記事一覧

7月9日(月) 発熱、臨時受診

  • 2018年07月09日

6日金曜日に、終日かなりくたびれる日を過ごしたせいか、7日土曜日の朝に37.8度の発熱。一日家で大人しくしていたのですが、夜には38.9度まで上がってしまいました。
思い起こせば5日木曜日ごろから咳が増え、喉の痛みもあったような。
もう一日様子を見て、熱が出続けるようなら月曜日に受診しようと考えていたのですが、日曜日は微妙な38度越え。頭痛もします。
重篤な状況ではないし、受診しても重篤でないことを確認する程度なのですが、月曜日朝も37.5度だったので受診することにしました。

朝、ドクターには発熱&臨時受診の予告メールを出して家を出ます。病院の通常の受付時間は8時15分からなので、途中の駅から外来受付に電話。病院に着いたのは9時ごろだったでしょうか。受付で予約外受診の申し出をすると、少しして看護師さんが現れ「先生に連絡してあったんですね。もう検査予約入っていました」とのこと。いつものように採血→レントゲンと回り、再び外来の待合で待つこと1時間。中待合へ移動してからさらに20分ほど。診察室に呼ばれたのは11時近かったでしょうか。

診察室に入ると、いきなりドクターが「風邪声だねぇ」。発熱の状況と咳・痰の増加、咽頭痛、頭痛を報告。「体感的には今日がいちばん具合悪いです」。
血液検査の結果は特に大きな問題なし。レントゲンも肺炎と言うほどではなく、いわゆる風邪(上気道炎)との診立て。
本来は12日木曜日に測る予定だった腫瘍マーカーを前倒しで今日測ったのですが、数値は完全横ばいです。腫瘍が悪化したわけでもなさそう。
あまり効果は期待できませんが、念のための抗菌薬(クラビット)を3日間分処方してくれて、12日の受診まで様子を見ることとしました。

6月27日(水) 受診

  • 2018年06月27日

普段は木曜日に受診しているのですが、今回は木曜日に所用があるため、一日前倒しての受診です。
終了後の予定はないのですが、10時の予約になっているので9時半を目指して家を出発。チェックインは9時半少し前で、採血がするすると終わり、腫瘍内科の外来受付をしたのは9時32分でした。
きょうはそれからが長かったです。
20分ぐらいしたころに看護師さんから呼ばれて事前問診と体温測定。そこから1時間以上待ってやっと中待合へ。診察室に入ったのは更に40分ぐらいたってからでした。ふぅ(^^;
全般的に木曜日よりも水曜日のほうが混んでいるようです。

診察室ではいつものとおり2週間の状況報告。あまり変化はありません。血液検査も白血球は少ないものの、好中球は規定値クリアでイブランスは予定通り継続。ドクターは血小板の値が上がったり下がったりしているのが気になる様子。でも理由はよくわかりません。次回の診察予定を漏れのないように確認しながら入力してもらいました。
かながわ乳がん市民フォーラムのこととか、日医大武蔵小杉病院の電子カルテの話とか、雑談を少々。
終わって会計に進むと既に12時を回っていて、しかも支払いまでの待ち時間が少々あるようなので、院内のレストランでランチしてから支払いを済ませて終了。
採血と診察だけなのに、今日の病院滞在時間は3時間以上でした。

次回は7月12日(木)の予定です。

第61回キャンサーボード勉強会

  • 2018年06月19日

ファイル 314-1.jpg

日医大武蔵小杉病院にて
先月に続いて緩和ケアの話題です。
理想は治療中の主治医と、緩和ケアの主治医とが併診する期間があって、患者自身が軸足をどっちに置くか自分で決められることかもしれませんが、現実にそのような環境に恵まれる患者は、そう多くはないように思います。
そもそも、治療を担う主治医がそのまま最後まで診てくれることが患者にとっては理想なのかもしれません。しかし、集学的治療が必要ながん治療で、特に都会の医療事情では、やはり分業せざるをえないようです。
しかも、ステージ4になってからでも10年以上というのが珍しくない乳がんの場合は、治療医でさえも途中でスイッチしたりするわけですから、二人主治医とか、緩和治療のドクターとの信頼構築と言ってもねぇ。難しいです。

