記事一覧

医療の不確実性

  • 2016年08月21日

昨日は第15回かながわ乳がん市民フォーラムでした。
テーマは「高めよう患者力! ~情報に流されないために~」です。

私も実行委員会の片隅に参加しているのですが、今回は、これまで何度も話題に上がっていたのにもかかわらず、扱い方が難しいということで避けてきた補完代替療法についても触れることになりました。
その一つとして講師に招いたのが大阪大学大学院准教授の大野智先生。不勉強な私はこれまであまり存じ上げていなかったのですが、医療の不確実性について私が常々ぼんやりと考えていたことを、かなり整理して提示してくれました。

朝日新聞のアピタルに「これって効きますか?」という連載記事があります。
http://www.asahi.com/apital/healthguide/kiku/
医療の不確実性についての記事もあります。

8月19日(金) 受診

  • 2016年08月19日

7月の受診から6週後となるが、土曜日は予定があるため午前中に休暇をとって受診。いつもの出勤時間よりかなり早く家を出ます。

8時半少し過ぎにチェックイン。採血に向かいます。今日は一番ではないため少々待って採血をし、6階へ。点滴は空いている様子でロッカーはA。上だけ検査着に着替え、ロビーでオリンピック中継を見ながら血液検査の結果が出るのを待ちます。

診察室からお呼びがかかったのは9時15分ごろ。血液検査の結果は問題なしで、問診で報告することもほとんどなし。7月下旬に咳・痰・血痰があったのですが、咽頭痛や鼻水もあったし、血液検査でも炎症反応は認められず、どうやら風邪だった模様。今は咳もありません。このところ胃痛・腹痛もほとんどないし、体調は問題なしです。次回にPET-CTをすることになったのですが、受診予定の土曜日は検査の空きがなく、検査だけ前々日の午前中に受けることとなりました。
点滴室に移動して3番のリクライニングシートに座り点滴開始。ゾレドロン酸の後は生食を流して終了です。着替えをしてから再びロビーで少し待つと、看護師さんからのPET-CTの説明がありました。もう何回もやっているので今更という感じですが、規則なので仕方ないですね。

会計が終わってクリニックを出たのは10時45分。これから職場に向かいます。
最後に渡された血液検査の結果のプリントには、点滴をしている間に今日のCEAの結果も出ていて、数字が印字されていました。7月の5.8から更に上昇して12.3。症状は出ていないし、画像検査の結果も見なければなりませんが、さて、来月はどうなっているでしょうか。

次回は9月15日にPET-CT、17日に結果の説明と受診・点滴の予定です。

第15回かながわ乳がん市民フォーラム 「高めよう患者力! ~情報に流されないために~」

  • 2016年08月04日

日時:2016年8月20日(土)午後1時~4時(開場12時30分)
会場:はまぎんホール ヴィアマーレ(横浜市西区みなとみらい3-1-1)
参加費:無料

申し込み等、詳細は以下の通り。
http://www.nyugan-forum.jp/

【第一部】教育講演
司会:髙橋 保正(メディ在宅クリニック 院長)
『乳がん治療の最新トピック』
 勝俣 範之(日本医科大学武蔵小杉病院 腫瘍内科 教授)
『正確な情報の見分け方 ~補完代替療法は効果あるの?~』
 大野 智(大阪大学大学院医学系研究科統合医療学寄附講座 准教授)
『体験談』
 人見 由美子(体験者)
【第二部】パネルディスカッション
司会
 有岡 仁(横浜労災病院 腫瘍内科 部長)
 三輪 晴美(毎日新聞社 生活報道部 記者)
パネリスト
 勝俣 範之(日本医科大学武蔵小杉病院 腫瘍内科 教授)
 大野 智(大阪大学大学院医学系研究科統合医療学寄附講座 准教授)
 原田 知彦(神奈川県立がんセンター がん専門薬剤師)
 高橋 順子(日本医科大学武蔵小杉病院 患者支援センター)
 人見 由美子(体験者)
 奥州谷 文子(体験者)

コメント一覧

非公開 (08/12 17:19) 編集・削除

管理者にのみ公開されます。

非公開 (08/13 13:13) 編集・削除

管理者にのみ公開されます。

非公開 (08/19 09:34) 編集・削除

管理者にのみ公開されます。

スワイショウ

  • 2016年08月04日

スワイショウとは、手を振る気功法です。
漢字では甩手と書くそうですが、日本語にはない文字のため、カタカナで書かれることが一般的だそうです。

googleなどで検索してみると、記事も動画もいっぱい出てきますので、具体的にどのような運動かはWebで検索してみてください。

このスワイショウ、特に横回転のスワイショウは、私の腰痛に効果てきめん!
最近、寝返りがうまくできなくなったせいか、朝起きた時に腰痛があるのです。そのままPCの前でしばらく座っていると、更に硬直して痛みが増します。トイレで便座に座るのも辛いほど。それが、横回転のスワイショウを2~3分行うと、あっという間に痛みが軽減します。

7月9日(土) 受診

  • 2016年07月09日

朝から雨。鬱陶しいです。気温もやや低め。

いつもどおりバスと地下鉄を乗り継いでクリニックにチェックインしたのは8時25分。5分ほど始まるのを待ち、採血→着替えをして8時40分ごろには待合いロビーに座ります。30分ほど待合いでKindleを読んでいると名前を呼ばれました。

