記事一覧

歯科治療難航

  • 2018年10月31日

口腔ケアはがん治療にとってもとても重要。なので、3か月に1回は主に歯周病ケアのために歯科医院に行っているのですが、比較的頻繁に歯肉炎になるので、9月の診察の際にそのことを相談したところ、左下の被せ物をやり直したほうがいいということになりました。治療自体は30年以上前にやったもので、奥から2本目と3本目が神経を抜いてあり、金属を被せてあります。それを、今なら保険適用で金属でない白い被せ物にできるということで、やり直してもらうことにしました。

治療開始は10月1日。まずはこれまでの被せ物を外します。金属なので外すのも大変。そこに仮歯を入れて1回目終了。
2回目は10月10日。古い被せ物を外した後をガリガリ掃除している最中に、かなりの痛みが・・・。レントゲンを撮ってみても歯根のほうは大丈夫のようなので、時間が経てば落ち着くだろうということで、型を取り直して新しい被せ物ができたらそれをはめるだけということになりました。
しかし、10日ぐらい経った頃からだんだん痛みが出るようになってしまいました。26日には新しい被せ物をはめて治療終了のはずだったのですが、結局嵌めることができずにもう少し様子を見ることになりました。再度2週間後に予約を入れ、念のため痛み止めももらって帰宅。しかし、治療個所の違和感はだんだんひどくなり、31日に臨時受診。どうやら歯の根のところが化膿しているようです。画像には映らなかったのですが、やはり治療しなおしが必要のようです。

結局削って薬を入れてを何度かやり、炎症が治まるのを待つことになりました。

歯の痛みは曲者です。
歯が痛むと思ったら、実はそれは心臓の関連痛で、実際は心筋梗塞だったなんて話も聞きますよね。私の場合は、どうやら治療していた歯の根が原因のようですが、頭痛もしたり、上の歯が痛くなったり、だんだんどこが痛いのかわからなくなっています。

あー、早くすっきりしたいです。

CDK4/6阻害薬アベマシクリブ承認

  • 2018年10月29日

日本イーライリリーは9月21日、CDK4/6阻害薬であるアベマシクリブについて、ホルモン受容体陽性かつHER2陰性の手術不能または再発乳癌を対象に製造販売承認を取得したと発表した。
CDK4/6阻害薬が日本で承認されたのは、パルボシクリブに次いで2剤目。

第16回サバイバーシップを語り合う公民館カフェ

  • 2018年10月23日

ファイル 330-1.jpg

がん罹患後の家計について
行政マンとして30年以上働いてきた自分としては、残念ながら特に目新しい情報はなかったのですが、一般の人がいかに公的社会保障制度について理解が乏しいかというのを、改めて知らされました。
ファイナンシャルプランナーのかたの講義で最も印象に残ったことは、病気になったときに頼れる順番は
 1 公的医療保険制度(健康保険)
 2 貯蓄や家族の収入
 3 民間医療保険
が現実的なのにもかかわらず、一般の人の意識はまず民間医療保険と考える傾向にあるらしいということ。次に貯蓄や家族の収入で、公的医療保険(や、公的な社会保障制度)は、あまり頼りになるとは思ってないらしい。
民間医療保険は、よほど運がよくないと、貯金してたほうがマシだと思うけど。

10月18日(木) 緩和治療外来受診

  • 2018年10月18日

予約時間は15時半。午前中の主病院の受診が早めに終わったので、薬局に寄ってイブランスの追加分を受け取り、いったん家に帰り昼食を食べてから再出発です。

病院に着いたのは14時半過ぎぐらいだったでしょうか。チェックインをしてから外来受付で持参の資料(4月と8月のPET-CTの画像データと血液検査の結果)を渡し、前回から変更になっている保険証の再登録をしてもらい、タブレット端末で事前問診を入力し、あとは待つだけです。中待合へのコールが鳴ったのは15時45分でしたが、前の患者さんの診察が終わったのはそれから1時間後でした。

緩和病棟にツテを作るために2014年3月からここの外来に来るようになりましたが、2016年1月から外来を担当してもらっていたドクターが退職したため、きょうは初めてのドクターです。ここの外来では4人目のドクター。呼び出し器から「診察室へお入りください」とコールされて診察室に入り、「初めまして。よろしくお願いします」とご挨拶。今度のドクターは女性です。この病院では今年の3月まではもっぱら緩和治療科の部長が外来をやっていたので、新しいドクターはなんとなーくまだ不慣れな感じ。私の状況もどのぐらい理解してくれているのか良く分かりませんが、とりあえず現在の治療等を報告。今は差し迫って相談することはないので、次は半年後ぐらいと言うと、4月の予約を入れてくれました。10月からやっと後任の新しい部長先生が来られたとのことですが、せっかくなので次回も今日のドクターにお願いすることにしました。
15分ほど診察室で話をして終了。診察室を出ると既に5時過ぎなので、資料返却カウンターは閉まってしまったとのこと。画像のCDは次回に返してもらうことになりました。
会計はまだ開いていて、支払いは220円でした。

