記事一覧

8月6日(木) 受診

  • 2015年08月06日

副作用チェックのための受診です。
予約時間は9時で、その5分前には受け付けに行く必要があるのですが、今回も道路が混んでいてバスが遅れ、少々遅めの到着となってしまいました。

受け付け→採血→乳腺外科という段取りです。
血液検査の結果が出てから診察の予定ですが、待ち合いロビーではほとんど待たずに診察室に呼ばれました。
白血球数の値は3500台で正常値の下限ぎりぎりですが、抗がん剤投与後6日目の値としては合格点。今回は熱も一瞬だけ38.5度になりましたが、吐き気もなく、全体として副作用は少ないほうのようです。4回目の投与を22日(土)に行うこととし終了です。

会計を済ませて外へ出たのが9時40分ごろ。クリニック滞在時間は40分でした。

アブラキサンの副作用-私の場合

  • 2015年08月02日

まだ3回しか投与してませんので、今後どうなるか分かりませんが、覚書として書いておきます。

●吐き気
ほとんどありません。
一度だけ、2回目投与の3日後の午後になんとなーく気持ち悪くなり、3時ごろからは本格的に吐き気を催してしまいました。
しかし場所は職場で仕事中。しかも、業後は姪との食事の約束があります。吐き気止めのカイトリルは生憎持っていません。
なんとか5時までやり過ごしたところ、5時半ぐらいには吐き気は収まりました。その後、姪と落ち合って食事をしましたが、まったく問題なしでした。
今のところ吐き気はこの1回のみです。

●関節痛・筋肉痛
投与の翌々日ぐらいから発生します。
私の場合は主に足。だるいというか、重いというか、ピリピリするというか、表現しがたい痛みで、2回目投与の翌々日の夜はうんうんうなってしまいました。
筋肉が痛いのか関節が痛いのか、まったくわからない謎の痛みです。これも末しょう神経障害の一種のなのでしょうか。最もひどい時は歩くのが困難な状態ですが、それも一晩ぐらいで半減します。

●末しょう神経障害
手の指や足首から先の感覚がおかしくなります。
手は指がピリピリするカンジがあり、細かい動作ができなくなります。よく物を落とすようになり、ボタンがはめにくくなったり、落ちた髪の毛をつまめなくなったりします。私の場合はもっぱら右手ですがそれほど重症ではなく、日常生活で困るほどではありません。
足のほうは投与3日目から1週間ぐらいは歩行困難感があります。ほぼ一日、痛くて歩きにくい状態になったりもしましたが、1週間を過ぎるとだんだん軽減します。早く歩けない、階段を降りるのが難しい、歩いていてよくぶつかる、ふらつく、躓きそうになる、という状況です。なるべくエスカレーターやエレベーターを使ったり、通勤は時間に余裕を見て家を出たりします。
手足の他にも単発的に胸の中央や、脇がピリピリしたりしました。ヘルペスのときのような痛みですが、これは一時的なものでした。

●発熱
1回目投与のときも、2回目投与のときも、土曜日に投与した後の月曜日の夜に39度超の発熱がありました。半日ぐらいで平熱になりました。

●湿疹
これも副作用なのかどうか不明ですが、襟足、手の甲、鼠蹊部など、湿疹が出現。でもいずれも1~3日ぐらいで治りました。あまり痒くも痛くもないし、広範囲でもないし、それほど辛いものではないです。

●脱毛
これは必至ですね。
「抜け始めたら1日で抜けた」という友人もいましたが、私の場合は初回投与10日後ぐらいから抜け毛が多くなり、その2日後には頭皮がびりびりして多量に抜けるようになりました。更にその4日後(初回投与から16日後)からはウィッグを付けないと外出できないぐらいになりました。更にその3日後にはほぼ抜けきり、脱毛自体は少なくなります。でも、つるつるではなく少々残っている状態(新生児レベル)です。

●その他
便秘、下痢、口内炎、食欲の低下、味覚異常などは今のところありません。
私はもともと口内炎ができやすく、2回ほどなりかけの状態になりましたが、すぐに口内炎パッチを貼ったら酷くならずに治りました。

今日は3回目の投与3日目です。ひょっとすると今晩から明日にかけてが副作用のピークかも。ドキドキ。

7月31日(金) 3回目の点滴

  • 2015年07月31日

仕事は都合よく1日休みにできたので、本来であれば明日の土曜日が3回目の点滴なのですが、1日前倒しにしてもらいました。
8時半までにクリニックに行くには通勤ラッシュ時間帯なので、看護師さんは心配してくれていましたが、特に問題なく到着。8時半から血圧測定→採血→身長体重測定→着替え→体温測定→看護師さんの問診と順調に進みます。
トイレを済ませて待合いで待っていると、9時20分ごろには診察室に呼ばれました。

