記事一覧

第12回サバイバーシップを語り合う公民館カフェ

  • 2016年05月25日

「がん治療医が、“がん”となり見えたこと、考えたこと!」
金沢赤十字病院 西村元一先生

いつもの公民館カフェは、スピーカーのお話を聞いた後に、テーブルごとにディスカッションをするのですが、この日はお話だけで終始してしまいました。

詳しい内容は、以下のページから報告書を見ることができます。
https://www.ncc.go.jp/jp/cis/divisions/05survivor/05survivor_05.html

第41回キャンサーボード勉強会

  • 2016年05月24日

『癌治療で苦しむ人と向き合うすべての人へ~緩和ケアの重要性~』
めぐみ在宅クリニック院長
小澤竹俊先生

この勉強会の直前に、NHKで小澤先生がちょこっと出演した映像を見ました。NHKで出たので、この勉強会は満席になってしまうかとおもいきや、意外に参加者は少なかったです。
医療者サイドも患者サイドも、あまり興味ある内容ではないのでしょうか。

緩和治療外来受診

  • 2016年05月18日

4か月ぶりの緩和治療科受診。前回はchemo後の治療選択について相談しましたが、その後、特に大きな変化はなく、今回は経過報告のみの予定です。

先週土曜日に撮ったCTの複写をお願いしてあるので、乳腺外科のクリニックに寄り、それから緩和治療科のある病院に向かいます。
受診予定は10時45分でしたが、10時15分ごろチェックイン。4か月ぶりなので保険証の確認をしてもらってから外来受付にCTの画像を渡し、待ち合いでしばらく読書。中待合いに呼ばれたのは11時15分ぐらいだったでしょうか。そこから更に5分ぐらい待って診察室へ。
報告事項は特にありません。渡しておいたCTの画像も既に見てくれたようですが、腫瘍の増悪はなし、体調も良好、腫瘍マーカーも問題なしということで、また数か月後に様子をみることとなり診察は終了です。

最後の拠り所のつもりで受診した緩和治療科ですが、症状が安定していると何のために受診しているか分からなくなります。でも、つながりが切れてしまうのも困るし、当分はこのまま受診を続けたほうが良さそうです。午前中に受診できれば仕事にもあまり支障はないので、その点でも助かります。

5月14日(土) CT&受診

  • 2016年05月14日

今日はCTです。
前回の画像検査は5カ月前で、chemo最終投与の翌週でした。そのときはchemoの効果が認められる結果だったのですが、それ以後は高用量トレミフェンという無治療に近い治療しかしていないので、今回増悪しているかいないかは大きなポイントです。

検査の予約が10時20分なのでチェックインはその30分前。交通のつながりが良くて9時40分には受け付けできました。まずは3階の画像センターです。今日はやたらと眠いので、待ち合いの椅子に座って半分ウトウトしていると名前を呼ばれて看護師さんの問診。かなり詳しい問診です。いつも採血が同じ場所だということもあって血管が固くなり、昨年9月のCTのときには造影剤のルート取りが大変でした。今日もこの後採血が予定されているので、2回針刺しが必要です。そこで、造影剤のための針刺しのときに併せて採血もやってくれることになりました。

検査着に着替えてCTの撮影室に入ります。頭部も撮影のオーダーが出ているのでウィッグも外します。検査台に乗ってまずは採血。そして造影剤の準備をして撮影。撮影自体は10分ぐらいだったでしょうか。
予定ではこの後採血をして午後から診察・点滴の予定だったのですが、採血は既に終了。診察も予定より早くできそうということで、着替えをしてから診察室に向かいます。このまま休憩なしで、先にゾレドロン酸の点滴をしてからCTの検査結果を聞くということになり、点滴のための検査着に再度着替えました。

診察に呼ばれてまずは問診。この1か月、咳も発熱も胃腸のトラブルもなく、口内炎も蕁麻疹もなく快調です。血液検査の結果も問題なしで、ポートに針を刺してもらって化学療法室へ。今日は先客は誰も居らず、リクライニングは4番でした。ゾレドロン酸30分、生理食塩水15分の点滴をしてから着替えをして、再度待合いで待っていると、12時少し前に診察に呼ばれました。

CTの検査結果は特に問題なし。増悪や新たな転移巣は無いようです。起床時に痛む腰にも画像上の問題はなく、腰痛は別の理由かもしれません。無気肺部分も12月のときの画像よりも少なくなっている様子。高用量トレミフェンと去痰薬2種(ムコダイン、ムコソルバン)を引き続き服用することにしました。

