記事一覧

12月20日(土) 受診

  • 2014年12月20日

このところ、北海道や北陸は大荒れの天気のようですが、東京もすっごく寒いです。
ばっちり寒さ対策をして、でも袖はまくれるようにして出かけます。
信号待ちをしている間にバスが2本行ってしまい、もっと本数の多い一つ先のバス停まで歩くことにしたのですが、更に1本乗り損ね。それでも山手線並みに来るバスなので2分ほどで次のバスが来ました。
こんなに本数が多いのに駅に着くころには超満員で、最後のバス停2つほどでは「次のバスにお願いします」という状態に。

さてさて、ほぼ予約時間どおりにクリニックに到着し、まずは2階で採血。その後6階へ。今日は私の前に3人ぐらい診察に呼ばれたので、団地ともおを見ながら少し待ちました。

呼ばれて診察室に入ると、ドクターは私が荷物を置いて椅子に座る前に「咳はどうですか」と質問。せっかちなのか、予約が多くて焦っているのか、でももっとゆとりをもって問診してほしい、と感じます。
咳発作は12月上旬からほとんど無くなったこと。でも腰や背中は鈍痛があること。熱は出ていないこと。おなかも胃も痛くなっていないこと。などを申告。
6日のPET-CTの結果は速報で教えてもらったとおり、ほとんど変わりなし。肺の腫瘍も現状維持。大きさは3センチ以下のようです。無気肺も特に悪化していない。胸骨の転移巣はちょびっとしかないですが、それも相変わらずちょびっとだけ。その他の骨や肝臓等には新たな転移は見つからないということでした。
というわけで、治療も現状維持です。

今日の血液検査の結果は、CRPは平常時に戻っていました。
先月の腫瘍マーカーは、先々月に比べるとCEAと1CTPが若干上昇。でも一番多い時ほどではないし、引き続き様子見です。

ところで、私は血中酸素飽和度を最近測ったことがないので、測ってもらえないかと聞いてみました。症状として息苦しさがあるわけでなく、私の無気肺の程度なら問題となるような状態ではないそうですが、自分の現在の状態を知りたいということでやってもらうことにしました。パルスオキシメーターで測るのであれば簡単なので、後でゾレドロン酸の点滴中にやってもらうことになりました。

次回の診察日を決め、点滴の針を刺して終了です。
「今年はこれで終わりですね。良いお年を」と言って診察室を出、点滴室に移動。今日は7番の椅子です。
ここでkindleを使ってよいか看護師さんに尋ねたところ、大丈夫ということなので、今日は本を読みながら点滴する、じゃなくて点滴しながら本を読むことにしました。(あれ?どっちでも同じか)
さっそく別の看護師さんがパルスオキシメーターを持ってきてくれたので測ってみると97%ぐらいです。ふむふむ。
この後ゾレドロン酸の点滴を済ませ、リュープリンを打って終了です。

次回は1月17日(土)です。

毎日朝晩体温を測る

  • 2014年12月11日

これはみんなにお勧めするというよりは、私個人が実践していることの一つ。
私は熱に鈍感のようで、38度超の熱が出ても測らないと気づかないことが多いのです。

随分前から体重管理のために朝晩体重を測るようにしていましたが、1年半ほど前から体温も朝晩測るようにしています。

体重を測って状態を確認していないと、すぐに重量オーバーになってしまうので、あまりダイエット効果はないのですが、増やさないための方策として励行しています。

体温はやはり感染症を見落とさないため。

口腔ケア─歯周病対策と歯根膜への刺激

  • 2014年12月10日

がん治療とは直接関係はないかもしれませんが、口腔ケアはQOL維持向上のためにとても重要です。

がん治療をやっているととかくおろそかになりがちですが、年齢や病状の進行や治療の副作用のために、満足に食べられなくなったり、寝たきりになりがちのときに、歯が健康であるかどうかは重要なポイント。骨転移があり、ゾレドロン酸の投与を受けているなら尚更です。

いずれ来るかもしれないその時に備えて、元気なうちから虫歯治療・歯周病対策はやっておくに越したことはありません。
骨転移が進んでからとか、認知症になってからとか、寝たきりになってからでは間に合わないのです。

