって終了ということになりました。

次回の受診予定は1月23日(土)です。

1月4日(月) 受診

  • 2016年01月04日

12月28日に抗菌剤をフロモックスに変更し、発熱は
 12月28日39.3度、29日40.3度、30日37.3度(ロキソニン服用)、31日39.2度、1月1日38.7度、2日38.0度、3日37.8度
と、何とか徐々に下がってきました。
でも処方してもらった抗菌剤はもう無くなるので、朝にクリニックに電話し、午前中に受診することとしました。

10時45分ごろクリニック到着。いつものように採血をしてから6階へ行き、診察です。
まず、熱は徐々に下がっていることを報告。痰はまだかなりひどいので、抗菌剤フロモックスを更に1週間分と、去痰薬の追加を処方してもらいました。血液検査の結果は、白血球数は正常だったのですが、10日間ぐらいロクな食事をしていないので、アルブミンや総タンパクが軒並み低値。赤血球や血小板も低値です。
1月9日は予定通り受診することとし、今日は終了です。

実は年越しは温泉で過ごす予定で、更に1月4日から3泊4日の台湾旅行を予定していたのですが、12月29日になっても40度超の発熱があったので、すべてキャンセルしてしまいました。熱のせいか味覚異常も激しく、散々な年末年始です。

12月28日(月) 受診

  • 2015年12月28日

今日は仕事納めです。
朝一番にクリニックに行き、まずは血液検査。6階へ移動すると比較的早く診察に呼ばれました。

白血球数はG-CSFの効果もあってか正常値まで回復していましたが、毎晩の発熱は変わりなく、27日夜には40度まで上がってしまいました。
ということで抗菌剤をフロモックスに変更しました。
これでもダメなら大ごとです。

次回は1月9日に受診することとし、今日は終了です。

12月25日(金) 受診

  • 2015年12月25日

23日の夜に38度超の発熱。今回はこれまでの3回に比べて発熱のタイミングが少し早い模様。朝になると熱は下がり、抗菌剤(ダラシン)を飲み始めたのですが、他に異常はないカンジ。クリニックに電話をして25日のアサイチに受診することとしました。
24日の夜には39度超の発熱。クリニックを受診し、血液検査をすると白血球はこれまでの最低値となっていました。当然、G-CSFを打ってもらい、念のため28日も受診することとしました。

12月19日(土) 受診&PET-CT

  • 2015年12月19日

今日はFEC最終投与後1週間目の定例副作用チェックとPET-CT検査の日です。
アブラキサン4クール投与後の中間評価の際には、検査が少し先延ばしになってしまったので、今回は早めに予約をとりました。

午前9時に来院するようにとのことなので、8時少し過ぎには家を出ました。
実は、今回のFEC4クール目は今までよりも身体にこたえているようで、朝、目覚ましが鳴ってもなかなか起きられないこともあります。顕著なだるさではないのですが、昨日(金曜日)は大事をとって仕事を休んでしまいました。むかむか1歩手前の状態も心なしかこれまでよりも程度が強いようで、予防的にカイトリルを3回も飲んでしまいました。

受け付け→採血→PET-CT検査と順調に進み、6階の待ち合いロビーで診察を待つことしばし。しかし、診察予定時間の11時45分をしばらく過ぎたころ看護師さんから「画像転送が遅れているので、一旦外出して食事でもして、1時過ぎに診察でも大丈夫ですか?」と打診がありました。午後は予定があるのですが時間は決まっていないし、朝食抜きで早くお腹に何か入れたいところだったので外出することにしました。

お昼ご飯を食べて戻って来たのは1時少し前。診察室に呼ばれたのは1時15分ごろだったでしょうか。
診察室に入るとまずは副作用に関する問診で、とりあえず1週間の体調を申告します。血液検査の結果、白血球は4000を超えていて、今のところは問題なし。でも、1週間後は要注意ですので来週も受診して白血球値を調べてもらうことにしました。
その後、PET-CTの画像を見ながら説明を受けました。
結論から言うと「今回のChemoは良く効いている」ということのようです。
PETはおおむね5ミリ以上の大きさのがん細胞の塊には黄色や赤色としてFDGの集積が画像に写ります。そのようながん細胞の塊と判断される集積が、転移巣があるはずの右肺や胸骨や縦隔リンパ節にも見られませんでした。肝臓やその他の臓器にも新たに出てきたものは無いようです。肺の無気肺部分は相変わらずですが、現時点では画像に出ない程度にはがん細胞は縮小したようです。もちろん完全に無くなったとは言えませんし、この状態をどのぐらい維持できるかも不明です。
ドクターも「このまま何もしないというのはちょっと心配」と言い、現状を維持するための治療の選択肢として以下のものを挙げてくれました。

1 TS-1(ティーエスワン)
 テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウムを配合した飲み薬の抗がん剤
2 ゼローダ(カペシタビン)
 体内で5-FUになる飲み薬の抗がん剤
3 アロマターゼ阻害剤(フェマーラ(レトロゾール)、アリミデックス(アナストロゾール)、アロマシン(エキセメスタン)の3種類のいずれか)
 閉経後に使用するホルモン療法剤の飲み薬
4 ヒスロン(黄体ホルモン製剤)
 ホルモン療法剤の飲み薬
5 フェソロデックス(フルベストラント)
 ホルモン療法剤の注射剤

これらには、FEC投与期間中に休薬していたゾレドロン酸を再開してプラスしましょうとのこと。
現時点でどの選択肢が良いかは全く不明で、エビデンスはありません。1月20日に緩和治療外来の受診予定があるので、そちらのドクターとも相談して決めることとしました。
選択肢としては想定の範囲のものばかりですが、効果と副作用の点ではいずれも一長一短。これから1か月の間に次の一手を考えなければなりません。

診察室を出て1階に行くと、とても混んでいる様子。めずらしく30分以上会計を待ち、クリニックを出たのは午後2時をかなり過ぎたころでした。
すっかり遅くなってしまいましたが、今日はこれから三浦半島へプチリゾートの予定です。
次回の受診予定は12月26日(土)です。