記事一覧

1月9日(土) 受診

  • 2016年01月09日

早くも今年2回目の受診です。

いつも通り採血してから6階へ行き、しばらく待つと診察に呼ばれました。
4日以降、発熱はないこと、しかし痰と咳はまだあることを報告。
今日の血液検査では、炎症等は改善しているようです。
4日の血液検査の腫瘍マーカーの結果が出ていましたが、それについては軒並み下がっていて、chemoの効果はあった模様です。

次回は緩和治療外来受診後の1月23日に受診することとしたので、薬の処方はなし。現在服用している抗菌薬フロモックスは手持ちを飲みきって終了ということになりました。

次回の受診予定は1月23日(土)です。

1月4日(月) 受診

  • 2016年01月04日

12月28日に抗菌剤をフロモックスに変更し、発熱は
 12月28日39.3度、29日40.3度、30日37.3度(ロキソニン服用)、31日39.2度、1月1日38.7度、2日38.0度、3日37.8度
と、何とか徐々に下がってきました。
でも処方してもらった抗菌剤はもう無くなるので、朝にクリニックに電話し、午前中に受診することとしました。

10時45分ごろクリニック到着。いつものように採血をしてから6階へ行き、診察です。
まず、熱は徐々に下がっていることを報告。痰はまだかなりひどいので、抗菌剤フロモックスを更に1週間分と、去痰薬の追加を処方してもらいました。血液検査の結果は、白血球数は正常だったのですが、10日間ぐらいロクな食事をしていないので、アルブミンや総タンパクが軒並み低値。赤血球や血小板も低値です。
1月9日は予定通り受診することとし、今日は終了です。

実は年越しは温泉で過ごす予定で、更に1月4日から3泊4日の台湾旅行を予定していたのですが、12月29日になっても40度超の発熱があったので、すべてキャンセルしてしまいました。熱のせいか味覚異常も激しく、散々な年末年始です。

12月28日(月) 受診

  • 2015年12月28日

今日は仕事納めです。
朝一番にクリニックに行き、まずは血液検査。6階へ移動すると比較的早く診察に呼ばれました。

白血球数はG-CSFの効果もあってか正常値まで回復していましたが、毎晩の発熱は変わりなく、27日夜には40度まで上がってしまいました。
ということで抗菌剤をフロモックスに変更しました。
これでもダメなら大ごとです。

次回は1月9日に受診することとし、今日は終了です。

12月25日(金) 受診

  • 2015年12月25日

23日の夜に38度超の発熱。今回はこれまでの3回に比べて発熱のタイミングが少し早い模様。朝になると熱は下がり、抗菌剤(ダラシン)を飲み始めたのですが、他に異常はないカンジ。クリニックに電話をして25日のアサイチに受診することとしました。
24日の夜には39度超の発熱。クリニックを受診し、血液検査をすると白血球はこれまでの最低値となっていました。当然、G-CSFを打ってもらい、念のため28日も受診することとしました。

12月19日(土) 受診&PET-CT

  • 2015年12月19日

今日はFEC最終投与後1週間目の定例副作用チェックとPET-CT検査の日です。
アブラキサン4クール投与後の中間評価の際には、検査が少し先延ばしになってしまったので、今回は早めに予約をとりました。

午前9時に来院するようにとのことなので、8時少し過ぎには家を出ました。
実は、今回のFEC4クール目は今までよりも身体にこたえているようで、朝、目覚ましが鳴ってもなかなか起きられないこともあります。顕著なだるさではないのですが、昨日(金曜日)は大事をとって仕事を休んでしまいました。むかむか1歩手前の状態も心なしかこれまでよりも程度が強いようで、予防的にカイトリルを3回も飲んでしまいました。

受け付け→採血→PET-CT検査と順調に進み、6階の待ち合いロビーで診察を待つことしばし。しかし、診察予定時間の11時45分をしばらく過ぎたころ看護師さんから「画像転送が遅れているので、一旦外出して食事でもして、1時過ぎに診察でも大丈夫ですか?」と打診がありました。午後は予定があるのですが時間は決まっていないし、朝食抜きで早くお腹に何か入れたいところだったので外出することにしました。

