記事一覧

5月31日(木) 受診

  • 2018年05月31日

前回(5/17)の受診の際に好中球がギリギリだったので、今日は血液検査をしてから受診の予定です。

往きの私鉄はダイヤが乱れていて、病院に着いてチェックインしたのは9時半過ぎ。採血は12分待ちでほぼその通りに終了。今日は好中球を確認するだけなので1本です。
腫瘍内科の外来で受付をして待つこと35分。中待合への表示が出てさらに35分ほど。中待合では途中で看護師さんによる体温測定と酸素飽和度のチェックがあり、ドクターが診察室の戸を開けて招き入れられたのが10時55分ごろでした。

おはようございますとあいさつをし、椅子に座ってドクターは問診の構えですが、先に「好中球はどうでした?」と私から聞いてしまいました。「それが、下がってないんだよねー」とドクター。どうやら2週間前に1000ギリギリだった好中球は、2週間のイブランス服用にもかかわらず、今日の値は1100ぐらいのようです。「ま、継続だねぇ」とのこと。私からの報告は「特に変わったことはありません。抜け毛が増えたこと、右ヒザに覚えのない痣ができたこと、今週はやたらと足が痙攣すること、爪の変形が気になることぐらいかなぁ。発熱はなしで、咳・痰は相変わらずです。そうそう、前回の受診で会計が4800円って出てビックリしましたよ」。ドクター「あれぇ、変だなぁ・・・」と電カルの画面を確認。今日はほかにやることはないので、ちょこっと雑談をして終了。本日の診察時間は約15分です。
次回の診察は6月14日の予定です。

5月17日(木) 受診

  • 2018年05月17日

今日の診察予約時間は9時半になっていますが、時間の余裕がある身になったので、かなりのんびり目に家を出ます。
病院に到着してチェックインしたのがちょうど9時半。今日は少々混んでいる感じで採血は13分待ち。その後のレントゲンもめずらしく混み混みで、受付で「20分から30分お待ちいただきます」と言われて中待合へ。腫瘍内科の外来受付に辿り着いたのは10時15分でした。
今回は保険証の変更があるので、その旨を申し出て保険証チェック。小一時間ほど待合の長椅子で本を読みながら待っていると「中待合へ」の表示が出ました。中待合では待つほどもなくすぐ診察室へ。

まずはいつものように体調報告。発熱なし。下痢なし。変わったことなしです。血痰も最近はほとんど出ません。ただ、血液検査の結果は白血球が2800、好中球が1008と微妙な数値。腫瘍マーカーは微増、レントゲンも微増大といった感じで、薬が効いてる様子も無い代わりに、積極的に薬を変える状況でもありません。CRPは昨年2月以来の低値です。
好中球はスレスレの数値ですが、添付文書通りということでイブランス継続。2週間後の受診日に再度、血液検査をすることになりました。
先月もらい忘れた血液検査結果を印刷してもらい、薬の処方と次回診察の予約を入れ、診察は終了。
引き続き化学療法室でフェソロデックスとランマークの注射、CVポートの洗浄をしてもらいました。

終了時間はちょうど12時。今日は時間に余裕があるので、院内のレストランでランチした後に自動支払機へ行くと、なんと会計金額は予定の10分の1以下。フェソロデックスとランマークの注射をして、こんなに安いはずはありません。以前も会計処理ミスがあったのでカウンターで調べてもらうと「ドクターの入力漏れ」だとか。診察室で私の目の前でぶつぶつ言いながら入力してたはずなんだけど、あのデータはどこに消えちゃったのでしょうか???
正しい金額をクレジットカードで支払い、本日の予定は終わりです。

次回の診察予定は5月31日(木)です。

第60回キャンサーボード勉強会

  • 2018年05月15日

ファイル 312-1.png

日医大武蔵小杉病院にて
緩和ケアにかかわろうという医療者は、当然、熱心なかたが多く、どの医療者も「早期からの緩和ケア」を実践しようという意欲はあるようです。
講演の中で、全国の緩和ケアのある病院にアンケートした結果の紹介があったのですが、「他院からの紹介も受け入れる」「治療と並行して緩和治療外来で経過を診ていく」「終末期になってからの初診では遅い」という回答が予想外に多かったのが印象的でした。
しかし現実は、他院からの紹介は拒否しないまでも初診まで時間がかかったり、治療が終わってからでないと実際には診てもらえなかったり、外来で併診するのは難しかったり・・・。これはキャパの問題が大きいのでしょうか。