10月18日(木) 受診、インフルエンザ予防接種

  • 2018年10月18日

仕事を再開してからは、なるべく早く職場に行けるよう早めに病院へ向かうのですが、今日は午後にも受診予定があるので仕事は終日休み。ややのんびり目に家を出ます。

病院に着いたのは9時少し前で、採血、レントゲンと進んで、外来受付の後は今日予定しているインフルエンザ予防接種の問診票を書いて提出。中待合へ呼ばれたのは意外に早く9時50分ごろでした。

診察室入り口にドクターが登場し、診察室に入ってまずは問診です。「今日は早いですね」と言うと、「血液検査が1種類だけだからねー」とのこと。レントゲンの結果はやや増悪、腫瘍マーカーもやや上昇。自覚症状は若干咳が増えたり、ちょっと怠い日があったりと、全体的になんとなーく調子が悪いが、気のせいの範疇レベル。白血球と好中球は問題なしなので、治療は継続です。
次回の予約とイブランスの追加処方をしてもらって診察室を出、次はインフルエンザの予防接種です。今日は化学療法室のリクライニングで注射をして終了。
次回は11月1日(木)です。

10月3日(水) 受診

  • 2018年10月03日

4日が休診なので今回は一日前倒しの水曜日に受診です。

病院にチェックインしたのは8:15。採血をして外来受付が終わったのは8時半ごろ。私の通例の受診日の木曜日よりも水曜日のほうが混んでるはずなのですが、今日の待合の長椅子はがらんとしています。9時少し前にドクターがやってきて診察開始。私は4番目でした。診察室に呼ばれたのは9時40分ぐらいだったでしょうか。きょうの報告事項はあまりありません。他院の緩和治療外来受診が10月18日になったということぐらいかな。先月ほぼ横ばいだった腫瘍マーカーは再び若干上昇。それでも薬剤変更はまだ先送り。好中球も問題なかったので治療継続です。インフルエンザの予防注射をしたいと申し出たところ、場合によっては今日できるかもということで問い合わせてくれましたが、やはり次回になり10分少々で診察終わり。そのあと化学療法室でフェソロデックス等の注射をしてもらって終了です。

9月20日(木) 受診

  • 2018年09月20日

きょうは分刻みのタイムスケジュール。受診後は11時までに職場に行く予定なので、アサイチで受け付けできるよう早めに家を出ます。夜に札幌へ行く予定なので、重い旅行荷物を抱えて、まずは駅のロッカーへ。

病院に着いてチェックインしたのは8時少し過ぎ。公式には8時15分から受付開始なのですが、自動受付機は既に動いています。すぐに血液検査の受付をすると37番目。10人待ちぐらいですが、意外に早く8時20分には採血終了。その後、前回の受診の際に新しい保険証が間に合わず10割負担だったため、会計窓口に精算の依頼をします。引き続き腫瘍内科の外来受付をし、中待合に呼ばれたのは9時20分ごろでした。

この2週間の体調は変化なし。白血球、好中球は、V字回復していました。イブランス再開です。といっても、スケジュールを崩さないために、7日分のみ服用し、その後の7日間は休薬期間となります。「今日の夜、札幌に行くんですよー」と主治医にも報告し、診察終了です。
会計の窓口では、前回の精算をしてくれたのですが、差額が現金でボーンと戻ってきて、うひゃーって感じです。

その後、来週の旅行のJRきっぷを受け取り、職場に向かい、昼休みにきっぷを友人に渡し、5時まで仕事をして、薬局で処方薬をもらい、薬局でも前回の会計の精算をしてもらい、ロッカーから荷物を出して羽田へ。ふぅ・・・。
雨だったので、普通以上にくたびれましたが、なんとか予定通り札幌に行けてひと安心です。

第14回がんサバイバーシップ オープンセミナー

  • 2018年09月12日

ファイル 329-1.jpg

がん検診を正しく知ろう

一般的な検診を勧めるだけの話ではなく、検診のメリット・デメリットを本気で教えてくれて、本当にメリットのある検診をきちんと受けようという趣旨の講演会でした。
私自身、初発も再発も検診&健診で見つかったので、個人的には恩恵を受けた側なのですが、早く見つけて早く治療することが必ずしも良いこととは限らないという事実も、きちんと認識する必要があると思います。
がん検診をこまめに受けて早期で見つければ、かなりの確率で治ると思っている人が多いようですが、実はがんのタイプによっては早期で見つけるのが困難だったり、早期と思われる状況で見つかっても必ず治るだけではなかったりします。だからと言って検診は無駄と言うわけではなく、正しい知識をもって病気と対峙するのがやはり重要なんですよね。

