記事一覧

3月14日(土) 受診

  • 2015年03月14日

予約はいつもの9時半。9時20分ぐらいに受け付けをすると、血液検査をして乳腺外科の待合いロビーに到着するのがちょうど9時半ぐらいになります。

10分ほど待つと名前を呼ばれ、診察です。
この1か月は熱も出なかったし、特に変わったことはありませんでした。
1週間ほど前に謎の胸痛発作があったくらい。これも原因は謎のままですが、30分ほどで自然に治ったので引き続き様子見です。

緩和治療外来のドクターが変更になる件を報告し、前回の血液検査の結果を聞くと、CEAが12.1ng/ml(2月14日)と、またまた上昇していました。
でも、CEAの結果だけでは薬剤の変更は行いません。
症状は特に変化はないし、次回の受診の際にCTの予約を入れることにし、その結果を見てからでも判断は遅くないようです。

ということで薬はいつもどおりアロマシンと鎮咳薬2種、去痰薬2種。点滴の針を刺してもらい、ゾレドロン酸の点滴とリュープリンの注射を受けて終了です。点滴の椅子は今月も7番でした。

次回は4月18日の予定です。

腸内フローラ

  • 2015年03月09日

2月22日に放送されたNHKスペシャル「腸内フローラ 解明!驚異の細菌パワー」は、とても面白かったです。

人間の腸の中には数百種類の細菌が住んでいて、総数は100兆匹以上。その細菌が出す物質によって、我々の体に様々な影響を及ぼしているそうです。

活発なネズミと臆病なネズミの腸内細菌を入れ替えると、性格まで入れ替わってしまうとか、腸内を無菌状態にしたネズミに、太りやすい人の腸内細菌と太りにくい人の腸内細菌を入れると、ネズミも太りやすくなったり、太りにくくなったり。
これまで「体質」と考えられていたことや、因果関係が明らかでもその仕組みが不明だったものが、実は腸内細菌が関係しているということが解ってきたそうです。

もちろん、腸内細菌がすべてではないでしょうかが、DNAや環境だけで説明できなかったものが、徐々に解明されてきているようです。

あと、人間の便の半分ぐらいは腸内細菌の死骸だとか。初めて知りました。抗生剤を飲むとなぜおなかがゆるくなるのか理解できました。

イヤなヤツへの対処法

  • 2015年03月08日

とっても面白い記事を発見。

「クラッシャー指導医」にはこう立ち向かえ!
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/eye/201503/540964.html

これ、「クラッシャー指導医」だけでなく、普通の会社のイヤな上司や先輩にも当てはまるし、通常の人間関係にも応用できますね。

私も患者同士の会話の中で、ドクターについての評価を求められることがあるのですが、優秀なドクターかどうかは軽率には評価できません。ただ、あまり好ましくない医師の場合には「私は虫が好かない」とか言うことがあります。

緩和治療外来受診

  • 2015年03月02日

前回の受診時に年度内の受診を促され、めずらしく1か月少々のスパンでの受診です。
http://new.life.coocan.jp/risumin/diary/diary.cgi?no=157

今日の予約は時間もめずらしく午前11時。仕事のほうはホントは月初は休みにくいのですが、何とか調整して1日有給休暇です。
終了後は平日昼間でなければできない用事を済ませる目論見。

病院に到着して受け付けをしたのが11時10分前ぐらい。結局診察室に呼ばれたのは12時過ぎで、普段通院しているクリニックとは大違いです。こういうところが大きな病院は面倒です。
待っている間、初めのころはKindleで『吾輩は猫である』を読んでいたのですが段々眠くなってきたので途中からは院内患者観察に変更。もちろん患者ばかりでなく、付添いとか家族もいるとは思いますが、意外に若い人が多いです。

さて、診察ではあまり報告することはありません。
前回の受診日(1/26)の夜に38度超の熱を出したこと。翌日には下がったが抗生剤を5日間飲み、1/31に主治医のところに受診してさらに別の抗生剤をダブルで1週間飲んだこと。咳や痰はあまりひどくはないが、治まってはいないこと、などなど。

で、ドクターの話はご自身の退職のことでした。
今年度限りでこの病院を辞め、かねてよりやりたいと考えていた在宅緩和を始めるとのことでした。開業ではなく、在宅医療をやっているクリニックに移るとのこと。
後任のドクターは決まったとのことで、大学病院からいらっしゃるそうです。
私の受診の目的は緩和病棟への入院(もちろん必要になった際ですが)なので、在宅をやるドクターについていくわけにはいかず、後任のドクターに引き継がれることとなりました。
ということで、このドクターの診察を受けるのは今日が最後です。
次回は、何か変化があったら電話で予約して受診することとし、終了です。

咳の本当の消費カロリーは?