私は、たまたま症状が急激に悪化しそうな状況のときに他院の緩和治療外来の受診を希望し、そのときの治療の主治医も問題なく紹介状を書いてくれたので、4か月待って受診することができました。受診できたときには既に症状は改善してしまっていたのですが、とくに受診を断られることもなく、入院審査会にかけてもらえました。その緩和治療外来には今でも治療経過報告のために通院していますが、このような状況は稀有かもしれません。そもそも必要性を感じてからアプローチするケースが多いわけですから、初診まで4か月も待ってたら間に合わないという人がほとんどでは?
もっとも、外来でつながっているとはいえ、いざ必要となったときにスムーズに入院できるとは限りません。ただ、必要になってから慌てて探すよりはマシかなという感じです。

やっとというか、とうとう無職

  • 2018年04月20日

大学を卒業して36年(歳がバレる?)。思いがけず地方自治体の行政マンとして働き始め、福祉や公証事務、広報、情報システム関係など、いろいろな仕事をやってきましたが、今日を最後に、とうとう完全リタイアすることとなりました。

過去にもこの日記に書いたとおり、平成26年3月31日をもって早期退職をしたのですが、
http://new.life.coocan.jp/risumin/diary/diary.cgi?no=114
いろいろ成り行きがあって、そのまま同じ勤務先で4年と20日、週30時間勤務の臨時職員(もちろん給料は4分の1以下に激減)として働いてきたのです。
http://new.life.coocan.jp/risumin/diary/diary.cgi?no=115
↑にも書いた通り、生きているうちに自分で退職金をもらうべく早期退職をしたのですが、元気なうちに実現したいと思っていた悠々自適の「老後」「余生」はちょっとお預け状態でした。それがやっと実現したわけです。
学生時代の長期休暇を除けば、10日以上の予定のない生活というのは物心ついて以来初めて。いったいどんな生活になるのでしょうか。
気になるのは、生活の糧である貯金がものすごい勢いで減っていること。少しはお金の使い方を見直さなくちゃ。大誤算で長生きしてしまったら超悲惨なことになりそうです。

4月19日(木) 受診

  • 2018年04月20日

良い天気です。3月の受診のときと違って、体調も良好。駅から病院までの道路脇にも、花がたくさん咲いていて気持ちの良い日です。
病院にチェックインしたのは8時半過ぎで、今日の診察前は採血のみ。採血はまったく待ち時間なしで、針刺しもスムーズでした。病院到着から10分程で外来受診の受付も完了です。各診療科ではまだ診察は始まっていないらしく、待合ロビーも空いています。まもなく看護師さんから整理番号を呼ばれて、事前問診と体温測定。自宅で測った時は36.4度でしたが、なんと35度台。「まぁ、熱はないということで」と看護師さんも苦笑い。
そこから1時間近く待たされましたが、これは血液検査の結果待ちと思われます。ようやく診察室に呼ばれたのは、私が1番目でした。

「おはようございまーす」と言いながら診察室に入り、いつものように体調報告。発熱なし。下痢なし。変わったことなしです。しばらく無かった血痰が、数日前にちょっとあったこと、昨日ぐらいから喉が痛いことなどを報告しましたが、血液検査の白血球は正常。CRPも低いです。腫瘍マーカーは微増で、月曜日に撮ったPET-CTも微増悪といったところ。所見報告でも「右肺は前回と同様、右坐骨の集積が前回より増加」というもの。
イブランスの恩恵はあまりないようですが、積極的に治療変更するような状況でもないので、現状維持で様子見です。
イブランスは4サイクル目を7日分しか服用していないので、まだ7カプセルの手持ちがあります。今日、14日分を処方してもらうと5サイクル目全期間がカバーできるので、途中にゴールデンウィークを挟むこともあって次回の受診は4週後の5月17日となりました。受診間隔が伸びて、ドクターは嬉しそうです。
「そのころは仕事を辞めてるから完全フリーだぁ。終活しなくちゃ」とつぶやくと「え、就活するの?」とドクター。「いや、片付けのほうの終活です」と言うと「ぼくも医者の終活したい」。いやいや、あと10年ぐらいは頑張ってもらわなくちゃねぇ。
次回の診察の予約入力では事前の血液検査とレントゲンを入れ、今日の薬の処方を漏れのないように確認しながら入れてもらっていたら、今日の血液検査結果のプリントをもらうのを忘れてしまいました。あーあ。次回忘れずにもらわなくちゃ。