6月14日(木) 受診

  • 2018年06月14日

今日は朝ドラを見てから家を出ます。
診察予約時間は10時ですが、ドクターいわく「これはテキトー」だそうで、結局は血液検査の結果が出た順番と、外来受け付けの順番によって調整しているみたい。ということで、チェックインは9時半ごろ。
そのまま採血→レントゲンと回り、腫瘍内科の外来受付をしたのは9時55分でした。私が行ったときは受付に誰も並んでいなかったのに、私の後には次々と6人も列ができてびっくり。いずれにしても血液検査の結果が出るまで1時間ぐらいは待たなければなりません。
待合ロビーで本を読みながら、途中でトイレに行ったりし、待つこと30分。他の診察室はどんどん患者が出たり入ったりしているのに、私の担当医の番号呼び出し表示はまったく動きません。10時半になってようやく番号表示が動き始め、どうやらここからが診察開始のようです。
私の番号が「中待合へどうぞ」となったのはそれから10分後ぐらいで、更に15分ほど待って診察室に呼ばれました。

前回の受診からの症状報告としては、おおむね変化なしですが、前日未明から昼にかけて下痢・腹痛があったこと、昨夜はむずむず足症候群が全身に表れ、一時的に37.5度の微熱があったこと。2週間の間に1個の口内炎、足・腕のけいれん頻発、咳痰は相変わらず、爪の変形も相変わらず。
きょうは今月最初の診察なので、腫瘍マーカーを測っています。聞いてみるとCEAは微増(83.2)、CA15-3は微減(34.9)で、レントゲンはほぼ変化なしでした。白血球は3600、好中球は1458で問題なしです。
で、積極的に治療変更する要因はないので、引き続きフェソロデックス、ランマーク、イブランスは継続です。
某有名腫瘍内科医のブログに、イブランスに関する気になる記載があったので聞いてみたのですが、特に変わった情報はないとのこと。気を付けて、何かあったら教えてもらうことにしました。(当然のことですが・・・)
イブランスの服薬日誌は3サイクル(12週)分しか書けないので、既に2冊目が終わり、新しいのをもらいました。今日の血液検査の結果をプリントアウトしてもらい、院外処方箋をもらい、次回の診察予約を入れ、診察は終わり。次は注射です。

診察室を出ると中待合も待合ロビーも空いている椅子がありません。どこに座ろうかと考えていると背後から看護師さんに呼ばれ、そのまま化学療法室へ。化学療法室内のベッドのある一角でポートフラッシュ、ランマーク注射、フェソロデックス注射をしてもらいました。
終わって外来受付に書類を出し、自動支払機で会計まで終わったのがちょうど12時でした。病院滞在時間は2時間半です。

5月31日(木) 受診

  • 2018年05月31日

前回(5/17)の受診の際に好中球がギリギリだったので、今日は血液検査をしてから受診の予定です。

往きの私鉄はダイヤが乱れていて、病院に着いてチェックインしたのは9時半過ぎ。採血は12分待ちでほぼその通りに終了。今日は好中球を確認するだけなので1本です。
腫瘍内科の外来で受付をして待つこと35分。中待合への表示が出てさらに35分ほど。中待合では途中で看護師さんによる体温測定と酸素飽和度のチェックがあり、ドクターが診察室の戸を開けて招き入れられたのが10時55分ごろでした。

おはようございますとあいさつをし、椅子に座ってドクターは問診の構えですが、先に「好中球はどうでした?」と私から聞いてしまいました。「それが、下がってないんだよねー」とドクター。どうやら2週間前に1000ギリギリだった好中球は、2週間のイブランス服用にもかかわらず、今日の値は1100ぐらいのようです。「ま、継続だねぇ」とのこと。私からの報告は「特に変わったことはありません。抜け毛が増えたこと、右ヒザに覚えのない痣ができたこと、今週はやたらと足が痙攣すること、爪の変形が気になることぐらいかなぁ。発熱はなしで、咳・痰は相変わらずです。そうそう、前回の受診で会計が4800円って出てビックリしましたよ」。ドクター「あれぇ、変だなぁ・・・」と電カルの画面を確認。今日はほかにやることはないので、ちょこっと雑談をして終了。本日の診察時間は約15分です。
次回の診察は6月14日の予定です。