まずは問診。申告することはほとんどありません。発熱も咳・痰も特になし。朝起きた時に腰が痛いですが、2時間もすると痛みがなくなるのでよくある腰痛のようです。血液検査もほぼ異常なし。ただし、6月のCEAの値は3.7でしたが、7月は5.8とやや上昇。今後の動きを見なければなりません。
次回の受診日ですが、ちょうど4週間後に旅行の予定があるのでその翌週と思ったのですが、そこはドクターの休診日。結局6週後になりました。治療はゾレドロン酸の点滴と飲み薬だけなので、間が開いてもまったく問題ありません。
「次回の診察のときに次のPET検査の予定を決めましょう」とドクター。とするとPET-CTは9月ごろになりそうです。
ポートに針を刺してもらって化学療法室に移動します。

本日の先客は1名。私のリクライニングは2番です。
9時20分ごろからゾレドロン酸の点滴を始め、その後15分かけて生食を流します。終わって着替えをして、会計をして終了。今回もクリニック滞在時間は約2時間です。

次回の診察は8月19日(金)の予定です。

第6回がんサバイバーシップ オープンセミナー

  • 2016年07月04日

「がんを体験した“こころ”のケア~三人称の視点から~」

国立がん研究センター中央病院精神腫瘍科長・緩和ケアチーム
清水 研先生

セミナーの詳しい内容は、以下のページから報告書を見ることができます。
https://www.ncc.go.jp/jp/cis/divisions/05survivor/05survivor_05.html

6月11日(土) 受診

  • 2016年06月11日

chemoを終えてホルモン療法に戻してはや半年です。chemoの効果ってどのぐらい続くのでしょうか? 今の状態はchemoの効果が持続しているのか、はたまた高用量トレミフェンが効いているのか、まったくわかりませんが、増悪していないようなので良しとします。

いつもの出勤時間よりは早いので、NHK朝ドラは見ずに出発。家を出たのは7時40分ごろでクリニックにチェックインしたのは8時25分。所要時間はちょうど45分です。
8時半になって診療スタート。まずは採血です。今日はいつもの看護師さんではありませんでしたが、採血はスムーズ。その後、乳腺外科のフロアに移動し、検査着に着替え、待ち合いロビーで待つことしばし。きょうは他の患者さんもちらほらいます。

血液検査の結果が出たと思われる9時10分ごろに診察室に呼ばれます。今回は白血球数が高いとか。思い当たるふしはないのですが、CRPは正常だし、様子見となりました。腫瘍マーカーも(先月の結果ですが)ほとんど変化なし。咳・痰・熱の症状も特に問題なしということでポートに針を刺して終了です。

化学療法室に移動すると先客は2人ぐらい。今回は6番のリクライニングでした。Kindle持参だったのですがメガネ(老眼鏡!)を忘れたので、文字を拡大して読みました。読んでると眠くなるので半分はうつらうつら。ゾレドロン酸30分と生食15分流して終了です。

会計を終わってクリニックを出たのが10時半ぐらいでした。
次回は7月9日の予定です。

第12回サバイバーシップを語り合う公民館カフェ

  • 2016年05月25日

「がん治療医が、“がん”となり見えたこと、考えたこと!」
金沢赤十字病院 西村元一先生

いつもの公民館カフェは、スピーカーのお話を聞いた後に、テーブルごとにディスカッションをするのですが、この日はお話だけで終始してしまいました。

詳しい内容は、以下のページから報告書を見ることができます。
https://www.ncc.go.jp/jp/cis/divisions/05survivor/05survivor_05.html

第41回キャンサーボード勉強会

  • 2016年05月24日

『癌治療で苦しむ人と向き合うすべての人へ~緩和ケアの重要性~』
めぐみ在宅クリニック院長
小澤竹俊先生

この勉強会の直前に、NHKで小澤先生がちょこっと出演した映像を見ました。NHKで出たので、この勉強会は満席になってしまうかとおもいきや、意外に参加者は少なかったです。
医療者サイドも患者サイドも、あまり興味ある内容ではないのでしょうか。

緩和治療外来受診

  • 2016年05月18日

4か月ぶりの緩和治療科受診。前回はchemo後の治療選択について相談しましたが、その後、特に大きな変化はなく、今回は経過報告のみの予定です。

先週土曜日に撮ったCTの複写をお願いしてあるので、乳腺外科のクリニックに寄り、それから緩和治療科のある病院に向かいます。
受診予定は10時45分でしたが、10時15分ごろチェックイン。4か月ぶりなので保険証の確認をしてもらってから外来受付にCTの画像を渡し、待ち合いでしばらく読書。中待合いに呼ばれたのは11時15分ぐらいだったでしょうか。そこから更に5分ぐらい待って診察室へ。
報告事項は特にありません。渡しておいたCTの画像も既に見てくれたようですが、腫瘍の増悪はなし、体調も良好、腫瘍マーカーも問題なしということで、また数か月後に様子をみることとなり診察は終了です。

最後の拠り所のつもりで受診した緩和治療科ですが、症状が安定していると何のために受診しているか分からなくなります。でも、つながりが切れてしまうのも困るし、当分はこのまま受診を続けたほうが良さそうです。午前中に受診できれば仕事にもあまり支障はないので、その点でも助かります。