記事一覧

小網代の森 アカテガニ放仔観察会2017

http://ktm.or.jp/contents/national/trust/basyo/koajiro.html
かながわトラストみどり財団主催のアカテガニ放仔観察会に行ってきました。
アカテガニの放仔の様子については、動画サイトで「アカテガニ 放仔」で検索するといろいろ出てきます。

三崎口駅改札前に15:30集合。バスで引橋まで行き、引橋入口でイベント開催式を行いました。内容の説明や注意事項を聞いた後、4班に分かれて出発。小網代の谷を河口目指して進みます。
アカテガニ広場に到着すると、軽食&トイレタイム。紙芝居でアカテガニの生態についてレクチャーを受け、暗くなってきたらいよいよ海に入ります。
ファイル 317-1.jpg
大潮の時期のほぼ満潮の時刻なので、これからだんだん潮が引いていきます。
ファイル 317-2.jpg
海に入って待っていると、陸の藪の中からアカテガニが出てきます。
ファイル 317-3.jpg
藪の中から波打ち際を目指して母ガニがおずおずと出てきます。多い時には視野の中に8匹ぐらいいたでしょうか。
ファイル 317-4.jpg
海水に体が8割ぐらい沈むあたりで体を震わせ、お腹に抱えた卵から子ガニ(ゾエア)を放出します。ゾエアは1ミリぐらいなので、母ガニのお腹から放出された瞬間は海水がちょっと濁る感じにしか見えません。
ファイル 317-5.jpg
親ガニは海水が苦手だそうで、放仔が済むとそそくさと藪の中に消えてゆきました。

ブラスト!

ファイル 316-1.jpgファイル 316-2.jpg

http://www.blast-tour.jp/
相模女子大学グリーンホール(相模原市文化会館)大ホールにて

奥日光 湯ノ湖でボート釣り

http://www.naisuimen.or.jp/nikko/
3日目は湯ノ湖でボートを借りてみました。天気は荒れたり曇ったりでまぁまぁです。何とか雨に会わずに済みました。
ファイル 315-1.jpgファイル 315-2.jpg
ファイル 315-3.jpg
ファイル 315-4.jpg
あの橋の先が湯滝です。近づくとキケン!
ファイル 315-5.jpg

ゆの森

http://www.okunikko-yunomori.com/
2回目の訪問です。
http://new.life.coocan.jp/risumin/miyage/diary.cgi?no=28
前回はゆばづくしのコースだったのですが、今回はスタンダードなお料理。
前日に宿泊した小西ホテルも美味しかったですが、ここのお料理は更にハイクオリティ。
ダブルベッドで前回よりも狭い部屋ですが、もちろん露天風呂付き。
ラウンジでコーヒーやアルコールのサービスがあり、お部屋の冷蔵庫内もフリードリンク。大浴場は貸切で利用できます。
中庭に足湯もあって、サービスはグレードアップしたカンジ。
ファイル 319-1.jpg
お料理はとにかくめちゃめちゃ美味しい!
ファイル 319-2.jpg
朝ごはんもgoodです。
ファイル 319-3.jpg

奥日光 湯川で釣り

http://www.naisuimen.or.jp/nikko/
9時前に宿を出て、バスで赤沼茶屋まで行きます。ここで釣魚券を購入してスタート。まずは赤沼橋から石楠花橋まで下って様子を見ます。意外に釣り人が多いです。
ファイル 314-1.jpg
天気は薄曇りで、ただ歩いているだけでも良い気持ち。
ファイル 314-2.jpg
湯川を遡りながら、ところどころでキャスト。
ファイル 314-3.jpg
わたしもちょこっと投げてみます。
ファイル 314-4.jpg
湿原のハイキングルートは木道で歩きやすいです。
ファイル 314-5.jpg
湯滝まで遡り、そこで簡単に昼ご飯を食べ、湯ノ湖の周遊ルートを通って帰りました。

奥日光小西ホテル

http://www.okunikko.co.jp/
お部屋は広い和洋室がスタンダード。ただし冷房はありません。暑い時は窓を開け、扇風機を付けます。
お風呂もいい感じ。ここの源泉は70度以上あります。
予約したときには気づかなかったのですが、【50歳以上限定】元気なオトナはステーキ大好き!たまには背中を流し合おう♪お肉倍量&銘酒&貸切露呂付、というプランで、建物が古かったのでちょっと心配でしたが、結果的にはCP最高でした。
ファイル 318-1.jpg
お料理はどれも美味しかったです。鮎の塩焼きはマジでアツアツの焼き立てを出してくれました。天ぷらも揚げたて。
ファイル 318-2.jpg
夕食後は温泉寺まで散歩。源泉がライトアップされていて夜でも見られます。
ファイル 318-3.jpg

