記事一覧

アブラキサンの副作用

  • 2015年06月16日

アブラキサン投与の2日後、いよいよ副作用が出てきた。

13日土曜日に1回目の点滴を行い、当然のことながらその日は特に変化なし。翌日曜日も副作用らしきものはなかった。
実は、吐き気止めのカイトリルが処方されていたのですが、薬局に在庫がなく、月曜日の午後にならないと入手できない。早期に出現するとしたら吐き気だと思われるが、結局吐き気はなく、ひと安心。

15日月曜日になって腰から下の違和感が出現。しびれと痛みとだるさが入り混じった感じで、普段通りサッサと歩くことができない。これがパクリタキセル特有の手足のしびれ&関節や筋肉の痛みと思われる。むずむず足症候群にしびれをプラスしたみたい。
ただ、仕事中はサッサと歩くことができないぐらいで、他に支障はなかった。
リクエストして処方してもらったリリカは15日朝から服用を始め、昼からはロキソニンも服用。
ところが、夜になってだんだん症状が強くなり、夜中にトイレに行くのも大変ってカンジ。そうこうしているうちに熱も出てきたので、抗生剤フロモックスを服用開始。就寝前は37.4度だったのが、夜中に目が覚めたときは38.7度、朝起きると39.2度まで上がってしまった。これでは出勤できない。とりあえず午前中は時間休をお願いし、再びベッドへ。10時半ごろには平熱になり、症状も軽くなったので午後から出勤したが、その後は特に問題なし。相変わらず下半身の違和感はあるが、仕事ができないほどではない。今日も忙しかったので午後からでも行って良かったと思う。
手のほうは右手親指が集中的にしびれているぐらいで、あまり不自由はない程度。

さてさて、どうやら吐き気は大丈夫そうですが、この後どうなることやら。不思議なことに副作用が出てきてから咳はほとんど出なくなった。これって薬が効いてるってことでしょうか?

脱毛は必至ですが、早くても10日ぐらい経ってからのはずなので、これからですね。
あとは便秘か下痢か。

ちなみに、鎮咳薬を休薬して様子をみる試みは、咳があまりにひどくなり、かえって痰も出なくなってしまったのであえなく断念。13日夜からリン酸コデインのみ服用再開しました。

6月13日(土) 初Chemo!

  • 2015年06月13日

いよいよ今日はアブラキサン投与1回目です。

一番早い時間でお願いしてあるので、受け付けは8時半。家を出るのは普段の出勤より早い時間です。
今日はすんなりバスに乗れたので早い時間にクリニック到着。健康保険から出してもらった限度額認定証を提示し、受け付け開始まで少々ロビーで時間調整です。同じように受け付け開始待ちの人が10人ぐらいはいたでしょうか。8時半になると順番に名前を呼ばれて其々のフロアに散っていきます。私も名前を呼ばれて院内連絡用のブルーファイルを受け取り、まずは2階へ。同じコースと思われる人が私の前に2人います。2階で血圧を機械で測ってから同じフロアの血液検査へ。名前を呼ばれ、体重測定をしてから血液採取。その後6階へ移動。6階の受け付けに着いたのはちょうど9時でした。受け付けにあらかじめ書いて持参した問診票を渡し、ロッカーを指定されてロッカー室(更衣室)へ。
ここで、実はロッカー室は2か所(化学療法用と検査用)あるのであまり広くないフロア内で迷ってしまい、再び受付でロッカーの位置を教えてもらいました。
ロッカー室には一人、使用中の人がいましたが、私と入れ違いに退出していきました。ここで着替え等の準備をします。ポートが胸に埋め込んであるので、上半身はもちろん着替えますが、下は不要かも。でも、今日は抜糸もするし、点滴中に検査着のほうがゆったりできるので、下も着替えます。
私はここで足を締め付けるタイプのソックスに履き替えました。足の抹消神経対策に多少は効果があるそうです。指先を冷やす保冷剤や、読書用のKindleなどを手荷物にまとめて準備完了。最後に出口においてある体温計で検温し、体温計もブルーファイルに挟んで化学療法室の入口の所定の場所に置きます。
待ち合いロビーで待っていると順番に看護師さんの確認(問診)があり、その後ドクターの診察→点滴という流れです。
点滴前には血液検査の結果も確認する必要があるので、結果が出るまで少し待ち時間があります。診察室に呼ばれたのは9時半ぐらいだったでしょうか。