今日は穏便に済ませようという作戦なので、アンケートには余計なことは書かずに提出しています。
ドクターも2週間前とは少々異なる雰囲気。血液検査の結果は問題なしで今日の点滴は実施可。CRPの値は正常値になっていて、炎症も無くなっている模様。咳が少なくなったことや、一時期血痰が多くなっていたが、その後痰自体もほとんど無くなったことを報告すると、「薬が効いているようですね」。
手持ちの薬の数のメモを見せながら今後の鎮咳薬と去痰薬に服用について相談すると、「根拠は特にないのですが」と言いながら、私の考えどおり去痰薬は服用を続け、鎮咳薬は徐々に減らして行っても良いと言ってくれました。手持ちのロキソニンが無くなってしまったため、点滴後の足の痛みに備えて10回分処方。リリカは引き続き服用するために4週間分処方してもらいました。
1週間後の副作用チェックは金土とも予定があるため、6日木曜日にしてもらいました。このあたりのリクエストにはすんなり応じてくれます。
最後にポートのセプタムに針を刺して診察室を出ます。

化学療法室に移動すると本日の椅子は2番でした。(初めてかも)
最初にゾレドロン酸の点滴が30分。その後アブラキサン30分の予定なのですが、なかなか落ちなくて50分ぐらいかかりました。最後に生食を15分流して終了です。生食点滴の間に検温と血圧測定をして異常なしを確認します。ブルーファイルを受け取って受付で次回の予約時間を決め、1階で会計して終了です。会計といっても既に高額療養費限度額を超過しているので支払いはなしです。

クリニックを出たのは11時半ごろ。外は猛暑です。
次回の来院日は8月6日です。

7月18日(土) 受診

  • 2015年07月18日

投与1週間目の副作用チェックの日です。
今日は午前中が混んでいたため午後4時の受診予約。その1時間前に採血です。本当は今日から旅行の予定で、1週間目チェックは金曜日の朝イチにしようと目論んでいたのですが、スケジュールを総合的に見直し、旅行は日~月に変更しました。変更したのは1か月前だったのですが、その判断は大正解。台風の影響で今日までは天気が悪く、月曜日には晴れるとの予報になっています。

道路が混んでいて駅までかなり時間がかかり、クリニック到着は予定時間をやや超過。でも問題なく血液センターで採血。血液検査の結果は早く出たようで、持参の読み物をロビーで読む間もなく、予約の4時よりかなり早めに診察室へ呼ばれました。

診察はほぼいつもどおり、血液検査の結果は白血球3700で問題なし。副作用は1回目のときとほぼ同じで、投与3日目の足の痛み、しびれ、発熱。うっかりして発熱時用の抗生剤をもらっていなかったので以前に処方されていたオーグメンチンを飲んでいることを報告。次に熱が出た時のためにダラシンカプセルを処方してもらいました。
それと、今回は15日水曜日に一時的にですが吐き気が出たことを報告。あいにくカイトリルを持っていなかったので飲まずに済ませてしまったのですが、遅発性の吐き気でもカイトリルで良いとのこと。次の投与までに再び吐き気が起きることはまずないでしょうが、次回はちゃんとカイトリルを常備しておこうと思います。
便秘や下痢はなし。
手足のしびれは許容範囲。
湿疹はほぼなしですが、1回目のときに出た手の甲に同じようにちょっと出ています。
脱毛は95%抜けた状態ですが、問診では話題にもなりません。

アンケートに書いた今後の治療方針については、ややキツイ口調でのドクターからの意見がありましたが、それについては私なりに考えることとして診察終了。次回の点滴は1日前倒しできるかどうかダメもとで聞いてみたところ、それについては看護師の体制次第ということでOKとなりました。

診察室を出た後、看護師さんが心配してか、受け付けまでついて来てくれました。あんな言い方をされるとめげてしまう患者さんもいるかもしれません。主治医とは16年来の付き合いですが、あそこまできつく言われたのは初めてです。主治医なりのプライドがそうさせるのか、あるいは面倒な患者を厄介払いしたいのか。ただ、今このタイミングで転院するのも大ごとなので、なんとかあと4か月は平穏に済ませようと思います。