奥日光 湯ノ湖で岸釣り

http://www.naisuimen.or.jp/nikko/
今回は新宿からJRから東武鉄道乗り入れの日光1号で。東武日光駅から湯元温泉行きのバスに乗って終点まで行きます。さすがに3連休とあって混雑しています。
ファイル 313-1.jpg
今夜の宿に荷物を預けて、早速湯ノ湖畔へ。お昼ご飯を食べてから今日は岸釣りです。
ファイル 313-2.jpg
ポートもぽちぽち出ています。
ファイル 313-3.jpg
岸も人が多いです。親子連れがエサ釣りで小さいのをいくつか釣っていましたが、全体にあまり釣れていません。
ファイル 313-4.jpg
3時ごろにパラパラとにわか雨が降ってきたので30分ほど雨宿り。大きな犬を散歩させてる人が来て、子どもたちに囲まれていました。
ファイル 313-5.jpg
この3連休、天気予報はあまり良くありませんが、初日は30分ほど小雨が降っただけで済みました。

久米島 ハテノ浜

http://www.aqua-navi.com/hate-no-hama/
一番遠くの大きな島に行けるのはここのツアーのみということで申し込んでみました。
ホテル敷地内にあるスポーツクラブ前に集合し、注意事項等を聞きます。
泊フィッシャリーナからは2隻の船でハテノ島へ。
ファイル 312-1.jpg
ここはこのスポーツクラブのプライベートビーチのようで、他の客はいません。パラソルや椅子も原則事前申し込みです。船に乗る時や泳ぐ時だけでなく、海水に足が浸かるときは常にライフジャケット着用が必須だそうです。(昨日のツアーはシュノーケリング以外はナシだったけど)
ほとんどの人がシュノーケリングですが、我々ともう一組が釣り。
ファイル 312-2.jpgファイル 312-3.jpg
私もちょっとフライを投げてみました。
ファイル 312-5.jpgファイル 312-4.jpg
ランチ付きなので、お昼は配給のカレーライスを食べました。
冷たい水とお茶はフリードリンクでした。
やはりパラソルの下で昼寝するのは気持ちいいです。

久米島 ナカノ浜

久米島海洋レジャーの送迎ではての浜の一つ、ナカノ浜へ。
http://www.kanko-kumejima.com/archives/members/kumejimakaiyou
一日コースです。
まずは泊フィッシャリーナで受け付け。
お昼はコンビニで調達したものの持ち込みですが、保冷剤付きのクーラーバッグをタダで貸してくれたのでラッキー。飲み物等は冷たいものが飲めました。
ファイル 311-1.jpg
グラスボートなので、ところどころでお魚ウォッチングしながらナカノ浜へ。
ファイル 311-2.jpg
浜ではビーチパラソルや椅子がレンタルできます。
飲み物も買えますが、食べ物はありません。
ほとんどの人がシュノーケリング目的です。
パラソルの下は意外に涼しいです。
私はもっぱら昼寝。
ファイル 311-3.jpgファイル 311-4.jpg
一匹だけ釣れました。
ファイル 311-5.jpg

久米島 海坊主

夕立のためにナイトクルーズが中止になったので、ホテル近くの居酒屋へ
https://tabelog.com/okinawa/A4706/A470601/47001414/
地元の人も多く、人気のお店のようです。事前に電話してやっと席を予約できました。
ファイル 308-5.jpg
周りのテーブルはすべて予約席。7~8時ぐらいは満席でした。レトロな雰囲気です。
ファイル 308-1.jpg
海坊主サラダはお刺身がいっぱい乗っています。海ぶどうもおいしい。
あともずくの天ぷらとか、とり皮ポン酢とか食べました。
ファイル 308-2.jpg
名物の車エビは塩焼きを注文。四尾で900円です。
ファイル 308-3.jpg
コップのフチ子さんならぬ、グラスのフチザルちゃん
ファイル 308-4.jpg
主食代わりにそうめんチャンプルーでおしまい。

ページ移動