診察室では、今日の点滴薬の副作用の確認をしながら、その対応用の薬の処方が中心です。吐き気が出たら吐き気止め(カイトリル、ナウゼリン座薬)、熱が出たら解熱剤と抗生剤(ロキソニン、フェロモックス)、便秘になったらマグラックス、でも私はどちらかと言えば下痢になる可能性のほうが高いので、下痢になったらブスコパン。そのほか、咳症状のための鎮咳薬、去痰薬などなど。てんこ盛りの処方です。
今日の血液検査の結果は特に問題なしということ。
最後にポート挿入部の抜糸をし、点滴用の針を刺して準備は終了です。

そのまま化学療法室に移動して2番のリクライニングに落ち着いたのが9時45分ごろ。さっそくいつものゾレドロン酸の点滴開始。アブラキサンは調合にやや時間がかかるので、ゾレドロン酸の後のようです。
ゾレドロン酸の点滴がいつもどおり約30分で終わって、点滴バッグを変えて次はアブラキサン。白濁してどろっとした感じの液体です。点滴もぽたぽたでなくぼたぼたという感じで落ちます。まぁ、体に入ってすぐに反応するわけでもないので、特に変化なし。これも約30分で終了し、最後に生食を15分流し、血圧と体温を測定して終了です。
看護師さんから院外処方箋の説明が再度ありましたが、ここでリリカを出してもらってないことに気が付き、処方してもらえるかどうか話してみました。着替えをしている最中にドクターに聞いてみてくれるということです。
患者間の情報では、タキサン系薬剤の抹消神経障害や筋肉痛・関節痛によく効くとのもっぱらの評判なのです。看護師さんはこのクリニックでは出したことがないと言っていましたが、ドクターが直接話してしてくれるということで、着替えも早々に診察室に移動。意外にすんなりリリカを処方してくれて、「リリカカプセルを服用される方へ」というパンフレットまでくれました。

6階の受け付けで来週の来院時間を決め、1階に移動したのが11時20分ごろ。10分ほどで名前を呼ばれましたが、健康保険の限度額が今日の分しか適用されていません。先週の日帰り手術で既に限度額近くまで払っているのでその旨を言うと再計算してくれて、支払いは3,480円でした。本来なら今日の分だけで8万円ぐらいかかるところです。もちろん、高額療養費の申請をすれば戻ってきますが、それでも一時的に払わなくて済むのは助かります。

全部終了してクリニックを出たのが12時ごろでした。
次回の来院は6月20日(土)の予定です。

緩和治療外来受診

  • 2015年06月10日

3月2日の日記に書いた通り、これまで外来で診ていただいていたドクターが3月末でお辞めになることとなり、今日の外来は新しいドクターとの初対面です。

予約は11:30。11:15に再来機で受け付けをし、外来の受け付けに持参したCTのCDを預けました。受け付けの伝票を見ると、今日の外来は後任の部長とは違うドクターのようです。さてどんなドクターでしょうか。
呼び出し機が鳴って中待合いへ移動したのが12:00ごろ。以前のドクターは中待合いで待つことはなく、前の診療が終わってから呼び出し機で呼ばれましたが、今日は前の診療中に中待合いに呼ばれました。診察室の中からはドクターと思われる声がかなり響いてきます。10分ほどすると診察室からは年配のご夫婦が出てきて、少しすると呼び出し機が鳴って診察室へ。
中に入ると40代ぐらいのドクターが立ち上がって挨拶してくれました。私も「初めまして」と挨拶。

さて、ここ3か月ほどの状況の報告と合わせて、初対面の私の状況を把握してもらうためにざっと経過を話したのですが、どうやらこのK先生は話し好きみたい。今日持参したCDの画像と、前回(12月)のPET-CTの画像を見比べながら「これが邪魔して無気肺になってるんだねー」とか、腫瘍マーカーの数値の経過を見ながら「あんまり上がってないじゃない、あ、でも最後のは反応してる」とか、いろいろしゃべりまくり。声も張りがあって結構デカイです。麦門冬湯を飲んでいるというと「シブいねぇ」を連発。

