記事一覧

寸又峡プロムナードコース 夢の吊橋

http://sumatakyo-spa.com/illust-map/
寸又峡には3つのハイキングコースが設定されていて、そのうちの一つがプロムナードコース。一周約90分です。
ファイル 342-1.jpg
寸又峡を流れる寸又川を堰き止め造られた大間ダムに架かるつり橋が夢の吊り橋。
http://yumeno-tsuribashi.com/
わずかな微粒子が溶け込んだ非常にきれいな水の場合には、微粒子の影響で波長の短い青い光だけが反射され、波長の長い赤い光が吸収されるという現象が起こります。これが「チンダル現象」だそうです。この現象が現れるときには素晴らしい景観になるようです。
この吊り橋を一度に渡れるのは10人までで、混雑時には一方通行になったり、通行規制がかかったりするそうですが、我々は宿を早めにチェックアウトして行ったのでそれほど混んでいませんでした。しかも、橋の先の昇り階段が地質調査のために通行止めになっていたので、戻らざるをえません。
今回は水の色はイマイチでしたが、吊り橋はじっくり堪能できました。
ファイル 342-2.jpg
分岐点まで戻って、今度は飛龍橋まで行きました。
ファイル 342-3.jpg
遠くから、さっき渡った夢の吊り橋が見えます。
ファイル 342-4.jpg
遊歩道の途中からはグリーンシャワーロードという別のハイキングコースで行ける猿並橋も見えました。
ファイル 342-5.jpg
ミッション5クリア!

寸又峡温泉 翠紅苑

http://www.suikoen.jp/

今回の旅行、実はトーマス号と宿の宿泊パックがあったのですが、かなりの人気のようで、お目当ての翠紅苑は既に空きがありませんでした。
ということで、自力で宿と行きのトーマス号を確保し、ついでに帰りのSLかわね路号も確保。結果的には宿泊パックより安上がりになりました。
これは夕食。なかなか美味しかったです。
ファイル 331-1.jpg
地酒とデザート。
ファイル 331-2.jpg
正面玄関です。
ファイル 331-3.jpg
こちらは中庭に入れる裏口。レトロな雰囲気です。
ファイル 331-4.jpg
たぶん、寸又峡温泉で一番人気の宿だと思います。リーズナブルで食事も二重丸。
ミッション4クリア!

奥大井湖上駅 レインボーブリッジ

奥大井湖上駅は、長島ダムの建設に伴って誕生したダム湖(接岨湖)の左岸につき出た半島状の場所にあります。その両脇には南アルプスあぷとライン(井川線)の鉄橋「奥大井レインボーブリッジ」が架かり、まるで湖の上に浮かんでいるかのように見える駅です。
http://oigawa-railway.co.jp/okuohi2017
バス停「湖上入口」の近くには湖上駅のビューポイントがあり、文字通り湖上の駅の全貌が眺められます。
ファイル 332-1.jpg
湖上駅は全景を眺めるのと、実際にアプトラインで鉄橋を渡って駅に降り立つのと、両方をぜひやりたい。という訳で、翌日はアプトラインに乗って湖上駅へ行くことにしました。
奥泉駅から30分ほどアプトラインに乗ると奥大井レインボーブリッジを渡り湖上駅へ。
ファイル 332-2.jpg
駅に降りてまずは鉄橋を渡ってみます。駅から接岨峡温泉側は歩いて渡ることができます。そこから斜面(階段)を登ると20分ほどでバス停のある道に抜けることができますが、我々はまた鉄橋を歩いて駅まで戻ります。
ファイル 332-3.jpg
駅に面した斜面の上にはレイクコテージ奥大井があります。2階建ての展望施設で、1階は休憩所とトイレ、2階は展望台になっています。売店などはありません。
上から湖上駅のホームを眺めるとこんな感じ。対岸に見えるのは長島ダム建設によって廃線となった昔の線路。
ファイル 332-4.jpg
千頭行きのアプトラインがやってきました。これに乗って千頭駅に向かいます。
ちなみに、写真左上の山の中腹に見えるのが湖上駅のビューポイントで、昨日はここから全景を眺めました。近くにはバス停や駐車場があります。
ファイル 332-5.jpg
ミッション3クリア!