ということで、次回の3回目の点滴は7月31日(金)です。

7月11日(土) 投与2回目

  • 2015年07月11日

今日はアブラキサン投与の2回目です。
(アブラキサンはアルブミン懸濁型のパクリタキセルです)

アサイチの受け付けのためにいつもの出勤時間よりかなり早い7時半に家を出ます。すると、バス→地下鉄の乗り継ぎもスムーズで、かなり早めにクリニックに到着。
8時半から血圧測定、採血、着替え、検温、看護師さんによる事前問診と順調に進みます。
看護師さんの事前問診では、前回、咳がかなりひどかったため、今回は点滴室の席の位置を工夫しましょうかとのお話。前回よりは咳は減ったので、それはお任せしますということしました。
そしてドクターの診察。
前回以来、特に大きな問題はなく、本日の血液検査の結果も問題なしのため、2回目の点滴実施決定です。
問診用のアンケート用紙には、質問したいことの欄に4クール施行後の画像検査のタイミングと次の薬剤選択について書いておいたのですが、画像検査は4回目の点滴の翌々週ぐらいとのこと。順調にいけば9月5日になりそうです。次の薬剤については今は決められないので、まだ根回しの状態です。主治医も知っている関西の某ドクターは「FECでなくてECで十分」と言っていたことを伝えておきました。
薬の処方はリン酸コデイン、ムコダイン、ムコソルバン、麦門冬湯、リリカをそれぞれ28日分。次回の来院日を18日に決めてからポートにぐいっと針を刺し、そのままの状態で点滴室へ移動。きょうはゾレドロン酸なしなので、アブラキサンの準備ができるまでリクライニングで少々待ちます。
席の関係で時計が見えませんでしたが、10時前ぐらいには点滴開始。30分で終了すると看護師さんが点滴を外そうとするので、「生食は・・・」というと、どうやらうっかり忘れていたみたいです。あぶないあぶない。生食に差し替えて15分流し、本当に終了です。終了間際に体温と血圧を測定し、問題なしを確認。

会計が終わってクリニックを出たのがちょうど11時ぐらいでした。
次回は1週間後の18日に副作用の確認です。

帰宅後、昼食をとってからめずらしくぐったりし、午後はたっぷり昼寝をしました。

6月20日(土) 受診

  • 2015年06月20日

きょうは投与1週間目ということで、副作用の状況確認のための受診です。
まずは採血をして、それから診察。骨髄抑制は1週間後が最も強く出るそうで、このタイミングになるようです。でも、白血球数は3000を超えていて特に問題なし。「思ったほど下がってないですねー」とドクター。
吐き気も便秘も下痢もなし。
手足のしびれはありますが、これはやむをえないレベルで特に問題なし。
発熱は一時的にありましたが、それも短時間のみで問題なし。
湿疹やテープかぶれやカミソリ負けが発生していますが、アブラキサンは湿疹が出やすいとか。改善しつつあるのでリンデロン軟膏のみ処方してくれました。
脱毛はまだ1週間しか経っていないので発生していません。

ということで、2回目の投与は延期せずにできるのですが、乳癌学会の関係で1週遅れの7月11日(土)になります。
ゾレドロン酸については、既に1年半ぐらい4週ごとに投与しているので、アブラキサンの点滴と合わせて3週1回でなく6週1回にしたいとリクエストしていたのですが、最初に言ったときはかなりシブい回答だったのに、今日は意外にも「次回はゾレドロン酸なしにしましょう」とすんなりリクエストに応じてくれました。どういう風のふきまわしでしょうか。

ゾレドロン酸は顎骨壊死のリスクがあるので、効果が変わらずにリスクが減らせるのであれば3か月に1回にしたいところです。
http://www.cancerit.jp/28057.html
とりあえず、更にリスクが高まる3週1回は免れたので良しとしましょう。

クリニックの滞在時間は約50分。前回提示した高額療養費限度額認定証のおかげで会計はなしでした。
途中で何事もなければ、次回の来院は7月11日(土)です。

新しい治療─ナノマシン

  • 2015年06月16日

へぇ~、こんな治験が進んでいたんですね。
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=118958

2016年度中にも承認されるかもってのは、すごい。
中に入れる抗がん剤については言及がないようですが、何でもアリなんでしょうか?