私が、現在飲んでいる鎮咳薬と去痰薬がてんこ盛りなのを示して、作用機序について質問すると、ムコダインとムコソルバンの作用機序について詳しく説明してくれました。どうやら呼吸器系がベースのドクターみたい。「痰がちゃんと排出できるといいんですが」と言うと「一度鎮咳薬を止めてみたら?」とのたまう。私の想像どおり、鎮咳薬と去痰薬は相反する作用のようです。「止めてみて咳が酷くなって大変なら再開すれば」という提案なので、やってみることにしました。

今週末から化学療法を始めるので、その結果が出るころに次の受診をするということにし、次の予約は9月2日(水)です。

寝返りが打てない

  • 2015年06月09日

某健康情報番組で、朝起きたときに腰痛がある場合は、きちんと寝返りを打ててないことが原因の場合が多いということをやっていた。
思い当たる節、アリアリ!

いままで腰痛なんて縁のなかった私ですが、最近、腰痛や背筋痛を感じている。特に朝起きた時。
咳が酷くなって仰向けに寝るのが辛くなったので、2週間ほど前から上半身を高めにして寝ている。確かに咳のほうは落ち着いて寝られるようになったが、腰痛が生じるようになった。
3日に中心静脈ポートを入れてからは、更に背筋痛も起きるようになった。
なんでかなーと思っていたが、どうやら寝返りを打ててないことが原因らしい。そういえば、16年前に手術で入院した時も、術後は寝返りが打てなくて背筋痛、肩こりが酷かったような記憶があることに気が付いた。
まさかこんなところに影響が出てくるとは、人間の身体ってホントに不思議です。

ポートのほうは挿入部もそろそろ落ち着いてきたので影響は少なくなってくると思うが、咳のほうはどうしましょう?
なんとか咳も出ずに、寝返りを打てるような体位を見つけなければ・・・。

6月4日(木) 受診

  • 2015年06月04日

昨日のポート埋め込み手術を受けて、今日は創チェックです。

予約は朝イチ。
早めにクリニックに到着するように家を出たのですが、朝のラッシュ時はバスも混み混み。思いのほか時間がかかってしまい、結局、受け付けしたのは予約の10分前ぐらいになってしまいました。

待ち合いロビーで待つことしばし。9時になると、他の診察室へ次々と患者が呼び込まれていきます。主治医の診察室は私が一番目かと思いきや、先に呼ばれた人がいて、私は2番目。それでも9時5分ぐらいで、昨日のX線写真を見せてくれて、長さ20センチぐらいのカテーテルが中心静脈に入っていることを説明してくれました。そして、昨日の帰り間際に左肩の裏側に妙な痛みがあったのですが、そのことを確認されました。今は痛みはなく、やはり休憩時の姿勢によるコリだったようです。
先週から飲んでいる漢方薬(麦門冬湯)の副作用がないかも効かれましたが、それもなし。どちらかと言えば飲み始めてから快調です。
薬の処方は来週13日にしてもらうことにし、最後に傷のチェックをして、テープを張り替えて終了。所要時間は約5分。その後会計してクリニックを出たのが9時15分ごろ。
本日の会計は1,030円でした。

6月3日(水) 外来手術で中心静脈ポート埋め込み

  • 2015年06月03日

今日は日帰り手術です。

10時20分ごろに受け付けをした後、まずは6階へ。
待ち合いに行くとほどなく担当看護師のSさんが登場し、着替えに案内されます。全部終了するまでロッカー室には戻らない予定とのことなので、術後の休息時間に読むKindleなどをエコバッグに入れて準備。検査着への着替えは全部脱いで、ショーツもディスポーザルにはきかえます。これは、患者の静脈の具合によって万が一の時に下半身に埋め込むこともありうるらしいので、その備えです。
着替えが終わると検温と血圧測定。数値に問題はありません。
少し待つと診察室に呼ばれ、ドクターから軽く本日の内容の再確認をします。すぐに隣室に移り、エコーで挿入部分の静脈を確認します。ドクターは画面を見ながら、「これが静脈」などと説明してくれました。
静脈の位置を確認しらたマジックで印を付け、事前の準備は終了。反対側のドアから処置室を出て、担当看護師さんと一緒に3階の画像センターへ移動します。