  • 2015年02月18日

2013年10月23日の記事で咳のことを書いたのですが、そのときは「1回の咳で消費されるカロリーは2kcalと言われているそうな。」と記載。
http://new.life.coocan.jp/risumin/diary/diary.cgi?no=98

別の機会に某病院の看護師さんから「咳の消費カロリーは2cal。2kcalでなくて2calです」との話があり、いったいどれが本当なのかいろいろググってみました。
でも、出てくる情報の多くは2kcal。中には2calというのもありますが、どうやら2kcalのほうが一般に流布しているようです。

でも、どっちが正しいかは不明。
誰か正解を教えてくれないかしらん。

2月14日(土) 受診

  • 2015年02月14日

いつもどおり予約は9時半で、その少し前にクリニック到着し、まずは血液検査です。採取は3本で、なんとなーく「いつもより少ない?」。

6階の待合いでは待ち時間はほとんどなく、すぐ診察室に呼ばれました。
今日はバレンタインデー。オバサンからのチョコじゃドクターもあんまり嬉しくないでしょうが、無いよりマシかもという感じでささやかなプレゼント。
咳はかなり改善し、しゃべるときに咳き込んだり、咳発作に見舞われることもほぼ無くなりました。抗生剤は8日間飲んで、その後は様子見。また熱が出たら残りの6日分を飲む予定。
抗生剤服用時におなかが緩くなったのは、服用終了後2・3日でほぼ元通りに。
朝起きた時に痰がちゃんと出ると一日調子が良いので、ムコソルバンは引き続き服用します。
リン酸コデインとムコソルバンの長期服用について問題ないかどうか聞いてみましたが、特に大丈夫だとのこと。
アロマシンも引き続きです。

1月の血液検査の結果を聞き忘れていたので確認すると、CEAはまたまた上昇(12月8.1→1月9.9)していました。「アロマシンはこのままでいいですか?」と聞いてみたのですが、ドクターは「腫瘍の増悪以外でも上がるから」と、特に問題視はしていない様子です。
今日のCRP値は0.2で、すっかり正常に・・・と思ったら、なんと、今日の血液検査の項目に腫瘍マーカーのオーダー漏れを発見!
今の私にとっては重要な指標なので、間が1か月空いてしまうのは困ります。先ほど採取した血液で、腫瘍マーカーの検査項目を追加できるかどうか確認してもらったところ、大丈夫だとのこと。ちょっと心配ですが、患者としては来月の結果を待つしかありません。
最後に点滴の針を刺してもらって終了です。

場所を化学療法室に移動して、7番のリクライニングでゾレドロン酸の点滴。今日は眠いのでほとんど寝てました。
点滴の後リュープリンを打ってもらって診察&治療は終了。次回は3月14日の予定です。

今日はこれから伊香保温泉へプチ湯治。楽しみです。

集中薬物投与?

  • 2015年02月01日

ファイル 158-1.jpgファイル 158-2.jpg

今日から新しい抗生剤で、薬はこんなに沢山になってしまいました。

左からアロマシン。
これだけが唯一、乳がんの治療薬。アロマターゼ阻害剤のエキセメスタンという薬。一日1錠。

次が抗生剤で、上がセフゾン、下がオーグメンチン。
セフゾンは一般的だが、オーグメンチンはペニシリン系なので街の調剤薬局ではあまり出さないみたい。いろいろ聞かれました。しかも、2種類併用とういのもめったにないみたい。
昨日までクラビットを5日間飲んでいたのですが、肺の炎症に何が効くか分からないので、あくまでも賭けです。短期間なら2種類同時でもいいでしょうということで、短期集中(7日間の予定)で服用してみます。いずれも1回1錠、1日3回。

次は鎮咳薬2種類。
上がリン酸コデイン。1回4錠、1日3回。下がメジコン。1回2錠、1日3回。
作用機序の異なる鎮咳薬で、これまで服用しているものを継続。

次は去痰薬2種類。
上がムコダイン。1回1錠、1日3回。下がムコソルバン。1回1錠、1日3回。
微妙に作用機序が違うということで、いつもはムコダインだけですが、2週間だけムコソルバンを併用してみます。

合計7種類11錠。
こんなに薬を飲むのは初めてだけど、大丈夫かしらん???

1月31日(土) 臨時に受診

  • 2015年01月31日

1月26日に38度超の熱を出し、頭痛もあって2日間は大人しく寝ていました。インフルエンザ様の症状はないので、どうやら扁桃炎か肺の炎症のようです。
熱が出たら飲むようにと、クラビット(抗生剤)が処方されていたので27日から飲み始めたのですが、咳はひどくなる一方。
先週まで早朝に痰が出ると一日ラクな状態が続いていたのですが、今週になってからは逆に痰が出ません。出ても透明なもので、貯留していたのが排出されているカンジではありません。
気管の奥がむずむずして咳が出るのですが、痰が出ないためにいつまで経ってもすっきりしない状態が続きます。
熱はすっかり下がり、咳以外は体調も悪くないので、28日水曜日から出勤していますが、今朝は起きたら左の肋骨がかなり痛みます。咳のしすぎで折ったかもしれません。
肋骨の痛みの件と、クラビットをいつまで飲めばよいか、咳や痰をなんとかする方法はないか、ドクターと相談してみようと考え、朝クリニックに電話を入れました。
午後1時半なら診察可能ということで行くことにしました。
それまでは痛む肋骨を庇いながら、ゆっくりのんびり掃除と洗濯を片付けました。