次回の診察は6月11日(土)の予定です。

第5回がんサバイバーシップ オープンセミナー

  • 2016年04月27日

「最新がん緩和ケア~緩和ケアって、終末期医療だと誤解して
いませんか?~」
国立がん研究センター中央病院 緩和医療科長
里見絵理子先生

基礎的な内容でしたが・・・。おさらい。

詳しい内容は、以下のページから報告書を見ることができます。
https://www.ncc.go.jp/jp/cis/divisions/05survivor/05survivor_05.html

4月9日(土) 受診

  • 2016年04月09日

4週目は温泉に行ったので、今回は前回受診から5週間目の受診&ゾレドロン酸点滴です。

実は昨夜急に思い立って、受診後は上越高田に日帰り花見に行くことにしました。クリニックから直行の予定です。そのため、ちょっとウキウキ気分で家を出ます。駅までのバスもすぐ乗れて、受け付け開始の5分前にはチェックイン。採血は順調に済みましたが、診察室に呼ばれるまではちょっと時間が空いたので、待ち合いロビーでNHKの週刊ニュース深読みを視聴。私の受診サイクルはすいている土曜日が多かったのですが、今日は患者さんが多く、化学療法と思われる人も次々と待合いロビーに入ってきます。診察室に呼ばれたのは私が1番目だったようですが、時間は9時10分ぐらいになっていました。
診察では今日は話すことはほとんどありません。熱も出なかったし、咳などの症状も出ていないし、血液検査の結果も良好です。
次回の受診予定を5週間後に決めて「じゃぁ、このときにCTの予定を決めましょう」とドクター。「え?先月は4月の受診のときに検査予約を入れましょうって言ってましたよ」と私が言うと、次回の受診予定日に検査も一緒にやることになりました。
ということで、次回は5月14日です。
最後にポートに針を刺してもらい(ちょっと痛かった)、診察室から化学療法室に移動。リクライニングは6番でした。ゾレドロン酸の点滴が30分弱、生食が15分ぐらい。着替えをして会計に向かったのが10時15分。クリニックを出たのは10時半ぐらいで、約2時間の滞在でした。

次回の受診は5月14日(土)の予定です。

3月5日(土) 受診

  • 2016年03月05日

午前7時40分ごろに家を出発。すぐバスが来たので乗って駅まで10数分。駅からはJRでも行けるのですが、地下鉄だと乗り換えなしなので地下鉄に乗ります。地下鉄の駅からは約5分。クリニック到着は8時25分ごろでした。

受け付けで診察カードと保険証を出し、少々待つとブルーファイルを渡してくれてスタートです。
2階で採血してから6階へ。今日の採血は痛みがまったくなく、とてもお上手でした。
6階ではロッカー室で上だけ検査着に着替えてから待合いロビーで本を読みながら待つことにしました。今日はとても患者さんが少なさそう。待ち合いには2人ぐらいしかいません。私の主治医の診察室に呼ばれたのは私が1番だったようで、9時少し過ぎでした。
このところはchemoの副作用もすっかり無くなり、体調はすこぶる良好です。屈んだ時に右の腰あたりが少し痛むぐらいで、相談や報告することは何もありません。今日の血液検査も特に問題なし。先月の腫瘍マーカーとホルモン値の結果が出ていましたが、腫瘍マーカーは特に変化なし。ホルモン値はおおむね閉経状態ということ。次回の予約を5週間後の4月9日(土)にしてもらい、トレミフェン120mgと去痰薬2種類を40日分処方してもらいます。4月の受診のときに次のCTの予約を入れましょうということになりました。最後にポートに針を刺して終了です。

化学療法室も誰もいません。先月に引き続きリクライニングは2番。ここでも本を読みながらゾレドロン酸の点滴を受けます。
終了して針を抜いて、着替えをして、次は会計・・・と思ったら、ロッカールームに看護師さんが現れ、なんと最後の生食を流すのを忘れていたとのこと。どうやら主治医のオーダー漏れのようです。
再度着替えて化学療法室に戻り、そこへ主治医が現れて謝りながら針を刺し、生食を50cc。腕からの点滴の際にはゾレドロン酸のみで良いそうなのですが、ポートのときには最後に生食を流すのだそうです。ドレーンに薬が溜まったままにしないためでしょうか。そういえば先月は生食を流したので、私も針を抜く前に言えば良かったのですが、生食のフラッシュ有りが正しいのか、無しが正しいのか良くわからなかったので、結局2回も針を刺す羽目になってしまいました。ふぅ~。
受診終了後に友人と待ち合わせているのですが、予定より少し遅くなってしまいそう。メールで連絡します。