エレベーターで画像センターに行き、準備が整うのを待ってX線撮影室に入ったのが11:00。手術室ではないですが、X線写真を確認しながら行うので、ここでやるそうです。
入室するとすぐにX線の撮影台に乗って手術の準備です。局所麻酔なので手術の様子が見れるかと思いきや、青い不織布で該当箇所以外を覆い、顔のほうもその布でカーテンのように遮断されてしまいました。(残念!)
ドクターと会話しながら手術を進めるのですが、ポート埋め込みの場所を消毒し、まずは麻酔の注射です。最初はちょっと痛いです。「ちくっと感じる」というと適宜麻酔を追加しながら進めていきます。時々X線の画像を確認しながら、中心静脈にカテーテルを挿入。その後、ボタン型のポートを皮膚の下に埋め込みます。
http://chemo-support.jp/medical-apparatus/cvport.html
仰向けの状態で行うので咳が出るのが心配でしたが、奇跡的にこの手術中は咳が出ませんでした。(不思議・・・)
16年前の初発の手術のときも同じドクターでしたが、その後は手術には縁がなく、今回は16年ぶりの手術です。看護師さんへ指示する声などを聞いていると、ドクターはやっぱり外科医だったというのを再認識しました。
終わったところで
ドクター「咳が出ませんでしたねぇ」
私「ホント、奇跡的に出ませんでしたねぇ」
ドクター「手術がスムーズにできないかと心配したけど、もう咳してもいいですよ」
我慢してた訳でもないですが、なぜか終わったとなると咳が出ます。
ドクター「アブラキサン1回目で咳が出なくなる人もいますよ」
私「はぁ」
ドクター「疑ってるみたいですが、ほんとですよ」
私「ふーん」

終了して画像センターを出たのが11:40。6階に戻り、化学療法室で体温と血圧測定をします。水曜日は手術の日なので化学療法の患者は誰もいません。貸し切りです。4番のリクライニングで1時間ほど休憩。始めはKindleで本を読んでいましたが、後半はうとうと。50分ほどしたところでドクターが現れ、傷を確認し、分厚いガーゼから薄い保護テープに張り替えてくれました。
最後にもう一度検温と血圧測定をして今日の処置は終了です。

着替えて会計をするとちょうど1時ごろ。
院内処方で抗生剤5日分ととんぷくのロキソニンが出ました。
デニーズでランチを摂り、その後新宿のユザワヤに出かけました。

明日は朝イチで創チェックです。

6月2日(火) オリエンテーション

  • 2015年06月02日

今日は看護師さんによる化学療法オリエンテーションの日です。
予約は10時。午前中は仕事の休暇(時間休)をもらい、10時少し前に受け付け。いつもどおり6階の待ち合いに行きますが、主治医のドクターは不在の日です。診察室に呼ばれる代わりに、看護師さんが来て、一緒にカウンセリングルームのような所へ。ここは、化学療法がある曜日には、更衣室兼ロッカールームにもなっています。
ここで、始めにアレルギーや来院方法、緊急時の連絡先などのいくつかの問診・申告がありました。
続いて「アブラキサンの治療を受けられる方へ 治療のてびき」「アブラキサンの治療を受けられる患者さんへ 副作用と上手につきあうために」という冊子2種と、アブラキサン診療計画書というA3判1枚のものを参考に、説明を受けました。
内容は主に副作用についてのことや対処法・注意事項と、このクリニックの治療の流れ・段取りです。
だいたい知っていることのおさらいなので、あっさりです。
その後、実際に場所を確認しながら流れの再確認をしました。

全部で約1時間ほど。患者歴16年の私としては初Chemoといえども「ふんふん」という感じ。点滴室も既に1年半お世話になっているので、この後半年追加されてもどうってことありません。これが、患者成り立てのかたは不安がいっぱいで、大変なんでしょうねぇ。

今日は会計はなしとのことでした。
明日はいよいよ中心静脈ポートの埋め込み手術です。

5月30日(土) 受診

  • 2015年05月30日

先週のCTの結果を受けて、今日は次の治療選択を決める日です。

予約はいつもより少々遅くて11:30。11:15ごろにはクリニックに到着し、受け付けをし待ち合いロビーへ。意外に空いています。
ほぼ予約時間ぐらいに名前を呼ばれて診察室へ。
で、治療選択の結論は・・・。
 私「覚悟を決めてきました」
 ドクター「抗がん剤、やりますか」
 私「はい」
ということで、Chemoデビューすることになりました。