5月17日(木) 受診

  • 2018年05月17日

今日の診察予約時間は9時半になっていますが、時間の余裕がある身になったので、かなりのんびり目に家を出ます。
病院に到着してチェックインしたのがちょうど9時半。今日は少々混んでいる感じで採血は13分待ち。その後のレントゲンもめずらしく混み混みで、受付で「20分から30分お待ちいただきます」と言われて中待合へ。腫瘍内科の外来受付に辿り着いたのは10時15分でした。
今回は保険証の変更があるので、その旨を申し出て保険証チェック。小一時間ほど待合の長椅子で本を読みながら待っていると「中待合へ」の表示が出ました。中待合では待つほどもなくすぐ診察室へ。

まずはいつものように体調報告。発熱なし。下痢なし。変わったことなしです。血痰も最近はほとんど出ません。ただ、血液検査の結果は白血球が2800、好中球が1008と微妙な数値。腫瘍マーカーは微増、レントゲンも微増大といった感じで、薬が効いてる様子も無い代わりに、積極的に薬を変える状況でもありません。CRPは昨年2月以来の低値です。
好中球はスレスレの数値ですが、添付文書通りということでイブランス継続。2週間後の受診日に再度、血液検査をすることになりました。
先月もらい忘れた血液検査結果を印刷してもらい、薬の処方と次回診察の予約を入れ、診察は終了。
引き続き化学療法室でフェソロデックスとランマークの注射、CVポートの洗浄をしてもらいました。

終了時間はちょうど12時。今日は時間に余裕があるので、院内のレストランでランチした後に自動支払機へ行くと、なんと会計金額は予定の10分の1以下。フェソロデックスとランマークの注射をして、こんなに安いはずはありません。以前も会計処理ミスがあったのでカウンターで調べてもらうと「ドクターの入力漏れ」だとか。診察室で私の目の前でぶつぶつ言いながら入力してたはずなんだけど、あのデータはどこに消えちゃったのでしょうか???
正しい金額をクレジットカードで支払い、本日の予定は終わりです。

次回の診察予定は5月31日(木)です。

第60回キャンサーボード勉強会

  • 2018年05月15日

ファイル 312-1.png

日医大武蔵小杉病院にて
緩和ケアにかかわろうという医療者は、当然、熱心なかたが多く、どの医療者も「早期からの緩和ケア」を実践しようという意欲はあるようです。
講演の中で、全国の緩和ケアのある病院にアンケートした結果の紹介があったのですが、「他院からの紹介も受け入れる」「治療と並行して緩和治療外来で経過を診ていく」「終末期になってからの初診では遅い」という回答が予想外に多かったのが印象的でした。
しかし現実は、他院からの紹介は拒否しないまでも初診まで時間がかかったり、治療が終わってからでないと実際には診てもらえなかったり、外来で併診するのは難しかったり・・・。これはキャパの問題が大きいのでしょうか。

私は、たまたま症状が急激に悪化しそうな状況のときに他院の緩和治療外来の受診を希望し、そのときの治療の主治医も問題なく紹介状を書いてくれたので、4か月待って受診することができました。受診できたときには既に症状は改善してしまっていたのですが、とくに受診を断られることもなく、入院審査会にかけてもらえました。その緩和治療外来には今でも治療経過報告のために通院していますが、このような状況は稀有かもしれません。そもそも必要性を感じてからアプローチするケースが多いわけですから、初診まで4か月も待ってたら間に合わないという人がほとんどでは?
もっとも、外来でつながっているとはいえ、いざ必要となったときにスムーズに入院できるとは限りません。ただ、必要になってから慌てて探すよりはマシかなという感じです。

やっとというか、とうとう無職

  • 2018年04月20日

大学を卒業して36年(歳がバレる?)。思いがけず地方自治体の行政マンとして働き始め、福祉や公証事務、広報、情報システム関係など、いろいろな仕事をやってきましたが、今日を最後に、とうとう完全リタイアすることとなりました。

