記事一覧

第52回キャンサーボード勉強会

  • 2017年06月20日

ファイル 282-1.png

日本医科大学武蔵小杉病院にて
『未熟ながんリテラシー国家における、がん専門医療従事者の使命』
東京オンコロジークリニック代表
大場大先生

OMCE第17回 乳がん治療の進歩 -抗がん剤・分子標的薬剤・免疫チェックポイント阻害薬を中心に–

  • 2017年05月26日

がん医療セミナー ONCOLO Meets Cancer Experts2017

『乳癌薬物療法の進歩』
昭和大学医学部内科学講座 腫瘍内科部門教授
佐々木康綱先生

https://oncolo.jp/event/omce17report

第51回キャンサーボード勉強会

  • 2017年05月16日

『緩和ケア:変わっていくエビデンスと変わらない哲学』
聖隷三方原病院緩和支持治療科 副院長
森田達也先生

一般的な緩和ケアの啓発的な内容とは若干異なるものでした。
始めに、アメリカの VA study の紹介がありました。
「望ましい死の構成要素とは何か」という問いに対して挙げられたのは、
 1 苦痛が緩和されている
 2 意思決定が明確である
 3 死に対する心構えができる
 4 人生を完成させることができる
 5 他人の役に立つ
 6 ひととしての尊厳をたもつ

そして同じstudyで「終末期のQOLとは何か?」という問いに対して、医師と患者が選んだ項目の割合は、それぞれ以下のような結果でした。

 疼痛がないこと:患者93%、医師99%
 病状についてよく知っていること:患者96%、医師88%
 心構えをしておくこと:患者84%、医師79%
 人生が完成したと思えること:患者80%、医師68%

ここまでは大きな差はないようですが、

 意識が明確であること:患者92%、医師65%
 負担にならないこと:患者89%、医師58%
 他人の役に立つこと:患者88%、医師44%

これを見て、医療者は意識を新たにするようです。

森田先生は著書も多数あるようですから、興味のあるかたは本を読んでみるといいかも。

第50回キャンサーボード勉強会

  • 2017年04月18日

『放射線治療の進歩─volumetric modulated arc therapyにできること─』
大船中央病院放射線治療センター センター長
武田篤也先生

OMCE第14回 がんに対する免疫療法最前線

  • 2017年02月24日

がん医療セミナー ONCOLO Meets Cancer Experts2017

『新たな時代を迎えたがん免疫療法
-現状と将来展望-』
慶應義塾大学医学部附属先端医科学研究所 細胞情報研究部門 教授
河上 裕 先生

https://oncolo.jp/event/omce14report

第48回キャンサーボード勉強会

  • 2017年02月21日

『肺癌の薬物療法:標準治療と最近の話題』
国立がん研究センター中央病院呼吸器内科医長
堀之内秀仁先生

第8回がんサバイバーシップ オープンセミナー

  • 2017年02月02日

「若年世代のがん」

国立がん研究センター中央病院乳腺・腫瘍内科
清水千佳子先生

セミナーの詳しい内容は、以下のページから報告書を見ることができます。
https://www.ncc.go.jp/jp/cis/divisions/05survivor/05survivor_05.html

第13回サバイバーシップを語り合う公民館カフェ

  • 2016年12月20日

「生きるを楽しむ、音を楽しむ ~緩和ケアと音楽療法のハーモニー(あのね、かなちゃんに聞いてほしいことがあるの~Music does not represent life: it is life~)」

スピーカーは埼玉医科大学総合医療センター 呼吸器外科・緩和ケア推進室/フェリス女学院大学音楽学部 非常勤講師の儀賀理暁先生です。

詳しい内容は、以下のページから報告書を見ることができます。
https://www.ncc.go.jp/jp/cis/divisions/05survivor/05survivor_05.html

第45回キャンサーボード勉強会

  • 2016年10月18日

『4つのカテゴリーで考える がんと感染症』
聖路加国際病院感染症科 医幹
森信好先生

私にとっては非常に得るものの多い勉強会でした。
「感染症は適切に治療すれば必ず治る」という言葉が非常に印象的でした。
再発治療中のがん患者にとっては、治療中に感染症で命を落とすのはとても残念なことと思います。
しかし、がん治療の専門医は、必ずしも感染症について詳しいとは限らないようです。
「第4回日本オープンくちぶえ音楽コンクール2010」決勝大会で入賞したという自己紹介も記憶に残っています。

この勉強会の内容と関連する記事が以下にあります。
参考まで。
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03179_07

第7回がんサバイバーシップ オープンセミナー

  • 2016年09月28日

「家族が病気になったとき」
埼玉医科大学国際医療センター
精神腫瘍科 教授 大西秀樹先生

覚えておきたいこと
・家族自身も精神的ショックを受ける
・自分の心身の健康に注意
・自分と患者さんを救うのは正しい勉強

日ごろから老い、病気、死について考えておくことが人生を豊かにする。

詳しい内容は、以下のページから報告書を見ることができます。
https://www.ncc.go.jp/jp/cis/divisions/05survivor/05survivor_05.html