9月6日(木) 受診

  • 2018年09月06日

4月に仕事を完全リタイアして4か月。悠々自適の生活のはずでしたが、前の職場から連絡があり、来年3月までのレスキューと言うことで9月から出戻りしてしまいました。そのため、今日の受診後は職場に向かわなければなりません。早めに家を出て、病院に着いたのは8時20分ごろ。採血もそれほど待たずに順番が来ます。「あ、また同じ採血担当者だ」と思っていたら、向こうからも「このところずっと続いてますね」と声を掛けられてしまいました。確かに6月ごろから連チャンで同じ担当者に当たっています。採血ブースは8つぐらいあるので、連続で同じ人に当たるのは珍しいみたいです。

採血の後は外来受付。本来であれば保険証チェックがあるのですが、新しい保険証がまだ手元にないので、今日は10割自費扱いです。次回に保険証があれば、精算の手続きができるそうです。
待合いの長椅子でしばらく待っていると、看護師さん登場。事前問診と検温です。そうこうしているうちに血液検査の結果が出たらしく「中待合へ」の表示が出て、更に5分ほどで診察室へ。
まずは問診。先週、舌先に口内炎ができかけたが、アフタッチを貼ったらひどくならずに治ったことと、久々に胃もたれと胃痛があったことを報告。ただ、胃痛については昔からある症状で、最近は少なかったものが久々に出たという感じで、現在の治療とは関係なさそうです。その他は特に問題なしです。

ドクターの前の画面を見ると好中球のグラフが出ていて、今回は好中球が1000を切ってしまったとのこと。とすると、イブランスの通常投与は無理で、どのように休薬するか決めなければなりません。腫瘍マーカーは完全横ばい状態で、あまり悪化している様子はないので、あと2週間休薬することにしました。サイクルのスケジュールは変えずに、2週間後に採血して好中球が復活していれば、残りの1週間分を服用する予定です。

診察終了後少し待ってから、化学療法室でCVポート洗浄、ランマーク注射、フェソロデックス注射をしてもらい終了。会計まで終わったのは10時5分でした。

8月23日(木) 受診

  • 2018年08月23日

定例の受診日です。病院チェックインは9時13分。

白血球、好中球も安定しているし、PET-CTをやったばかりでもあるので、今日は採血もレントゲンもなしです。
採血がないと、その検査結果を待つ必要がないので、おそらく受付から診察までの時間が短いと予想。案の定、外来受付カウンターで受付を済ませると、ほどなくして看護師さん登場。検温と事前問診を行い、PET-CTの資料を返してくれます。中待合への表示が出たのは9時25分ごろ。そこからあまり待たずにドクター登場で診察室に入りました。

「2週間の状況は?」と聞かれて「まったく変化なしです」。「発熱なし、下痢なし、口内炎なし・・・」と言うと、そのとおり電子カルテに入力している模様。先にPET-CTの資料を受け取って目を通していたので、「PETもほとんど変化なしですね」と言うと、ドクターも「そうだねー」。

検査したクリニックでの所見は「右肺下葉の腫瘤に著変なしで、FDGの集積は若干低下」「左肋骨、左腸骨への軽微な集積出現」「前からあった胸骨、右肋骨、坐骨への集積は若干低下」「そのほかは特に異常なし」ということで、「骨転移の進行が疑われます」とコメントされていますが、前回の画像と比べてみると「これって前回もあって、そんなに変わってないよね」とのこと。「骨転移って、既にランマークやってるし、痛みがなければ特にすることはないんでしょ?」と聞くと「そのとおり」。

骨転移の治療薬であるビスホスホネート(その中で現在はゾレドロン酸がメイン)とデノスマブ(分子標的薬の一つで商品名ランマーク)は、破骨細胞の活動を阻害し、骨吸収(骨が壊れること)を防ぐ薬剤です。しかし、顎骨壊死や病的骨折という問題も知られています。病的骨折を予防するはずの薬の副作用が病的骨折というのもおかしな感じですが、人間の身体や薬の作用機序は、そう単純でないということでしょう。
私の場合、ゾレドロン酸は2013年11月から開始し、ケモ中に数か月の中断があったものの、2016年10月からはランマークに変えて、現在まで5年近く続けています。知人の中にも、顎骨壊死になったり、大腿骨骨折をした人がいますし、注意する必要がありますが、定期的に歯科医院でチェックしてもらっていることもあり、当面のところはランマーク継続です。

今回は追加のイブランス処方と、次回の予約で終了。次回は腫瘍マーカーを測るので、診察前採血は有り、レントゲンはPET-CTを撮ったばかりなので無しです。

診察室を出ると、珍しく同じ主治医の患者仲間に会いました。彼女もイブランスを始めたとのことで、しばしおしゃべり(情報交換)。
会計は診察と処方のみなので420円ナリ。安い!

次回は9月6日の予定です。