記事一覧

2月28日(火) CT検査

  • 2017年02月28日

転院後の病院で初のCT検査です。
検査後は出勤の予定なので、予約時間はアサイチの8時半。検査の15分前までに受付するようにということなのですが、病院のホームページを見るとそもそも8時15分からしか受け付けできない模様。そこで8時15分を目指して家を出ました。
電車はすでにラッシュ時間帯に突入していましたが、意外にスムーズに到着。予定時間より5分以上早かったのですが、自動再来受付機は既に動いていてスムーズにチェックイン。放射線科の受付に行くと番号札があって私は6番。ここは8時半から開始のようです。
受付前のソファでしばし待つと8時半になって次々と番号が呼ばれていきます。私の番号が呼ばれCT検査準備室というところで待つようにとの案内があり、そこへ行くと2~3分で看護師さんに名前を呼ばれました。
どうやらこの病院は、金属のものだけ外せば、検査着に着替えずに検査するようです。時間短縮等を図っているのかもしれません。
ウィッグは大丈夫ということなので、更衣室でブラジャーだけ外し、ロッカーに荷物を入れて造影剤のルート取り。朝からあまり水を飲んでいなかったので、「血液がどろっとしてますよ。お水飲んでくださいねー」と言われ、点滴台につながれた状態でCT検査室の前まで行きます。ここでも1~2分で名前を呼ばれて検査室にin。検査台に乗るとヘアバンドを止めているピンを外すようにと言われます。頭部CTの予定はなかったので確認してみると、胸部~骨盤の場合でもあごのあたりから撮るそうです。そうするとウィッグの襟足部分にも金属がついているのでウィッグを外さなければなりません。
自毛はショートヘアぐらいになっているのですが、検査後は出勤予定なので今日はウィッグスタイルです。自毛がある程度長いのでヘアネットでまとめる必要があり、それを止めているピンが5本。そこにウィッグ。ウィッグの上にヘアバンドを付け、ヘアバンドをずれないように止めているピンが4本。これらをあわててその場で外しました。検査のドクターも若干あきれた様子で待っていてくれました。
仕切り直しで再び検査台に乗り、肺の腫瘍のために仰向けになると咳が出ることがあると申告し、検査開始です。
撮影自体は10分もかからずに終了。検査室併設の更衣室でなんとかウィッグを元通り装着し、検査準備室に戻ってブラジャーを付け直します。次の診察予定がある場合はそのまま次の受付に行くのですが、私は検査のみなので受け付けにファイルを提出。総合受付の3番にファイルを出すように指示されます。そのとおりに進むと会計番号(8番)を渡され、電光表示板に番号が表示されたら会計処理終了なので、自動支払機で支払いを済ませて終了です。
全部終了して病院を出たのは9時少し前。全部で1時間もかからず、速攻でした。通常の出勤時間に十分間に合います。
結果は3月16日の受診日に聞く予定です。

OMCE第14回 がんに対する免疫療法最前線

  • 2017年02月24日

がん医療セミナー ONCOLO Meets Cancer Experts2017

『新たな時代を迎えたがん免疫療法
-現状と将来展望-』
慶應義塾大学医学部附属先端医科学研究所 細胞情報研究部門 教授
河上 裕 先生

https://oncolo.jp/event/omce14report

第48回キャンサーボード勉強会

  • 2017年02月21日

『肺癌の薬物療法:標準治療と最近の話題』
国立がん研究センター中央病院呼吸器内科医長
堀之内秀仁先生

2月16日(木) 転院後2回目の受診 フェソロデックス継続

  • 2017年02月16日

今日は、先月から転院した新しい病院へ2回目の受診です。
昨年12月9日に撮ったCTの結果が思わしくなく、治療変更も視野に入れた転院でしたが、1月の段階では「もう少し様子を見ましょう」と治療変更は先延ばしにしていました。
そうこうしているうちに1月下旬から咳が出るようになってしまい、画像上の増悪と腫瘍マーカーの上昇に症状の出現が加われば今の薬に耐性ができたと解釈せざるをえません。増悪の度合いにもよりますが、chemo再開はやむをえないと覚悟の上で病院へ向かいました。