お昼ご飯を食べて戻って来たのは1時少し前。診察室に呼ばれたのは1時15分ごろだったでしょうか。
診察室に入るとまずは副作用に関する問診で、とりあえず1週間の体調を申告します。血液検査の結果、白血球は4000を超えていて、今のところは問題なし。でも、1週間後は要注意ですので来週も受診して白血球値を調べてもらうことにしました。
その後、PET-CTの画像を見ながら説明を受けました。
結論から言うと「今回のChemoは良く効いている」ということのようです。
PETはおおむね5ミリ以上の大きさのがん細胞の塊には黄色や赤色としてFDGの集積が画像に写ります。そのようながん細胞の塊と判断される集積が、転移巣があるはずの右肺や胸骨や縦隔リンパ節にも見られませんでした。肝臓やその他の臓器にも新たに出てきたものは無いようです。肺の無気肺部分は相変わらずですが、現時点では画像に出ない程度にはがん細胞は縮小したようです。もちろん完全に無くなったとは言えませんし、この状態をどのぐらい維持できるかも不明です。
ドクターも「このまま何もしないというのはちょっと心配」と言い、現状を維持するための治療の選択肢として以下のものを挙げてくれました。

1 TS-1(ティーエスワン)
 テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウムを配合した飲み薬の抗がん剤
2 ゼローダ(カペシタビン)
 体内で5-FUになる飲み薬の抗がん剤
3 アロマターゼ阻害剤(フェマーラ(レトロゾール)、アリミデックス(アナストロゾール)、アロマシン(エキセメスタン)の3種類のいずれか)
 閉経後に使用するホルモン療法剤の飲み薬
4 ヒスロン(黄体ホルモン製剤)
 ホルモン療法剤の飲み薬
5 フェソロデックス(フルベストラント)
 ホルモン療法剤の注射剤

これらには、FEC投与期間中に休薬していたゾレドロン酸を再開してプラスしましょうとのこと。
現時点でどの選択肢が良いかは全く不明で、エビデンスはありません。1月20日に緩和治療外来の受診予定があるので、そちらのドクターとも相談して決めることとしました。
選択肢としては想定の範囲のものばかりですが、効果と副作用の点ではいずれも一長一短。これから1か月の間に次の一手を考えなければなりません。

診察室を出て1階に行くと、とても混んでいる様子。めずらしく30分以上会計を待ち、クリニックを出たのは午後2時をかなり過ぎたころでした。
すっかり遅くなってしまいましたが、今日はこれから三浦半島へプチリゾートの予定です。
次回の受診予定は12月26日(土)です。

第3回がんサバイバーシップ オープンセミナー

  • 2015年12月17日

「<がん情報サービス>をもっと知ろう」
 (がん対策情報センター長 若尾文彦)
「がん情報のリテラシーと<がん情報サービス>の成り立ち」
 (がん情報提供研究部 部長 高山智子)

詳しい内容は、以下のページから報告書を見ることができます。
https://www.ncc.go.jp/jp/cis/divisions/05survivor/05survivor_05.html

12月12日(土) FEC投与4回目

  • 2015年12月12日

今日でFECは最終回の予定。いつも通り家を7時半ごろ出発し、バスに乗って地下鉄の駅まで行きます。地下鉄に乗って、更に駅から5分ほど歩くと、予約時間の10分前ぐらいにクリニック到着。受け付けに診察券を渡して、8時半の受け付け開始をロビーで待ちます。