次回の診察は4月9日(土)の予定です。

2月6日(土) 受診

  • 2016年02月07日

前回の受診から2週間ぶり。今日はしばらく中断していたゾレドロン酸点滴の再開の日です。
以前にゾレドロン酸を点滴していたときは9時半ぐらいにチェックインしていたのに、何故かアブラキサンやFECのときと同じ8時半の予約になっています。「まぁ、いいか」という感じで8時25分ごろクリニック到着。

8時半になると受け付けのかたがブルーファイルを渡してくれてスタートです。
まず2階へ行って採血。その後6階へ。chemoのときと違って血圧測定や身長体重測定はありません。でも以前と異なりCVポートからの点滴になるので、更衣室に行きます。上だけ検査着に着替え、荷物をロッカーに入れて待合いロビーへ。

診察に呼ばれたのは9時10分過ぎぐらいでしょうか。2週間の間に変わったことはないので、次回までの30日分の薬を処方してもらい、ポートに針を刺して診察は終了。

化学療法室に移動すると、今日のリクライニングは2番です。初めてかも。以前9時半にスタートしていたころは11時には終了していたので、今日は10時ごろには終わってしまうかなぁと思っていたのですが、腕への点滴に比べてCVポートを使ったほうが落ちが遅いそうです。しかも、腕のときにはなかった(ように思う)点滴後の生食が追加され、着替えも含めて以前より時間がかかるようになってしまいました。

結局、会計まで終了してクリニックを出たのが10時半ごろ。薬局に寄って帰ります。

次回の受診は3月5日(土)の予定です。

【追記】
2番のリクライニングは全然初めてではありませんでした。
たまたま過去の記事を読み返したら、2014年5月10日、2015年6月13日、2015年7月31日と3回も経験済み。7月31日の記事にはご丁寧に(初めてかも)なんてコメントも。
人間の記憶はホントあてにならない。

1月23日(土) 受診

  • 2016年01月23日

今日は今後の治療方針を決める日です。
12月19日のPET-CTを受けたときには、フェソロデックスかなぁと考えていたのですが、この1か月、私なりにいろいろ考えました。その希望を主治医は受け入れてくれるでしょうか。

予約時間は9時半。15分前ぐらいに受付し、採血をしてから6階へ。少々待つと意外に早く診察室に呼ばれました。
緩和治療外来のドクターの意見はどうだったかと質問されたので、20日の受診の状況を報告。ほかにS医師とK医師の意見も聞いたのでざっと報告しました。で、私の希望は高用量トレミフェン。ゾレドロン酸についてはFEC投与中に休薬していたこともあるので、あと1年ぐらいは4週ごとの投与で妥協すると伝えました。その間に新しい臨床試験の結果も出るかもしれません。この結論に主治医も同意してくれて、ゾレドロン酸を2月6日から再開することとし、今日は14日分のトレミフェン120mgを処方してくれました。
再発してからの治療は TAM 33か月 → 非ステロイド型AI剤 3か月 → ステロイド型AI剤 20か月 → chemo 6か月 ときているので、このタイミングで高用量トレミフェンはいい選択かもしれません。さて何か月もつでしょうか。

早速帰りに薬局へ寄ったのですが、なんと在庫がなく、一番早く入手できるのは価格の高いフェアストンで25日月曜日とのこと。今回は14日分なのでフェアストンで妥協し、次回(2/6)にはジェネリックを用意しておいてもらうことにしました。

ということで、次回の受診は2月6日(土)です。

緩和治療外来受診

  • 2016年01月20日

前回は10月7日だったので、3か月ぶりの緩和治療外来です。
今日は持参したPET-CTの画像資料を見ながら相談しようと、少し早めに来院して資料を提出。予定の時間まで1時間ほど本を読みながら待ちました。読んだ本は「男おひとりさま道」。もちろんこの前に「おひとりさまの老後」は読んでいます。私自身は「おひとりさま」になる確率は低いのですが、同居人はその確率大。作戦会議の話し相手になるために、少々ネタを仕入れておきます。

昨年4月から担当ドクターが変更になったのですが、診察室に呼ばれて入ると見慣れぬドクターがいます。なんと、外来の体制が変更になり、部長先生が今日の外来担当だとか。前のドクターは結構話し好きのようで、かつ呼吸器が専門だったのでちょうどよかったのですが、致し方ありません。
一応、予定していた相談内容をあれこれ聞いてみました。
今後の治療選択については、「自分は乳がんの専門ではないので、乳がんの専門の医師に相談したほうがいい」と言いつつも、「自分なら無治療」とのご意見。ゾレドロン酸については「3か月に1回というのはエビデンスがない。現時点では添付文書にあるとおり4週に1回」というご意見でした。

次回は3か月後ぐらいに受診するということにし、予約はなし。受診したい日の1か月前ぐらいに電話して予約することとなりました。