今日の予約時間は10時半。受診の前には採血と胸部レントゲンが予定されているので、血液検査の結果が出るまでの時間を織り込んで9時半を目指して病院へ向かいます。
ほぼ予定時刻にチェックインし採血へ。先月の受診時と時間帯が異なるためか、採血待ちの人がたくさんいます。私の採血受付番号は156でしたが、採血室に入れているのはまだ120番台で、「中へお入りください」の順番が回ってくるまで15分ほど周辺のベンチで待ちます。採血室へ入ってから採血までは3分ほどで、今日は3本採取。その後放射線の受付へ向かいます。こちらは比較的すいていて、撮影してから腫瘍内科の外来受付へ行くまで10分ほどでした。
さて、ここからが長いです。外来待ち合いで待つこと50分。中待合いへ移動してから30分。途中、同じ苗字の人がいたため別の診察室から呼ばれてびっくりしたりしましたが、診察室に入ったのは11時半過ぎ。予約時間より1時間遅れでしたが、この規模の病院では早いほうかも。

診察室へ入り、ご挨拶をして、血液検査とレントゲンの画像を前に話が始まります。結果は両方ともほとんど前回と変化なしでした。咳が出始めた原因はあまりはっきりしないが、前回より少し影が濃くなっているところがあるので、それが神経を刺激しているのかもということです。今の段階では治療を変更する積極的な理由はないので、今日のところはフェソロデックスとランマークを継続することになりました。私としては超ラッキーな結果でした。

次回の診察は4週間後ですが、それまでの間に一度CTを撮ることにし、2月28日に検査予約を入れます。CTの結果を見てから今後の検討ですが、選択肢としてはティーエスワンかゼローダかハラヴェンか、というところのようです。
去痰薬は手持ちのムコダインとムコソルバンがまだ残っているので、必要に応じてそれを服用することにし、鎮咳薬としてフスコデ配合シロップを処方してくれました。

診察室を出て、注射等の準備ができるのを少し待ちます。今度は化学療法室内の小部屋に案内され、フェソロデックス注射、ランマーク注射、CVポートの洗浄を済ませて診察&治療は終了。所要時間は約3時間でした。

第8回がんサバイバーシップ オープンセミナー

  • 2017年02月02日

「若年世代のがん」

国立がん研究センター中央病院乳腺・腫瘍内科
清水千佳子先生

セミナーの詳しい内容は、以下のページから報告書を見ることができます。
https://www.ncc.go.jp/jp/cis/divisions/05survivor/05survivor_05.html

1月16日(月) 新病院初受診

  • 2017年01月16日

いよいよ転院初日です。
予約時間は12時ですが、病院の様子を見たりするのと、診察前に採血をすることになっているので、11時を目指して家を出ます。
仕事はもちろん一日休暇です。本当は月曜日は忙しいので休みたくないのですが、今日は仕方ありません。
病院までの所要時間は約1時間の予定なので、10時に自宅を出発。通勤ラッシュで電車が少々遅れましたが、予定通り11時には病院到着。ところが、なんと病院では建物の電気系統のトラブルのため停電中。もちろん病院なので非常電源設備が動いているようですが、まだ復旧作業中のために、いつもより混雑しているようです。

この病院にはかつてセカンドオピニオンで来たことがあるので、診察券は持っているのですが、初診の受け付けが必要と思い、診療申込書を書いて初診受付窓口の順番を待ち提出したところ、なんと自動再来受付機で整理番号を受け取ってくださいとのこと。持参した診療情報提供書(紹介状)と画像検査のデータが入ったCD(29枚!)も、診療科の受け付けに出してくださいとのことでした。
ただ、私の受診記録をチェックしたところ3年前の処理がきちんと終了されていなかったことが判明し、それは処理してくれました。