8時半になると、それまで待っていた人たちに順番にブルーファイルが渡され、それぞれの目的の場所に向かいます。私はまず2階に行って血圧測定をし、それから採血に向かいます。少々待った後に身長体重測定と採血をし、今度は6階に向かいます。6階では上半身を検査着に着替え、体温測定をしてファイルを化学療法室のファイル入れに入れておくと、しばらくして看護師さんの事前問診があります。私は先週も受診して血液検査をし、G-CSFを打ってもらったので、それ以降はあまり申告するようなことはありません。
またしばらくロビーで待つと、9時ごろに診察室に呼ばれました。
血液検査の結果、白血球は7680まで回復していました。G-CSFの効果が絶大なのか、もともと回復する時期なのか。先週測った腫瘍マーカーの値も出ていて、CEAが7.7まで下がっていました。こんなに反応したのは初めてです。1CTPも少し下がっていて症状が改善した証拠でしょうか。咳も出なくなったし、これで来週の画像検査(PET-CT)でも改善が見られれば少し安心です。
ドクターも「来週の画像検査の結果で来年からの治療を検討しましょう」とのこと。ただ、「維持化学療法とか」と言っていたので、引き続きchemoをやるつもりなのでしょうか。「ゾレドロン酸の再開も検討します」と言っていたので、点滴は続きそうな感じ。ゾレドロン酸はともかく、維持化学療法は何を考えているのかな。私的には現時点での選択肢の中で一番副作用が少なそうなフェソロデックス(フルベストラント)あたりを考えていたのですが。PET-CTの結果が良いことを祈るばかりです。

薬の院外処方をしてもらい、ポートに針を刺して診察室を出、化学療法室に移ってブルーファイルを提出すると、今日のリクライニングは3番でした。今日はめずらしく文庫本を持参していたので、前半は本を読みながら点滴しました。途中、アブラキサンの初回点滴と思われる患者さんが4番のリクライニングに来て、わたしより先に終わって出て行かれました。

全部終わったのは12時ごろ。会計してから今日もファミレスで昼ごはん。でも、お腹は空いているのに今日はなんだかおいしくありません。早くも副作用が出てきたのでしょうか。ブルーですが、維持化学療法がFECになることはありえないのでこれも最後です。とにかく1週間は乗り切らなくちゃ。

次回の受診予定は12月19日(土)です。

FECの副作用-私の場合

  • 2015年12月06日

●吐き気
明確な吐き気はないのですが、むかむか一歩手前という状況が、投与後2日目ぐらいから1週間目ぐらいまであります。
やたらと生唾が出て、げっぷがでたりします。においもやたらと鼻につきます。食欲はないのですが、食事をした後のほうが落ち着くので、なるべく空腹にならないようにしています。
日常生活に支障が出るほどではありません。

●味覚障害
Q.O.L.的にはこれが一番つらいかも。上記と同様に投与後2日目ぐらいから約1週間。何を食べても美味しくありません。口の中の粘膜に薄くロウが塗られているような感じがします。私の場合はお醤油味が特にわからなくなりました。

●骨髄抑制
ドクター的にはもっとも重大な副作用だと思いますが、体感的にはよくわかりません。私の場合は投与後2週間目に高熱を発し、血液検査をしてみると白血球数が1000をちょっと超えるぐらいという状況になりました。もともと感染症対策にはかなり気をつかっていますが、この時期は一層気を付けなければなりません。

●発熱
骨髄抑制の症状の一つですが、投与後2週間目に好中球減少性発熱と思われる発熱がありました。アブラキサンのときの投与直後の発熱とは異なる状況のようです。40度になったときは、さすがに少々ビビりましたが、割とすぐに解熱。高熱が長時間続くことはありませんでした。

●脱毛
これは必至です。
アブラキサンの最終投与後はほぼつるつるの状態でしたが、それから1か月半後にFECの投与が始まったので、髪は全体に1センチぐらいのびていました。それがFEC投与後に抜けたので気を付けないと始末に困ります。特に夜寝るときはちゃんと帽子をかぶっていないと大変なことになるでしょう。