クリニックには1時20分ごろ到着。血液検査をし、胸部レントゲンを撮ってから6階のロビーで待ちます。
急な予約であることと、画像や血液検査の結果を待っていることもあり、診察室に呼ばれたのは2時近く。前回受診の1月16日以後の状況を話すと、画像上はほんの少しですが、やはりその時よりは肺に炎症が出ている様子です。肋骨は折れている様子はなし。軟骨にヒビが入ったか、肋間の筋肉痛でしょうとのこと。全体として血液検査結果も画像上もたいしたことはないのですが、問題は咳。26日に受診した緩和治療外来ではこれ以上強力な鎮咳薬としてはオプソ(モルヒネ)という話があったのですが、主治医のドクターとしては薬で抑えるのではなく、肺の炎症を解消するほうがお勧めのようです。クラビットは既に5日間飲んでいるので他の抗生剤をダブルで試してみることにしました。それと、痰がちゃんと出ると調子がいいので、痰を出やすくする薬として現在のムコダインの他にもう一つムコソルバンをダブルで飲んでみることにしました。作用機序が少し違うようです。
ダブル抗生剤というのは禁忌ではないが、普通はあまりやらないみたい。でも1週間程度の短期であればいいかなということで、短期集中の投薬治療を試してみることにしました。

帰りに地元の調剤薬局で処方箋を出すと、なかなか薬が出てきません。やっと呼ばれるとダブル抗生剤の理由をしつこく聞かれてしまいました。ふぅ。

ふむふむ 去痰法

  • 2015年01月27日

咳が酷いのを知った看護師の姪から「呼吸リハビリとか呼吸訓練とか調べてみたら」というメールが来たので、いろいろ調べてみたのですが、あるドクター(主治医でない)からは「呼吸訓練は息苦しさ(動作時の息苦しさも含む)に対して、呼吸に使用する筋力をupさせること、効率よく呼吸できるようなコツをつかんでもらうことを目的として行います。咳は気道の過敏性(気管の内面がいがいがして、ちょっとした拍子に咳が出てしまう)が主要因です。こちらに対しての呼吸訓練(呼吸リハビリ)は直接的には効果がないでしょう。やはり、薬物療法が主体になると思います。」というアドバイスがあり、呼吸訓練はNGということが判明しました。

しかし、呼吸リハビリについてググっているうちに、去痰法というのもあることを知りました。

上手な痰の出し方
http://www.erca.go.jp/yobou/zensoku/copd/sputum/index.html

呼吸理学療法
http://www.toneyama-hosp.jp/patient/forpatient/pdf/care2008-06.pdf
http://www.toneyama-hosp.jp/patient/forpatient/index.html

近頃は痰を出すのに苦労しているので、これらが参考になります。

「ポイント 咳は3回まで。それ以上おこなうと疲れます。」との記載がありましたが、私は毎朝3回どころか30回以上咳をしています。それでも特に疲れないのは、やっぱりまだ体力があるのかしらん???
咳しても痩せないし・・・。

緩和外来受診

  • 2015年01月26日

今日は15:20の予約。
せっかく錦織君の試合を見てから行こうと思ったのに、試合開始の時間が遅くなって開始時間にはもう家を出る時間となり残念。
しかも、昨夜から頭痛がしていていやなカンジ。熱を測ったらまだ36.8℃でしたが、絶対にこれから熱が出る気配。

病院へは15:00ごろ到着。ちょうどロビーで錦織戦を中継していたので、これ幸いと待ち時間に観戦。1セット終わったところで中待合いに呼ばれました。
中待合いに入るとすぐに診察室へ。
前回の受診の後からの咳の症状を話し、現在の治療を報告し、他には特にすることはありません。

次回は3月2日。ドクターから話しておくことがあるということで年度内の受診を促されたのですが、どういうことでしょうか。私の症状があまりにも変化なしで緩和外来ですることがないので、一旦終了にし、再度必要になってから改めて初診でかかるようにと言われるのか?と思いましたが、そうなったら、最近の緩和治療の中で推奨されている「初期からの緩和ケア」に反するのではないかと突っ込んでみようと思います。
あるいは、ドクターが他の病院に移るのか。どこの大学病院に教授として引き抜かれてもおかしくないかたなので、それもありかもです。そうなったら、ドクターについていくのか、病院に残るのか選択しなければなりません。
うーん、どんな展開になるのでしょうか。

帰宅したら案の定38度越えの発熱。即、寝ました。