八橋小道(やっぱしこみち)ラブ・ロマンス・ロード

千頭駅から閑蔵駅行きのバスに乗り、長島ダムや南アルプスアプトラインの線路を眺めながら約30分、接岨峡温泉で降ります。
ここからバス停で一つ手前の湖上入口まで歩く予定です。
http://www.town.kawanehon.shizuoka.jp/chosei/12/1/3950.html
バス停から少し歩くと天狗石茶屋という店が。そこから大井川を渡ると左手に接岨峡温泉会館が見え、右手に進むと接岨峡のハイキングコース「八橋小道(やっぱしこみち)ラブ・ロマンス・ロード」です。
ファイル 330-1.jpg
八つの吊り橋は、欅橋、栃の木橋、宮沢橋、犬返り橋、水楢橋、桜橋、椿橋、桑の木橋。吊り橋が長いと両端がたわむので、階段状になっていたりします。
ちなみに、下の写真の一番上にある神の沢橋は八つの吊り橋の一つではありません。
ファイル 330-2.jpg
ファイル 330-3.jpg
ファイル 330-4.jpg
最後に大井川を渡る南アルプス接岨大吊橋があります。
ファイル 330-5.jpg
ここから出発点に戻ると一周約1時間のハイキングコースですが、我々は大井川沿いに湖上入口を目指しました。
ミッション2クリア!

大井川鐡道 きかんしゃトーマス号に乗る

http://oigawa-railway.co.jp/

出発は新金谷駅。JR東海の金谷駅で大井川鉄道に1駅だけ乗って新金谷駅へ。駅前のプラザロコは既に人がいっぱいです。子供連れが大半なので、どうやら自家用車等で新金谷まで来る人が多いようです。
まずはきっぷの窓口で予約したチケットを受け取ったり、予め購入したトーマス号の乗車券部分を2日間の周遊券に変更したりし、トーマス号の乗車記念品を受け取ります。
ショップコーナーでは様々なオリジナルグッズが売られていて、ごった返し状態。ここでお昼のお弁当を調達。
プラザロコの奥は、古いSL駅舎を展示するロコミュージアムになっています。
http://oigawa-railway.co.jp/museum
外には転車台があるので、乗車前に急いで見学。
ファイル 329-1.jpg
改札や駅舎内が狭いので、ホームにたどり着くまで少々時間がかかります。
ここも子供たちでいっぱい。
マジでリアル・トーマス号!
乗るのも楽しいけど、走るトーマスを沿線で見るのも楽しそう!
ファイル 329-2.jpg
10時38分に新金谷駅を出発。乗ってる時間は1時間ちょっとですが、車内もイベント雰囲気を盛り上げる演出がいっぱい。車内限定のお土産もあります。
車窓の風景も楽しいですが、並んで走るバスのバーティーが見えると子供たちの歓声がすごい!
ファイル 329-3.jpg
千頭(せんず)駅には11時54分到着。駅構内ではトーマスフェアが開催されています。トーマスの仲間たち、パーシーやヒロもいます。
ファイル 329-4.jpg
ここから12時26分発のバスで接岨峡を目指す予定ですが、バス待ちの間に千頭駅前のベンチでお弁当を広げます。コンパクトですが、かなりぎっしり詰まっています。
ファイル 329-5.jpg
まずはミッション1クリア!

エンゼルフォレスト那須白河で釣り

羽鳥湖高原レジーナの森が9月1日からエンゼルフォレスト那須白河と名称変更。キャンペーンプランで安かったので思わず予約しちゃいました。3回目の訪問です。
http://www.ang-f-ns.com/index.html
台風が近くを通っていますが、天気はまずます。風が強いです。
同居人の釣果は結構いい感じ。
ファイル 328-3.jpgファイル 328-1.jpg
私もこんなちっちゃいのが釣れました。
ファイル 328-2.jpg
翌日はとても良い天気ですが、風が更に強くなりました。
ファイル 328-4.jpg
私も小マスちゃんが釣れました。
ファイル 328-5.jpg