さて、自動再来機で受け付けを済ませ今度は腫瘍内科の受け付けへ行きましたが、ここはまだ電源トラブルの影響で混雑中。アナログの番号札を取って待ち合いの椅子で呼ばれるのを待ちます。
しばらく待つと受け付けに呼ばれたので、紹介状とCDを渡します。問診票を書くように指示されたのでそれを書き、血圧測定をして提出。血圧はめずらしく上が125ぐらい。やはり少しは緊張しているのでしょうか。
今度は採血とX線撮影をするように指示があり、まずは1階の向かい側にある採血の受け付けへ行きます。自動受付機に診察券を入れましたが、まったく反応しません。どうやら診察券の磁気がダメになってしまったようです。やむなく採血のカウンターに申し出て受け付けをしてもらいました。
採血室はあまり混んでいません。3人目ぐらいに呼ばれてすぐに採血終了。今度は2階へ行き、ファイルを放射線のカウンターに提出。ここもあまり待たずに中待合いへ行くように指示されました。
中待合いでは10分ほど待ったでしょうか。
ここのX線撮影は撮影室の周りに一畳ほどの更衣室が複数あるタイプで、昔通っていた大学病院の方式に似ています。大きな病院はだいたいこんなカンジなのかもしれません。
撮影が終わってから再び腫瘍内科の外来に戻り、50分ほど待合いで本を読みながら診察の順番を待ちます。診察の混雑は既に解消していますが、血液検査等の結果が出るのを待っているのかもしれません。
診察室に呼ばれたのは既に1時半過ぎ。先月まで通っていたクリニックとは大違いですが、大きな病院はすべてこんなもの。停電の影響もあるし、初診だし、まだマシなほうです。
看護師さんから整理番号と名前を呼ばれ、中待合いで待つこともなく直接診察室へ入ります。
先生からは「お久しぶりです」、私は「よろしくお願いします」と初診とは思えないスタート。私の病歴やこれまでのカルテ、最新の画像と今日の検査結果などは既に確認済みのようです。ただ、診療情報提供書ですべてがわかるわけではないので、不足する私の患者プロフィールなどを聞きながらその場で電子カルテに入力していきます。仕事については「2014年(平成26年)3月で○○区役所早期退職。以後、産休育休代替臨時職員として1日6時間・週5日勤務」と書いたので、先生は臨時職員の名称が「長いねぇ~」と言いながらカルテに入力し「ほとんどフルタイムじゃん」。私「毎日働いてますけど責任が全然違います!」。

今日測ったCEAは少しだけの上昇なのと、症状がまだほとんどないこと、X線で観た腫瘍径は判断が難しいが急激に大きくなっているわけではないことから、今日のところはフェソロデックスとランマークを継続することになりました。ちょこちょこと問診と雑談を交えながらデノタスチュアブルの次回までの不足分の処方と次回診察日(2月16日10時半)を決め2時少し過ぎに診察終了。次は注射ですが、薬が届くまで少し時間がかかるので、待ち合いロビーで待つことになりました。
20分ほど待ったでしょうか。看護師さんが現れて薬剤はまだ来ないが先に注射をするベッドへ案内してくれました。そこでもしばしお待ち状態。やっと「じゃぁ、CVポートの洗浄(フラッシュ)しましょう」とCVポートの形状を確認したのですが、どうやら触っただけでは型番等が判断できない様子。私が持っていた Medical Alert Identification Card を見せるとそれを持って調べに行きました。しばらく待ってやっと処置。CVポートのフラッシュ、ランマーク注射、フェソロデックス注射2本を打ってやっと終了。受け付けに行くと既にCDの読み込みは終わったとのことで、すべて返却してくれました。ここまでで午後3時です。
会計の前に総合受付へ行き、診察券の磁気を直してもらい、自動支払機でクレジットカードによる支払いをして終了です。
昼ご飯がまだなので出口付近にあるほうのレストランへ行き、親子丼を食べました。レストランはもう一か所あり、さらにカフェもあります。友人の話によると美味しいそうで、親子丼もなかなかでした。
帰りに自宅の最寄り駅を降りたところでいつもの薬局へ。混んでいたので30分ほど待ち、「薬は同じですが病院変わったんですね」と言われながら受け取り、本日のすべてのスケジュールは終了です。
帰宅したのは午後5時半。さて、次回は午前中だけで済むでしょうか。

12月21日(水) 緩和治療科受診

  • 2016年12月21日

緩和治療科の前回の受診は9月28日。その後、治療薬が変更になり、更に12月のCTで増悪が認められ、更なる治療変更を検討することになったことと、転院が必要になったことなど、大きな報告事項が今回はあります。