診察の後は化学療法室に移動してCVポート洗浄、ランマーク注射、フェソロデックス注射をして終了です。
会計まで全部終了したのは10時半でした。
今日はこれから出勤です。

第59回キャンサーボード勉強会

  • 2018年04月17日

ファイル 308-1.png

日医大武蔵小杉病院にて
今日の特別講演は、国立がん研究センター東病院呼吸器内科医長の仁保誠治先生による「チーム医療によるirAEマネージメント」というもの。
irAEとは免疫関連副作用のことのようで、免疫チェックポイント阻害薬の有害事象にどのように対処するかというお話です。
マスコミではオプジーボが夢の薬のように取沙汰されていますが、免疫って両刃の剣なわけで、これまでの化学療法の副作用とは違った知識や対応が必要になるようです。

PET-CT検査(転院後2回目)

  • 2018年04月15日

深夜から、まるで台風のような暴風雨。雨は朝には小降りになっていましたが、まだ風は強いです。電車は動いているでしょうか。

今日はPET-CT検査です。
メインの病院にはPET-CTがないので、近くの検査専門クリニックに行くのですが、なんと土日でも検査OKとか。現時点では平日になかなか休みがとれないので、うれしい限りです。

暴風の中、予約時間の10分ほど前にクリニックに到着し、受け付け、着替え、問診と順調に進みます。安静室に落ち着いてからいったんFDGの注射に行き、さらに50分程待機。
撮影前にトイレを済ませ、いざ検査台に乗ったのですが、咳が出てしまい、落ち着くまでしばらく時間をもらいました。撮影中に咳発作が出ないかとひやひやものでしたが、なんとか無事撮影終了。結果は明後日に主治医のところに届くそうです。

4月5日(木) 受診、イブランス再開

  • 2018年04月05日

3月26日の臨時受診の後は、体調も徐々に回復し、年度末にめじろ押しだった予定(27日花見、29日フォーラム幹事会などなど)も順調にこなすことができました。昨日まで鼻水が大変でしたが、今朝はすっかり元通りです。

年度始めで仕事が立て込んでいるので、今日はできるだけ早く受診を終わらせようと、家を7時40分ごろ出発。病院にチェックインしたのは8時半過ぎでした。
それから採血、レントゲンと順調に回り、腫瘍内科の外来で受付をしたのが9時5分ごろ。受付後にトイレに向かうと、廊下で珍しく乳腺外科の顔見知りのドクターとすれ違ったので、ちょこっとご挨拶。
待合の長椅子で待機していると、今度は看護師さん登場。熱が下がったことを報告し、体温を測ってみると36.4度。酸素飽和度も97%と順調です。ほどなく中待合への案内表示が出て、さらに10分足らずでドクターが診察室の扉を開けて顔を出します。ばっちり私と目が合い、私の診察順です。
前回の受診(3/26)以降は発熱はないことを報告、咳・痰も発熱前の状況に回復し、酷かった鼻水も今日はあまりないこと。クラビットは予定通り飲み切り、その間、おそらく抗菌薬の影響で1回だけ下痢があったこと。足がよくつること。一時期、味覚障害か水が甘く感じるときがあったこと。いずれも大したことはありません。レントゲンは発熱前の状態になり、CRPもいつもぐらいの値に低下。ドクター「29日の会合の後に様子を聞こうと思ったんだけど、すぐいなくなっちゃったんだよねー」。確かその日は終了時間が遅かったので、早く家に帰りたくてさっさと駅に向かったのでした。
4サイクル目のイブランスは2週間休薬してしまい、3サイクル目の4週目から通算して3週間飲んでいませんが、明日から1週間イブランスを飲み、その後は予定通り1週間休薬。特に問題がなければ5サイクル目から通常通りの服用に戻すことになりました。
次回の診察は4月19日で、4月15日にPET-CTを予定していることもあってレントゲンはなし、採血だけ診察前に行うことにしました。