歯と歯茎をつないでいる歯根膜への刺激は、脳の活性化に大きな影響があるそうです。
認知症の高齢者や寝たきりの高齢者が、歯根膜への刺激、つまり“噛む”ということが適切にできるようになると、劇的に症状が改善するという事例が多数あるとか。
ウツの改善にも効果があるとか、やる気スイッチもつながりがあるみたい。
入れ歯の場合には適合するように調整するのが良いらしいですが、自前の歯がちゃんと残っているのに越したことはなく、そのためには虫歯治療と歯周病対策が欠かせません。

幸い私は40代半ばの頃に歯周病治療を始める機会があり、治療自体が一段落した後も、歯周病対策を継続して行っています。おかげで自分の歯は1本も失っていません。歯周病専門の歯科医と懇意になったことも大きな安心で、骨転移が発覚してゾレドロン酸投与の時も、特に大きな心配なく始めることができました。
がん治療の副作用では、口内炎ができやすくなるというのもよくあることです。そんなときにも口腔ケアは重要で、かかりつけの歯科医がいるというのは有難いです。

最近の研究では、歯周病菌が様々な病気の原因に関係しているという報告もあるようです。
単に美味しく食べれるかどうかだけでなく(これもかなり重要ですが)、口腔ケアはQOLの重要ポイントです。

泣く。笑う。

  • 2014年12月09日

笑いが免疫力アップのために有効であるのは有名ですよね。
笑うとNK細胞が活性化し、がん細胞の増殖に対抗するというのは、様々な臨床試験で確かめられています。
もちろん笑うだけでがん細胞が撲滅できるというわけではありませんが、少しでも増殖速度が抑えられたり、体調がよくなったりするのはうれしいことです。

一方、泣くというのも身体のためには意外に良いそうです。
涙にもストレス解消効果や、免疫力アップ効果があり、それは笑いの効果を上回るという話も。
人間は悲しい時や、精神的なショックを受けた際に涙が出てきますが、それは自己防衛反応とも言えるようです。

この笑いや涙の効果は、自然な感情だけでなく、例えば映画を見て泣いたり笑ったりしても効果が期待できるとか。
今度レンタルビデオを借りるときは、ちょっと意識してみましょう。

要するに、感情は素直に表出するのがいいみたい。
感情を抑えるのはストレスになり、とにかく身体によくない。
笑いたいときには笑い、泣きたいときには泣くのが一番です。

口を閉じ、歯を離す。鼻呼吸する。

  • 2014年12月08日

ある健康情報番組で、扁桃炎が多い理由の一つに、口呼吸があるという情報を知りました。

鼻呼吸の空気の通り道には繊毛があり、細菌やウィルスを排除したり、胃のほうに運んで胃液でやっつけてしまうような仕組みがあるということ。
それが口呼吸をしてしまうと機能せず、扁桃(上気道)が直接外気にさらされてしまうので、空気感染をする感染症にかかりやすくなるということです。

確かに私は子供のころ、母親からしょっちゅう「口を閉じなさい」と叱られる子でした。
そして扁桃炎を起こしやすい子供でした。
もちろん、両者に関連があるとは夢にも思いませんでした。
母親の注意のおかげで意識して口を閉じるようになり、成長とともに扁桃炎も少なくなりました。

もう一つ、別の健康情報番組で、肩こりは歯を食いしばっていることがいけないという話を聞きました。歯を離すようにすると肩こりが解消するそうです。就寝中も歯を食いしばっている人は、朝起きた時にぐったり疲れていて、睡眠障害にもなってしまうとか。
私はどちらかというとヨダレを垂らして寝ていることが多いので、歯を食いしばって寝ていることはなさそうですが、口は閉じたほうがよさそうです。
そして、閉じた口の中の歯は離すようにしておく。
これは習慣づけるに越したことはありません。

帰宅時の手洗いとうがい

  • 2014年12月07日

私の治療目標はQOLを下げないこと。
昨今の社会情勢を見ていると80・90まで生きたって面倒なことのほうが多そうなので、完治や長期生存を目指そうなんて気持ちはさらさらありません。
それと、面倒なことや手間のかかることはイヤなので、マクロビや玄米食などの食生活の改善とか、保険適用になっていないような特殊な治療はやろうと思いません。