CTの画像データは転院先の病院用と兼用で1枚しかもらえなかったので、今日のうちに返却してもらえるよう、少し早めの9時50分にチェックイン。診療科の受け付けのところで保険証の確認をしてもらい、画像データの入っているCDと9月以降の血液検査結果のコピーを渡し、待ち合いロビーで少し待ちます。
すると、意外に早く呼び出し機が鳴動し「中待合いへ」のメッセージが。中待合いに入るとほどなくして看護師さんが登場。何やらタブレット端末を出して、アンケート(ヒアリング?)を行うようです。痛みがあるかとか、不安があるかとか、いくつかの質問に答えましたが、ほとんどは無し無し無し・・・。どうやら不安や悩みがあってもなかなか相談できない患者のために、相談支援センターの需要の掘り起こしを行っている様子です。
そうこうしているうちに、予約時間の10時半より少し早く呼び出し機が鳴動して「診察室へ」のメッセージが。いつもは予約時間から30分以上待たされるのですが、今日は超ラッキーです。
診察室へ入り、挨拶をしてから、9月以降の報告事項をざっと説明。転院先も決めたとの話をしたところ、担当になる予定のドクターを良くご存知だとのことで、急にフレンドリーな雰囲気に。「○○先生によろしくお伝えください」とまで言われてしまいました。

第13回サバイバーシップを語り合う公民館カフェ

  • 2016年12月20日

「生きるを楽しむ、音を楽しむ ~緩和ケアと音楽療法のハーモニー(あのね、かなちゃんに聞いてほしいことがあるの~Music does not represent life: it is life~)」

スピーカーは埼玉医科大学総合医療センター 呼吸器外科・緩和ケア推進室/フェリス女学院大学音楽学部 非常勤講師の儀賀理暁先生です。

詳しい内容は、以下のページから報告書を見ることができます。
https://www.ncc.go.jp/jp/cis/divisions/05survivor/05survivor_05.html

転院の条件

  • 2016年12月19日

古いほうの乳がん日誌(http://new.la.coocan.jp/)をお読みいただいたかたはご存知と思いますが、私は40歳のときに初めて受けた職場の乳がん検診で乳がんが見つかりました。そのときは、勤務先が契約している施設で検診を受けたのですが、たまたまその時の検診医がそのまま主治医となり、そのドクターのメインの勤務先であった大学病院で手術を受けました。
その後、7年間は大学病院で補助療法と術後のフォローアップをしていましたが、主治医のメインの勤務先が別のクリニックに移ったため、術後のフォローもクリニックのほうに通うようになりました。
そうこうしているうちに職場の一般健康診断の胸部レントゲンで二次検診指示が出て、検診施設でCTを受けたところ肺がん疑いとなり、最終的には乳がんの肺転移と診断され、主治医のいるクリニックで再発治療を受けてきました。

クリニックは、検診や術後のフォローアップは問題ありませんし、これまでは再発治療の際も外来化学療法ぐらいなら問題なく対応してくれていました。大学病院よりも小回りが利いて、検査も早いし、待ち時間もなく、土曜診療もやっていたので、私としては好都合だったことは間違いありません。

しかし、再発治療はだんだんと集学的治療が必要となります。
肺炎を起こして緊急入院が必要になることもあるでしょうし、放射線治療が必要になったり、脳外科の診察が必要になったりすることもあるかもしれません。
そうなったときは当然、他の病院にかからざるを得ないのですが、いよいよとなる前に、そのような対応ができる病院につながりを作っておいたほうが良いに越したことはありません。

再発治療となって6年。今後に備えて私なりに情報収集はしてきたのですが、10月15日の受診の際に今かかっているクリニックの診療方針変更のことを聞き、4月以降は転院(あるいは転医も)ということが現実のものとなりました。加えて12月9日のCTで増悪が認められ、年内にも新しい病院へ移って、そこで次の治療を検討したほうが良いということになったわけです。

転院先を決めるにあたって、(あくまで私が)条件として検討したのは以下の点です。

1 通院可能であること
 通院所要時間の目安はおよそ1時間以内。交通の便も重要です。具合が悪くなって緊急受診をする際に、自力で行けるぐらいでないとかなり大変です。救急車での搬送可能範囲であればベスト。