今日はこれから出勤です。

3月26日(月) 発熱、臨時受診、イブランスはお預け

  • 2018年03月26日

22日の受診日の翌日、なんだか熱が下がりません。本来であればイブランス4サイクル目の服用開始なのですが、未明に37.7度まで上がってしまったので、あえて白血球を下げる薬を飲むのは躊躇してしまいます。病院に電話してみると主治医は不在だったようですが、看護師さんから服用開始を先延ばししても大丈夫との回答をもらい、今日の服用はやめました。しかも、明日から温泉旅行の予定です。この温泉は絶対に外せないメンバーとの念願の旅行だったため、仕事は一日休むことにし、ひたすら熱が下がるのを祈りました。

しかし、深夜の熱は38.1度。朝には37.3度まで下がっていたので、温泉は決行。37.5度以上になったら飲むようにともらってあるクラビットとロキソニンを服用して出かけます。
昼間はおおむね良好で、夕飯まではなんとか持ったのですが、深夜には39度まで発熱。結局、日曜日の予定はキャンセルして宿をチェックアウト後、家に直帰。すぐ寝ました。それでもその夜は39.9度まで上がってしまいました。

26日月曜日、やむを得ずこの日も仕事を休み、病院に電話して臨時受診を依頼。9時には36度台になっていましたが、並みの風邪なのか、肺炎なのか、薬の影響なのか、診てもらうことにしました。

病院到着は10時半ごろ。自動再来受付機でチェックインすると、採血とレントゲンの予約が入っています。4日前にやったばかりですが、再度、採血とレントゲンをやってから、腫瘍内科の外来受付へ。今日は予約外ということもあり、いつになく待ち時間が長いです。なんだかんだ2時間ほど待ち、ようやく診察室へ。採血結果とレントゲンの画像と聴診器による呼吸音から、「おそらく軽い肺炎」との診立て。念のためCTも撮ってみることになり、CTをやってから再度診察へ。やはり軽い肺炎ということで、次回の診察までイブランスは休薬することになりました。クラビットを追加処方してもらい、あと1週間飲み続けることに。さらに、次回の4月5日にも採血とレントゲンをやることになりました。

病院を出たのは午後2時になっていました。ふぅ。
結局、その夜は37度超えにはならずに済みました。
2年ほど前に高熱が10日間続く経験をしましたが、そこまでひどくならずに良かったです。

3月22日(木) 受診

  • 2018年03月22日

一昨日あたりから、なんとなーく風邪のひき始めという感じがあって、葛根湯などを飲んだりしていたのですが、朝、体温を測ってみると37.3度。このところずーっと平熱だったので、ちょっと嫌な感じです。
今日の仕事は一日休みにしてあるので、診察予約時間は9時となっていましたが、ややのんびり目に家を出て、病院にチェックインしたのは9時12分。それから採血をし、レントゲンを撮り、腫瘍内科の外来受付にたどり着いたのは9時40分ごろでした。

中待合への案内表示が出るまでは30分程でしたが、その後がちょっと長め。前日が祝日で休診だったせいでしょうか。水曜日に受診予定の患者さんが今日になっているのかもしれません。
名前を呼ばれて診察室へ入り、体温のことを報告。レントゲンと腫瘍マーカーの結果はほぼ変化なし。そろそろ次の画像検査をやりましょうということで、4月15日にPET-CTの予約を入れてもらいました。

診察の後は化学療法室に移動してCVポート洗浄、ランマーク注射、フェソロデックス注射をして終了です。
次回の診察予約は4月5日です。