正式なセカンドオピニオンではないが個人的に親しくさせてもらっているS医師とK医師にメールで相談し、今の状況ならChemoにスイッチするのは妥当とのご意見をもらったことも報告。薬剤選択についてはいろいろ意見はあるのものの、私自身の都合なども勘案すると、まずはアブラキサンでスタートということも主治医のドクターの提案どおりということになりました。私としての治療の目的はQOLの維持であり、今の症状改善が最優先であることも再度伝えました。Chemoによる副作用と症状改善の可能性を天秤にかけ決めたわけです。
このクリニックでは中心静脈ポート留置を行うということです。
アブラキサンの副作用としては抹消神経障害、骨髄抑制、だるさなど。アブラキサンは前投与が不要ということで、デキサメタゾンはなし。吐き気は大丈夫かしらん???

スケジュールについてや、今後の段取りを確認するために、看護師さんにバトンタッチし別室に移動します。
看護師さんからはChemoを開始するにあたって、看護師によるオリエンテーションの実施、ポート挿入の日帰り手術、その翌日の創チェックがあるということ。アブラキサンは3週1回投与なので、投与の翌週にも受診するということ。副作用として脱毛は必至なので、その対応が必要であることなどの話がありました。
初回投与までの段取りがいろいろあり、最も早いタイミングを逃すと次は1か月先になってしまうようです。「別のホルモン剤で様子を見るような悠長なことは言ってられない」ということでChemoにスイッチするにもかかわらず、他の要因で先延ばしになるなら、その間の治療はどうなるのでしょうか。既に効かなくなっている(と思われる)アロマシンを続けるくらいなら、Chemoを始めるまでの短期間でも別の薬を試してくれてもよさそうなのに・・・、ブツブツ。
6月3日にポート挿入ができれば、最短で6日の投与開始ができるようです。
3日は別病院の緩和治療科受診の予定が入っていますが、その予定を変更することにし、2日オリエンテーション、3日ポート挿入、4日創チェックをお願いすることにしました。ただし、3週ごとの今後のスケジュールを勘案すると初回投与は13日のほうがよさそうです。その希望を伝え、スケジュールを受けての説明を聞くために再度午後に来ることになりました。時間調整のため、一旦昼食を摂りに外出します。

昼食後、2時過ぎに再来院。
診察室に呼ばれて再び今後の説明や段取りやその他もろもろの話です。
メインの治療をChemoにスイッチするとしても、ゾレドロン酸と咳対策の薬剤服用は継続です。
咳の薬はこれまでどおりリン酸コデイン(鎮咳薬)、メジコン(鎮咳薬)、ムコダイン(去痰薬)、ムコソルバン(去痰薬)、フルティフォーム(吸入ステロイド)で、それに加えて漢方薬の麦門冬湯はどうかと聞いてみたところ、追加するのはOKということで、とりあえず2週間分処方してもらいました。
ゾレドロン酸はアブラキサンの投与スケジュールに合わせて3週1回にするということだったので、6週1回にしてもらえないか聞いてみたところ、これについてはシブい回答。次回に持ち越しとなりました。
またアブラキサン4クールの次にどうするかについても、今後に持ち越しとなりました。
ドクターは今日はかなり体調不良とのことで、私のイレギュラーな質問&要望に今日は対応困難のようです。
後でも大丈夫なことは持ち越しとし、再び場所を変えて看護師さんとカウンセリング。午前中からずーっと付き合ってくれている看護師さんで、ポート挿入のときも担当とのこと。ドクターには聞きにくいことをいくつかリサーチ。このクリニックで化学療法をやるのは初発の補助療法が大半かと思っていたのですが、再発患者もめずらしくないようです。ただ、クリニックということもあって、病状が進行すると大学病院などの転院することになるとのこと。遠方の人は地元のがんセンターなどに移っていくようです。
半分世間話のようなことも少し会話しました。

最後に検査センターに寄り、身長体重測定と血液採取をして終了です。
会計が終了したのは15:45。めずらしく長時間の受診でした。

5月23日(土) CT+受診 → 究極の選択!