●末しょう神経障害の後遺症
FEC自体は抹消神経障害の副作用はないはずですが、アブラキサンの後遺症がほんの少しですがずっと残った状態です。

●その他
一度、虚血性大腸炎と思われる発作に見舞われ、悪夢のような時間がありました。そのときは吐き気・嘔吐もありましたが、処方されていたカイトリル(吐き気止め)やナウゼリンを使う余裕もなく、腹痛の薬を使う余裕もありませんでした。
FECの副作用かどうかは不明です。

口内炎がたくさんできるということはありませんが、たまたま骨髄抑制の時期に外傷性の口内炎になり、10日以上治らずに困りました。

12月5日(土) 受診

  • 2015年12月05日

2回連続で投与2週間目に発熱で受診したので、3クール目の今回は予め2週間目も受診予定が入っています。これまでの状況からすると金曜日の夜には高熱が出てしまうのですが、今回はMAXで37度9分。あれぇ~、今回は大丈夫だったかなー、と思いながらクリニックに向かいます。

予約時間の少々前にチェックインし2階で採血。「今日も細い針を使いますねー」と看護師さんに言われ、「そうか、最近は細い針で採血してくれていたのね」と今更ながら気が付きました。それで血液の溜まるのに時間がかかっていたのかも。今日は4本です。おそらく腫瘍マーカーの検査もあります。

採血後は6階のロビーで少々待ちます。
名前を呼ばれて診察室に入ったのは10時半ごろだったでしょうか。先週の受診以来、特に問題となるようなことはなかったのですが、血液検査の結果は白血球が1000ちょっとしかありませんでした。これまでで最低かも。どうりで口内炎がなかなか治らないわけです。熱が出なかったのは謎ですが、熱が出る元気も無くなってきたのか、あるいはこれから出るのか??? 結局今日もフィルグラスチムを打ってもらうことにしました。年末年始が迫っているので、来週の4回目投与は延期したくありません。
それと、ひと通りFECが終わってから検査をしようとすると、またアブラキサンのときのようにかなり先の予定になってしまう可能性があるので「今のうちに検査予約できますか」と聞いてみたところ、4回目投与の翌週、12月19日にPET-CTの予約を入れることができました。これで年内にすべてかたがつきそうです。

次回の受診は12月12日(土)、FECの最終投与(4回目)です。

11月28日(土) 受診

  • 2015年11月28日

投与後1週間目の副作用チェック受診です。
わたし的には1週間目はあまり意味がなく、2週間目の骨髄抑制の確認のほうが重要ですが、一応、このクリニックのルーチンになっているので受診します。
今回は午前中に予定が入りそうだったので午後の予約にしましたが、結局予定は無くなり、なんとなく中途半端に午後から出かけました。

予定時間の午後3時10分ごろにチェックイン。まずは2階で採血です。今日の針刺しのかたはとても上手で、ほとんど痛みはありませんでしたが、血圧が低かったのかあまり血液の出がよくなく、3本取るのにいつもより時間がかかってしまいました。
その後6階へ。
血液検査の結果が出るまで時間がかかると思いきや、5分ほどの待ち時間で診察室に呼ばれました。
問診ではいつものとおりこの1週間の様子を聞かれるのですが、実は26日木曜日の夜に、虚血性大腸炎もしくは過敏性腸症候群の発作と思われる状況がありました。
夕食を食べた後しばらくすると、急激な腹痛と吐き気に襲われ、1時間ほど七転八倒(というより身動きできない)の状態に。強烈な腹痛、下痢、吐き気、嘔吐、冷や汗、脳貧血・・・。全部出ちゃってなんとか落ち着いた後はぐったりし、気を失うように寝てしまいました。翌朝には8割がた回復していましたが、今思い出しても悪夢のようです。
これについては発熱もなく一過性のものだったため、ドクターとしてはあまり重要視しない症状のようです。
今日の血液検査の白血球数は3300ほどで、特に問題なし。ただ問題は2週間目なので、これからの1週間のほうが重要です。既に12月5日の受診予約は入れてあるので、もしそれまでに発熱があったらロキソニンとダラシンカプセルを飲むようにとの指示があり終了です。

今日もクリニック滞在時間は30分ほどで終了しました。