2 いざというときに入院できること
 せっかく今のクリニックからの転院であれば、肺炎などの際には入院できる病院でなければ、またまた面倒を抱えることになります。さらに救急指定病院であればなお良いです。

3 総合病院であること
 2と同様にせっかく転院するのであれば、乳腺外科や腫瘍内科だけでなく、脳外科、放射線科、呼吸器内科、整形外科などもあってほしいです。

4 ほとんどの検査が病院内でできること
 これまでのクリニックでは、マンモ、エコー、X線のほかに、CT、PET-CT、MRIの検査が可能でした。今どきの大きな総合病院は大丈夫だと思いますが、これらの検査で他院に行くのは大変です。

5 担当になる医師以外にもサポートしてくれる医師がいること
 そこそこ大きな病院でも、乳腺専門医は一人というところもあるようです。腫瘍内科医がいても乳腺専門とは限りません。担当医が不在の際にも再発乳がんの治療に詳しいドクターがいてくれたほうが良いと思います。

6 担当となる医師が、私の予想される予後よりも長く病院にいるだろうと思われること
 そうそう頻繁に転院するわけにはいかないので、どんなに素晴らしいドクターでも、来年も病院にいてくれるかどうかわからないというのでは困ります。ましてやあと1年で定年退職なんていうのは、次のドクターがどうなるか分かりません。

7 担当になる医師と相性が良いこと
 なかなか難しい注文だと思いますが、あまり熱心過ぎてハートの熱すぎるドクターはちょっと苦手です。会ったことのないドクターは判断が難しいので、相性を重視すれば面識のあるドクターがいる病院を中心に選ぶということになります。

転院準備

  • 2016年12月18日

12月9日の受診の際に年内の転院を迫られる事態になってから、あちこち手配を開始。

今回、転院先に決めた病院は、10月15日に主治医の異動を聞いてから2か月の間にいろいろ検討し、6つの転院候補のうち第1位に考えていた病院であり、3年前にセカンドオピニオンで受診したところでもあります。担当になる予定のドクターには面識があるため、たまたま数日前に打診をしてあって、通常の手順で初診の予約をとればOKとの確認済みです。
そこで、さっそく初診予約をとるべく9日の午後に電話をしてみたところ、紹介状(診療情報提供書)が手元にないと予約を入れられないとのこと。近日中に郵便で送られてくる予定なのですが、手元に届いてから予約してくださいと受け付けの人に言われてしまいました。とっさのことで「手元にあります」とウソがつけずに予約は断念しました。

翌日の土曜日にクリニックに電話し、紹介状がいつごろ届くのかを確認したところ、遅くとも来週中には届くとのこと。
実際には12日の月曜日午後には宅配便で届けられました。
そこで13日火曜日の朝に改めて初診予約の電話を入れたところ、まず通常の手続きで一番早く初診予約が入れられるのは1月16日であること。その上でこれまでの主治医から紹介状の内容を病院あてに事前FAXするようにとの指示がありました。なんだかいろいろ手間がかかります。紹介状の内容によって緊急の受診が必要と判断される場合は、初診予定が前倒しになる場合もあるようです。
今度はこれまでのクリニックに電話してみると、主治医は14日水曜日まで遠方にいるため、FAXできるのは一番早くて15日木曜日の朝になるとのこと。やむをえないのでその内容でお願いし、同内容をメールでもお願いしておきました。主治医からは「木曜日の朝一番に対応します」とのお返事をいただき、転院先のドクターからは15日木曜日の夕方に「紹介状を受け取りました」との連絡をいただきました。

ということで、とりあえず後は初診予定が変更になるかどうかの連絡待ちです。ふぅ。(^_^;)

【追記】
転院先のドクターから「紹介状を受け取りました」という連絡のあと何度かやり取りをし、腫瘍マーカーの推移と最近の画像データを送ったところ、「このまま無症状であれば、1/16に次のフェソロデックスで十分問題ないと思います。」との見解をいただきました。
ですので、特に変わったことがない限り、1/16が転院先病院の初受診です。