こんな状態で自分的にかなり努力して励行しているのは、帰宅時の手洗いとうがいです。
今の私の状態だと、肺炎になってしまうのが一番ヤバイ。
がんの進行と関係なく、1週間ぐらいであの世往きってのは予定が狂ってしまうのでぜひ避けたいです。
そのため、感染症予防は比較的努力しています。

12月6日(土) PET-CT&インフル予防接種

  • 2014年12月06日

今日はPET-CTの日です。
いつもなら定例の受診に合わせて検査もやるのですが、20日には空きがなくて検査予約を入れられず、今回は検査だけやって結果は後で聞くことにしました。時間も一番遅い14:30からで6時間前から禁食。仕事のときであれば昼を抜くだけですが、家にいるとうっかりつまみ食いをしたり、コーヒーを飲んだりしそうになり、ちょっと緊張。
朝8時以降は水だけ飲むようにして家事を終わらせ、昼の分の薬(鎮咳薬と去痰薬)を飲んで出かけます。

クリニックには1時45分ごろ到着。受付をして3階の画像センターへ行き、すぐに検査着に着替えです。
着替えが終わると身長・体重を測定し、その後問診。既に6回目なので手順等も慣れたものです。問診の最後に咳の質問がありました。実は1年前のPETのときは仰向けになると咳が出る状態で、40分間の撮影がちゃんとできるかどうか危ぶまれたのですが、そのときはなんとか大丈夫でした。9月のMRIのときは咳がひどく、撮影中に咳発作が起きて中断してしまいました。今回は何故か5日前ぐらいから咳発作が出なくなっているので大丈夫そうです。問診の後はペットボトルの水を受け取って検査コーナーへ移動。

注射針を刺し血糖値は問題なし。FDGを注入してから安静室に入り、そこでぼーっとテレビを見ながら小一時間、FDGの集積を待ちます。時間が来るとインターホンで呼ばれて安静室を出、トイレを済ませて少し待つと、検査室からお呼びがかかりました。

検査台に仰向けになり、CTの撮影とPETの撮影。一旦起き上がって反対向きになり、今度は下半身を撮影。いつもより長いです。どうやら今回はいつもの撮影範囲よりも下半身を念入りに撮影するようです。そのため時間が長くかかり、終了後の待機時間はなし。撮影が終わるとそのまま検査コーナーから退出です。

検査はこれで終了ですが、インフルエンザのワクチン接種をお願いしてあったので、そのまま6階へ移動。受付で問診票を書き、体温を計ってから待合い(今日は空いてる!)で待っていると、ほどなく診察室へ呼ばれました。
診察室へ入ると、なんと先ほどのPETの画像がもう出ています。早い!
ドクターは「まだ速報ですが」といいながら、肺の状況にはあまり変わりがないということ、腰や膝の骨には特に転移と思われるようなものは見当たらないことを教えてくれました。腰痛や関節痛は整形外科的なものかも。詳しい結果は2週間後の受診のときに聞く予定です。
熱もないし、インフルのワクチン注射は問題ないということで問診は終了。2階へ移動し注射を受けて終了です。

インフルはもちろん全額自己負担で、税込みで5,000円。PET-CTは自己負担3割で27,590円でした。

11月21日(金) 受診

  • 2014年11月21日

明日からは3連休。今月も土曜日から旅行の予定を入れてしまったので、2か月連続で金曜日受診です。しかも、午前中しか予約を取れなかったので、仕事は丸一日休みにしてしまいました。今年3月から9月までは怒涛の日々だったので、こんな日(通院のために一日仕事を休むことができる)がやってきたこと自体が嬉しいです。

さて、9時半予約のところ受付に着いたのは9時15分。いつも通り2階で採血をし6階へ。6階ロビーの待ち時間もほとんどなく診察室へ。

8日からリン酸コデインに変更しました。
咳は全体的には減少しましたが、発作的な咳は相変わらず時々出ます。
発熱で5日に受診した際に14日分処方してもらった抗生剤クラビットは、18日まで服用。8日に37.1度になった後はずっと36度台です。
14日未明に胃の激痛がありました。何年も前から時々出る症状と同じです。熱は出ませんでした。クラビットとの関係があったので手持ちのロキソニンは飲みませんでした。30分ほどでおさまってその後特に問題はありません。
リン酸コデインの副作用の便秘にはなっていません。別病院の緩和治療外来で緩下剤を出してくれたので、そもそもリン酸コデインには最初からマグラックスを併用しています。
最近腰痛があって、ちょっと気になります。
18日に膝を捻ってしまって痛いです。