過去にもこの日記に書いたとおり、平成26年3月31日をもって早期退職をしたのですが、
http://new.life.coocan.jp/risumin/diary/diary.cgi?no=114
いろいろ成り行きがあって、そのまま同じ勤務先で4年と20日、週30時間勤務の臨時職員(もちろん給料は4分の1以下に激減)として働いてきたのです。
http://new.life.coocan.jp/risumin/diary/diary.cgi?no=115
↑にも書いた通り、生きているうちに自分で退職金をもらうべく早期退職をしたのですが、元気なうちに実現したいと思っていた悠々自適の「老後」「余生」はちょっとお預け状態でした。それがやっと実現したわけです。
学生時代の長期休暇を除けば、10日以上の予定のない生活というのは物心ついて以来初めて。いったいどんな生活になるのでしょうか。
気になるのは、生活の糧である貯金がものすごい勢いで減っていること。少しはお金の使い方を見直さなくちゃ。大誤算で長生きしてしまったら超悲惨なことになりそうです。

4月19日(木) 受診

  • 2018年04月20日

良い天気です。3月の受診のときと違って、体調も良好。駅から病院までの道路脇にも、花がたくさん咲いていて気持ちの良い日です。
病院にチェックインしたのは8時半過ぎで、今日の診察前は採血のみ。採血はまったく待ち時間なしで、針刺しもスムーズでした。病院到着から10分程で外来受診の受付も完了です。各診療科ではまだ診察は始まっていないらしく、待合ロビーも空いています。まもなく看護師さんから整理番号を呼ばれて、事前問診と体温測定。自宅で測った時は36.4度でしたが、なんと35度台。「まぁ、熱はないということで」と看護師さんも苦笑い。
そこから1時間近く待たされましたが、これは血液検査の結果待ちと思われます。ようやく診察室に呼ばれたのは、私が1番目でした。

「おはようございまーす」と言いながら診察室に入り、いつものように体調報告。発熱なし。下痢なし。変わったことなしです。しばらく無かった血痰が、数日前にちょっとあったこと、昨日ぐらいから喉が痛いことなどを報告しましたが、血液検査の白血球は正常。CRPも低いです。腫瘍マーカーは微増で、月曜日に撮ったPET-CTも微増悪といったところ。所見報告でも「右肺は前回と同様、右坐骨の集積が前回より増加」というもの。
イブランスの恩恵はあまりないようですが、積極的に治療変更するような状況でもないので、現状維持で様子見です。
イブランスは4サイクル目を7日分しか服用していないので、まだ7カプセルの手持ちがあります。今日、14日分を処方してもらうと5サイクル目全期間がカバーできるので、途中にゴールデンウィークを挟むこともあって次回の受診は4週後の5月17日となりました。受診間隔が伸びて、ドクターは嬉しそうです。
「そのころは仕事を辞めてるから完全フリーだぁ。終活しなくちゃ」とつぶやくと「え、就活するの?」とドクター。「いや、片付けのほうの終活です」と言うと「ぼくも医者の終活したい」。いやいや、あと10年ぐらいは頑張ってもらわなくちゃねぇ。
次回の診察の予約入力では事前の血液検査とレントゲンを入れ、今日の薬の処方を漏れのないように確認しながら入れてもらっていたら、今日の血液検査結果のプリントをもらうのを忘れてしまいました。あーあ。次回忘れずにもらわなくちゃ。

診察の後は化学療法室に移動してCVポート洗浄、ランマーク注射、フェソロデックス注射をして終了です。
会計まで全部終了したのは10時半でした。
今日はこれから出勤です。

第59回キャンサーボード勉強会

  • 2018年04月17日

ファイル 308-1.png

日医大武蔵小杉病院にて
今日の特別講演は、国立がん研究センター東病院呼吸器内科医長の仁保誠治先生による「チーム医療によるirAEマネージメント」というもの。
irAEとは免疫関連副作用のことのようで、免疫チェックポイント阻害薬の有害事象にどのように対処するかというお話です。
マスコミではオプジーボが夢の薬のように取沙汰されていますが、免疫って両刃の剣なわけで、これまでの化学療法の副作用とは違った知識や対応が必要になるようです。