アブラキサンの副作用

  • 2015年06月16日

アブラキサン投与の2日後、いよいよ副作用が出てきた。

13日土曜日に1回目の点滴を行い、当然のことながらその日は特に変化なし。翌日曜日も副作用らしきものはなかった。
実は、吐き気止めのカイトリルが処方されていたのですが、薬局に在庫がなく、月曜日の午後にならないと入手できない。早期に出現するとしたら吐き気だと思われるが、結局吐き気はなく、ひと安心。

15日月曜日になって腰から下の違和感が出現。しびれと痛みとだるさが入り混じった感じで、普段通りサッサと歩くことができない。これがパクリタキセル特有の手足のしびれ&関節や筋肉の痛みと思われる。むずむず足症候群にしびれをプラスしたみたい。
ただ、仕事中はサッサと歩くことができないぐらいで、他に支障はなかった。
リクエストして処方してもらったリリカは15日朝から服用を始め、昼からはロキソニンも服用。
ところが、夜になってだんだん症状が強くなり、夜中にトイレに行くのも大変ってカンジ。そうこうしているうちに熱も出てきたので、抗生剤フロモックスを服用開始。就寝前は37.4度だったのが、夜中に目が覚めたときは38.7度、朝起きると39.2度まで上がってしまった。これでは出勤できない。とりあえず午前中は時間休をお願いし、再びベッドへ。10時半ごろには平熱になり、症状も軽くなったので午後から出勤したが、その後は特に問題なし。相変わらず下半身の違和感はあるが、仕事ができないほどではない。今日も忙しかったので午後からでも行って良かったと思う。
手のほうは右手親指が集中的にしびれているぐらいで、あまり不自由はない程度。

さてさて、どうやら吐き気は大丈夫そうですが、この後どうなることやら。不思議なことに副作用が出てきてから咳はほとんど出なくなった。これって薬が効いてるってことでしょうか?

脱毛は必至ですが、早くても10日ぐらい経ってからのはずなので、これからですね。
あとは便秘か下痢か。

ちなみに、鎮咳薬を休薬して様子をみる試みは、咳があまりにひどくなり、かえって痰も出なくなってしまったのであえなく断念。13日夜からリン酸コデインのみ服用再開しました。

6月13日(土) 初Chemo!

  • 2015年06月13日

いよいよ今日はアブラキサン投与1回目です。

一番早い時間でお願いしてあるので、受け付けは8時半。家を出るのは普段の出勤より早い時間です。
今日はすんなりバスに乗れたので早い時間にクリニック到着。健康保険から出してもらった限度額認定証を提示し、受け付け開始まで少々ロビーで時間調整です。同じように受け付け開始待ちの人が10人ぐらいはいたでしょうか。8時半になると順番に名前を呼ばれて其々のフロアに散っていきます。私も名前を呼ばれて院内連絡用のブルーファイルを受け取り、まずは2階へ。同じコースと思われる人が私の前に2人います。2階で血圧を機械で測ってから同じフロアの血液検査へ。名前を呼ばれ、体重測定をしてから血液採取。その後6階へ移動。6階の受け付けに着いたのはちょうど9時でした。受け付けにあらかじめ書いて持参した問診票を渡し、ロッカーを指定されてロッカー室(更衣室)へ。
ここで、実はロッカー室は2か所(化学療法用と検査用)あるのであまり広くないフロア内で迷ってしまい、再び受付でロッカーの位置を教えてもらいました。
ロッカー室には一人、使用中の人がいましたが、私と入れ違いに退出していきました。ここで着替え等の準備をします。ポートが胸に埋め込んであるので、上半身はもちろん着替えますが、下は不要かも。でも、今日は抜糸もするし、点滴中に検査着のほうがゆったりできるので、下も着替えます。
私はここで足を締め付けるタイプのソックスに履き替えました。足の抹消神経対策に多少は効果があるそうです。指先を冷やす保冷剤や、読書用のKindleなどを手荷物にまとめて準備完了。最後に出口においてある体温計で検温し、体温計もブルーファイルに挟んで化学療法室の入口の所定の場所に置きます。
待ち合いロビーで待っていると順番に看護師さんの確認(問診)があり、その後ドクターの診察→点滴という流れです。
点滴前には血液検査の結果も確認する必要があるので、結果が出るまで少し待ち時間があります。診察室に呼ばれたのは9時半ぐらいだったでしょうか。