大相撲ODAIBA場所 夏巡業2017

お台場での夏巡業を見に行きました。
ファイル 327-1.jpg
仮設の会場なのでメチャメチャ暑いです。
ちゃんこには長蛇の列。
ファイル 327-2.jpg
白鵬の横綱土俵入り。
ファイル 327-3.jpg
稀勢の里の横綱土俵入り。
ファイル 327-4.jpg
横綱同士の取り組みは白鵬対日馬富士でした。
ファイル 327-5.jpg
この日は午後3時に打ち出し(終了)だったので、この後、大江戸温泉物語に行きました。

JALで映画三昧

今回のヨーロッパアルプス観光旅行では新作映画を沢山見ることができました。
JALの映画ラインナップはなかなかなものです。

往きは羽田からロンドン・ヒースローまで約12時間半。

私が見たのは・・・
ラ・ラ・ランド
http://gaga.ne.jp/lalaland/
ミニオンズ
http://minions.jp/minions/
君の名は
http://www.kiminona.com/

帰りは約11時間半。
お休みタイムなので2本しか見ませんでした。

美女と野獣(実写版)
http://www.disney.co.jp/movie/beautyandbeast.html
モアナと伝説の海
http://www.disney.co.jp/movie/moana.html

グリンデルワルトの街

明日の出発まで自由行動。街なかをぶらぶら。小さい街なので繁華街部分はすぐに一周できてしまいます。
ファイル 326-1.jpg
長いゴンドラに乗って行くフィルスト展望台は山が見えなさそうなのであきらめて、プフィングシュテーグ(標高1391m)へのロープウェイに乗りました。
街がきれいに見えます。牛もいます。
ファイル 326-2.jpg
カフェもあります。
ファイル 326-3.jpg

夜はC&Mカフェで。ビーツのスープとサラダとラビオリ。

翌朝も街を散歩。パラグライダーが沢山飛んでいます。
ファイル 326-4.jpg
段々雲が晴れて、アイガーが良く見えました。
ファイル 326-5.jpg

ユングフラウ鉄道でユングフラウヨッホ観光

今日はほぼ一日、ユングフラウヨッホ観光です。
グリンデルワルトはアイガーの東麓にある街で、ユングフラウは山の陰になって見えません。
昨夜到着した時にはアイガーが見えたのに、今朝は中腹から上が雲の中です。夜の間に雷雨があったのですが、朝には辛うじてやんでいました。
早めの朝食後、ホテルを8時15分に出発し、徒歩5分ほどでユングフラウ鉄道のグリンデルワルト駅へ。そこから、まずはクライネシャイデック駅まで行き列車を乗り換えます。アイガー(標高3,970m)、メンヒ(標高4,107m)、ユングフラウ(標高4,158m)の三つの峰が並んで見えるのはここだけなのですが、霧で何も見えません。残念!
ファイル 323-1.jpg
10分ほどで次の路線に乗り継ぎ、今度はアイガーとメンヒの山の中を抜けるトンネルを通ります。途中、外が見える場所があり、5分ほどの写真停車をしてくれるのですが、そこはもう雲の上で、空は晴れている様子。トンネルを抜けた先がどうなのか、ワクワクします。
いよいよユングフラウヨッホ駅に到着。ここはヨーロッパで最も標高の高い鉄道駅(標高3454m)です。
ホームから順路に従って進んで行くと、まずは標高3571mのスフィンクス展望台へ。ユングフラウもメンヒもきれいに見えます。ヨーロッパ最長のアレッチ氷河も見えます。
ユングフラウヨッホはユングフラウとメンヒの間の鞍部にあり、アイガーはメンヒの陰になっていて見えません。
更に順路に従って進むと、アルパイン・センセーションへ。イルミネーションや精巧に作られたオブジェで歴史等を展示しています。次はアイス・パレス。氷河の中に掘られた巨大な洞窟で、氷の彫刻が並んでいます。
ファイル 323-2.jpg
氷河の高原 プラトー。スフィンクス展望台より若干低いですが、眺めはこちらの方が良いかも。ここからもユングフラウとメンヒの山頂が美しく見えます。絶景!
ファイル 323-3.jpgファイル 323-5.jpg
ファイル 323-4.jpg
帰りはクライネ・シャイデックでランチ。朝よりは霧が晴れて、グリンデルワルトの街も雲の隙間からちらっと見えたりしていますが、やはり三峰が並んでいるところは見えませんでした。

ページ移動