大体こんなようなことを申告し、前回のCT(8月2日)から3か月以上経つことから、近いうちにPET-CTを撮ることにしました。
しかし、4週間後の受診日にはPET-CTの空きがなく、12月6日土曜日にPETだけ撮って、20日の定例の受診の際に結果も聞くことにしました。

私の現在の状況だと、インフルエンザや肺炎が最も要注意です。インフルエンザと肺炎球菌の予防接種はできるかどうか聞いてみたところ、同時は無理だが可能だとのこと。そこで先にインフルエンザのワクチン接種をし、しばらくして肺炎球菌のワクチン接種をしたいとリクエストしました。
ゾレドロン酸と同時の接種はできないということなので、6日のPETの後にできるかどうか調べておいてもらうことにしました。

今日の血液検査では白血球数は正常で、CRPも10月よりは下がっています。腫瘍マーカーの結果はまだ出ていませんが、前回のCEAは前々回に比べて特に上がってはなく、ホルモン療法は継続。薬は問診の結果いろいろ出してくれることとなり、アロマシン、メジコン、リン酸コデイン、マグラックス、ムコダイン、ブスコパン、クラビットと7種類にもなってしまいました。リン酸コデインとメジコンの併用もアリなんだそうです。ブスコパンは胃痛が出た時のため、クラビットは発熱した時のためのものです。

点滴の針を刺してもらって点滴室へ移動し、椅子は今回も3番。点滴の途中で咳の発作が出てしまい、看護師さんが2人がかりで背中をさすってくれました。見た目ほどは苦しくはないんですが、はたから見るとそうとう苦しそうに見えるようです。息苦しくもないのですが、機会があったら血中酸素飽和度でも測ってもらおうかしらん。

ということで、次回は12月6日です。

胃痙攣?

  • 2014年11月14日

深夜に錦織対フェレールの試合を見てから寝たのですが、未明に目が覚め、トイレに行ってまた寝ようとしたところ、急に胃が痛くなりました。
痛みは急激に増し、あっという間に寝ていられなくなり、起き上がってもダメ。うずくまる格好で身動きが取れなくなり、「これは救急車を呼んだほうが良いか?」とまで考えました。(結局呼びませんでしたが)

同居人も目が覚めたようですが、ちっとも心配してくれる様子はなし。
ベッドの脇の床にうずくまる状態だったので、やっと「寒い」と言ったら暖房のスイッチを入れ、「28度にしたがまだ温かくならない」とのたまう。
私は声も出せない状態のところ、やっと「ふとんかけて」と伝え、背中にふとんをかけてもらいました。
その後、ぬるめの白湯を持ってきてもらい、何口か飲んだところでだんだん落ち着いてきました。
時計を見ていなかったので正確にはわかりませんが、治まるまで30分ぐらいだったでしょうか。
どうやら熱はないようです。
やっとベッドに寝られる状態になり、なんとか2時間ぐらい眠ったところでいつもの起床時刻に。

このタイプの胃痛はかなり昔に何度か経験したことがありますが、こんなに激烈なのは初めてです。
ネットで調べてみても当てはまるのは胃痙攣ぐらいですが、痙攣というより胃が石のように固まって周りに痛みを発信しているようなカンジ。どちらかと言えば胃炎の痛みですが、こんなに急に発生したり、治まったりするのでしょうか。
激痛を発する原因としては、胃潰瘍、胃炎のほかに、胆石や膵炎があるようですが、ちょっと違う感じ。
現在服用中の抗生剤クラビットの副作用に「けいれん」というのがあるのが、気になります。

リン酸コデインにスイッチ

  • 2014年11月08日

ファイル 141-1.jpgファイル 141-2.jpg

今日から鎮咳薬をメジコンからリン酸コデインに変更してみます。
緩下剤のマグラックス錠も一緒にのみますが、さてどうなるか。

リン酸コデインは1回なんと4錠で1日3回。今は抗生剤も飲んでいるので朝飲む薬はこんな分量に。
メジコンやアロマシンと比べると、他の薬はみんなデカイ!