  • 2015年05月23日

きょうはCT検査です。
昨年9月から出始めた咳はだんだん酷くなるし、肺の炎症と思われる発熱の頻度も増してるし、腫瘍マーカーのCEAは上昇しっぱなしだし、増悪しているというのは予想の範囲。それがどの程度かというのが問題です。
昨年12月のPET-CTは思ったほど悪くなかったし、1月の胸部X線では「別人の画像かと思いました」とドクターに言われるほど無気肺が映ってなかったし、でも期待は禁物。常に最悪の結果に備えて心構えをしておくというのが私のポリシーです。

造影剤を使うので朝食は抜き。9時40分からの検査なので30分前の9時10分までには受け付けをする必要があります。
ちょうど時間ぐらいにクリニックに到着し、3階の画像センターへ。待ち合いの椅子に座っていると看護師さんがやってきて、事前の確認や注意などをいくつか。
仰向けになったり、深呼吸をすると咳が出るので、撮影に支障が出そうなことを申告すると、撮影スタッフのドクターや技師さんに伝えてくれました。昨年9月のMRIのときは2回ほど中断してしまったのですが、CTは静止が必要な時間が短いので、何とか頑張って撮影したいです。
その後、朝から水をコップ1杯ぐらいしか飲んでないので、造影剤が早く排出されるようにと紙コップに水を持ってきてくれました。ところが、8割ぐらい飲んだところでどういうわけかこぼしてしまい、ズボンがびちゃびちゃ。受付のクラークさんにタオルを貸してもらいました。

時間になってCT室に入るころにはほぼ乾いて水ジミも目立たなくなったので一安心。
検査着に着替えて検査台に乗ります。
今回も前回同様、首から腰までだけでなく頭部も撮影するようです。
検査台に乗っても時々咳が出るのでスタッフがとても心配してくれましたが、「大丈夫ですか?」と聞かれても答えようがありません。
頃合いを見計らって撮影し、何とか無事に終わらせることができました。

その後、診察まで1時間半以上時間が空くので一旦外出し、ブランチにしました。

11時半ぐらいに乳腺外科の待合いに行き、少々待つと名前を呼ばれます。診察室に入るとドクターはかなり難しい顔をしています。「これは良くない結果だな」と思ったら、案の定、肺の転移巣はかなり増悪していました。腫瘍と無気肺の部分を合わせて、右肺の4分の1ぐらいになっているそうです。そのうち腫瘍がどのぐらいの大きさを占めるかは画像では判別できません。最悪、全部が腫瘍なんてことも。
他に、右鎖骨の脇あたりのリンパ節(縦隔リンパ節)にも転移があるようです。胸骨の転移巣はどちらかといえば縮小している様子です。時々痛みのある右の腰や、左肩の付け根に異常はありません。脳や他の臓器にも問題はないようです。

ということで、当然のことながら治療の変更になるのですが、ドクターの提示は化学療法。3月末と4月初めに胸部X線撮影をしているのですが、その時の状況から考えてもここ1~2か月で病勢が急激に増しているという判断です。腫瘍マーカーも上昇し続けているし、このタイミングでしっかり抑え込まないと時期を逸してしまい、生命予後に影響が出かねないようです。
薬剤を変えるなら次はヒスロンHにしようと考えていたのですが、どうやらそんな悠長なことは言っていられないようです。
化学療法をやるならまずはアブラキサンということで、来週までにどうするかを決めることになりました。

QOLを下げてもこのタイミングで化学療法をやる価値があるかどうか。究極の選択をしなければなりません。

次の受診は5月30日(土)です。

5月16日(土) 受診

  • 2015年05月16日

月曜日に内科を受診したので今週2回目の受診です。
やや早めの9時15分にクリニックに到着するとすぐに受付して2階の血液検査へ。そこも待ち時間はほとんどなく血液採取が終わって6階へ。眠かったので待合いロビーではぼーっとテレビを眺めながら半分寝ていましたが、4人目ぐらいで名前を呼ばれて診察室へ。
問診で咳がかなりひどいことを言うと、これ以上は抗がん剤で元の腫瘍を小さくするぐらいしか方法がないという見解。どのみち来週にCTの予定になっているので、その結果を見て今後の治療を決めましょうということになりました。
ということで薬はとりあえず来週までのつなぎとして、1週間分だけ処方。
先月のCEAは最高値を更新。14.9でした。1CTPは下がっています。
点滴のルート取りはめずらしくいつもの場所が痛かったので、手首に近いほうの位置に変更。点滴のリクライニングは3番でした。

点滴が終わってリュープリンを打って会計を済ませると10時35分。今日はかなり早かったです。