診察室では、今日の点滴薬の副作用の確認をしながら、その対応用の薬の処方が中心です。吐き気が出たら吐き気止め(カイトリル、ナウゼリン座薬)、熱が出たら解熱剤と抗生剤(ロキソニン、フェロモックス)、便秘になったらマグラックス、でも私はどちらかと言えば下痢になる可能性のほうが高いので、下痢になったらブスコパン。そのほか、咳症状のための鎮咳薬、去痰薬などなど。てんこ盛りの処方です。
今日の血液検査の結果は特に問題なしということ。
最後にポート挿入部の抜糸をし、点滴用の針を刺して準備は終了です。

そのまま化学療法室に移動して2番のリクライニングに落ち着いたのが9時45分ごろ。さっそくいつものゾレドロン酸の点滴開始。アブラキサンは調合にやや時間がかかるので、ゾレドロン酸の後のようです。
ゾレドロン酸の点滴がいつもどおり約30分で終わって、点滴バッグを変えて次はアブラキサン。白濁してどろっとした感じの液体です。点滴もぽたぽたでなくぼたぼたという感じで落ちます。まぁ、体に入ってすぐに反応するわけでもないので、特に変化なし。これも約30分で終了し、最後に生食を15分流し、血圧と体温を測定して終了です。
看護師さんから院外処方箋の説明が再度ありましたが、ここでリリカを出してもらってないことに気が付き、処方してもらえるかどうか話してみました。着替えをしている最中にドクターに聞いてみてくれるということです。
患者間の情報では、タキサン系薬剤の抹消神経障害や筋肉痛・関節痛によく効くとのもっぱらの評判なのです。看護師さんはこのクリニックでは出したことがないと言っていましたが、ドクターが直接話してしてくれるということで、着替えも早々に診察室に移動。意外にすんなりリリカを処方してくれて、「リリカカプセルを服用される方へ」というパンフレットまでくれました。

6階の受け付けで来週の来院時間を決め、1階に移動したのが11時20分ごろ。10分ほどで名前を呼ばれましたが、健康保険の限度額が今日の分しか適用されていません。先週の日帰り手術で既に限度額近くまで払っているのでその旨を言うと再計算してくれて、支払いは3,480円でした。本来なら今日の分だけで8万円ぐらいかかるところです。もちろん、高額療養費の申請をすれば戻ってきますが、それでも一時的に払わなくて済むのは助かります。

全部終了してクリニックを出たのが12時ごろでした。
次回の来院は6月20日(土)の予定です。

緩和治療外来受診

  • 2015年06月10日

3月2日の日記に書いた通り、これまで外来で診ていただいていたドクターが3月末でお辞めになることとなり、今日の外来は新しいドクターとの初対面です。

予約は11:30。11:15に再来機で受け付けをし、外来の受け付けに持参したCTのCDを預けました。受け付けの伝票を見ると、今日の外来は後任の部長とは違うドクターのようです。さてどんなドクターでしょうか。
呼び出し機が鳴って中待合いへ移動したのが12:00ごろ。以前のドクターは中待合いで待つことはなく、前の診療が終わってから呼び出し機で呼ばれましたが、今日は前の診療中に中待合いに呼ばれました。診察室の中からはドクターと思われる声がかなり響いてきます。10分ほどすると診察室からは年配のご夫婦が出てきて、少しすると呼び出し機が鳴って診察室へ。
中に入ると40代ぐらいのドクターが立ち上がって挨拶してくれました。私も「初めまして」と挨拶。

さて、ここ3か月ほどの状況の報告と合わせて、初対面の私の状況を把握してもらうためにざっと経過を話したのですが、どうやらこのK先生は話し好きみたい。今日持参したCDの画像と、前回(12月)のPET-CTの画像を見比べながら「これが邪魔して無気肺になってるんだねー」とか、腫瘍マーカーの数値の経過を見ながら「あんまり上がってないじゃない、あ、でも最後のは反応してる」とか、いろいろしゃべりまくり。声も張りがあって結構デカイです。麦門冬湯を飲んでいるというと「シブいねぇ」を連発。

私が、現在飲んでいる鎮咳薬と去痰薬がてんこ盛りなのを示して、作用機序について質問すると、ムコダインとムコソルバンの作用機序について詳しく説明してくれました。どうやら呼吸器系がベースのドクターみたい。「痰がちゃんと排出できるといいんですが」と言うと「一度鎮咳薬を止めてみたら?」とのたまう。私の想像どおり、鎮咳薬と去痰薬は相反する作用のようです。「止めてみて咳が酷くなって大変なら再開すれば」という提案なので、やってみることにしました。

今週末から化学療法を始めるので、その結果が出るころに次の受診をするということにし、次の予約は9月2日(水)です。